看護師のお悩みランキング!転職・人間関係・新人看護師の悩み解決法

悩んでいる看護師

シフト制の不規則な生活、他人の命を預かる責任感、フクザツな人間関係・・・。看護師の多くが仕事にやりがいを感じている半面、さまざまな悩みを抱えています。

追い詰められて看護師を辞める人もいるのです。しかし、皆が悩みを解決して看護師の仕事を続けたいと思っているはず。看護師の悩みと解決法をまとめてみました。

看護師お悩みランキング!夜勤や転職は何位?

看護師はおそらく誰もが悩みを抱えているでしょう。毎日がプレッシャーとストレスとの闘いで、疲れてしまいますよね。

あなたのお悩み、もしかしたらよくあることかもしれません。お悩みランキングと解決法、チェックして毎日を楽しく過ごしましょう。

10位:教育制度やキャリアアップに関する悩み

キャリアに悩んだときの解決法
  • 同じ職場で働き続けて出世する
  • 転職をしてさまざまな職場を経験する
  • 新たに資格を取得する

日進月歩で進む医療。

看護師は、常に最先端の医療知識を学び続ける必要があります。

しかし、看護師としてのキャリアを積むにしたがって、職場の教育制度キャリアアップに対し、悩みを抱える看護師さんが増えています。

新人看護師や新人を教える側の「教育制度」についての悩みの他にも、ある程度キャリアを積んだ方では、

  • このまま同じ職場で出世するか
  • それとも転職をしてさまざまな職場を経験するか

で悩む方もいらっしゃいます。

近年では認定看護師や専門看護師など、看護師+αの資格を取得される方も増えてきました。

そのため、「新たな資格を取得する」というキャリアアップ法もあり、看護師を続けていく上での選択肢の一つとなりました。

このように、看護師の経験を積むことで、さまざまな教育制度、キャリアアップに対する悩みは増えていく傾向にあります。

9位:夜勤がつらい

夜勤がつらい時の解決法
  • 休日でも起きる時間を一定に保つ
  • 過度に仮眠をとりすぎない
  • 食事改善
  • 休日はストレス解消をする

看護師の職場の多くは、24時間のシフト制勤務となっています。

そのため、2交代制度を採用している職場で常勤として働くと、平均月4回ほどは夜勤を行うことになります。

看護師としてのキャリアを積み、プライベートでも結婚、出産など生活スタイルが変化することで増えてくるのが「夜勤がつらい」という悩みです。

夜勤がつらいと感じる理由として、「生活リズムが乱れやすい」ということがあげられますが、これは「休日でも起きる時間を一定に保つ」「過度に仮眠をとりすぎない」ことで、ある程度の改善が期待できます。

また、食事も栄養バランスを考え、コンビニやお惣菜での食事から、野菜中心の食事へ少しずつ意識を変えることでも、改善が期待できます。

夜勤では長時間緊張状態が続くので、休日や夜勤明けの日はゆっくりリラックスすることを心がけることも、夜勤の辛さを軽減するためには大切です。

8位:医療事故を起こすのが怖い

医療事故の不安の解決法
  • マニュアルに従い、確認作業を行ったという自信を持つ

医療現場で働く資格職として、細心の注意を払わなくてはいけないのが「医療事故」です。

医療事故が起きた場合、看護師は医療事故の加害者の対象となりえます。

そのため、「自分が医療事故を起こすかもしれない」という不安、悩みを抱える看護師さんが増えてきました。

看護師を守るための保険も整備されてきており、病院側で加入している場合や個人で加入できるものも増えてきましたが、一番はやはり「医療事故を起こさないよう、確認を徹底すること」これにつきます。

忙しい看護師の現場では、つい確認作業をおろそかにしてしまいがちですが、マニュアル通りの確実な確認作業を行うことで、医療事故が万が一起こってしまっても、「マニュアル通りに実施した」ということが、あなた自身を守ってくれます。

常に「自分は医療事故を起こすリスクを持っている」という自覚を持つとともに、「マニュアルに従って、確認を確実に行う」ことを念頭に置くようにするとよいでしょう。

7位:仕事と家庭の両立が大変

両立の不安の解決法
  • 家族の理解を得る
  • 職場の雰囲気に流されない
  • 理解が得られる職場を選ぶ

看護師として採用される職場の多くは、シフト制を採用しています。

そのため、家庭を持っている看護師さんの場合は、仕事と家庭との両立について悩んでしまう方が多くなっています。

特に小さいお子さんをお持ちの看護師さんは、子供の急な体調不良や行事の度に仕事の調節をしなくてはいけないため、子育てに対する職場の理解が重要となります。

残業が多い職場では、保育園のお迎えの時間までには帰れるように調節してもらう代わりに、勤務時間帯は積極的に仕事をして、なるべく定時に帰りやすいように、自分からどんどん動いていく、ということも大切です。

また、事前に「夜勤は難しい」と伝えているにも関わらず、一定期間が経過した後に夜勤をお願いしたいといわれてしまったときには、自分がどれだけ調節できるかを考え、納得した上での結論を出すようにしましょう。

「あの時無理して夜勤をしてしまったから、こんなことに」と後悔しないよう、家族ともよく相談した上で結論を出すことが大切です。

家族と相談した結果、「夜勤は厳しい」となった場合には、上司の意見に流されることなく、その旨を上司に伝え、はっきりと断わるということも必要です。

6位:給料が少ない・もっと貰ってもいいはず

給料の悩みの解決法
  • スキルアップし新たに資格を取得して、手当をもらう
  • 手取り額が高い病院へ転職

一般的には「看護師は高給取り」というイメージがあります。

しかし、看護師のお給料は夜勤をするかどうかで金額には大きな差があります。

また、日々多忙で責任の重い仕事であるにも関わらず、それに見合ったお給料をもらえていないと感じている看護師さんもいらっしゃいます。

一方で、看護師という職業そのものに対してやりがいを感じている方や、「他の職種も似たようなものだ」とお給料の額そのものに対しては、他の悩みに比べるとそこまで不満を持っていない看護師さんもいることから、お給料が少ない、もっともらっていいはずという悩みについては、ランキングの上位に入ることが少なくなっているという側面もあります。

5位:休みが取りにくい・少ない

休日の悩みの解決法
  • 理解のある上司がいる職場へ転職

「看護師は就職先に困らない」とよく言われますが、それは裏を返せば「どこも人手が足りていない」ということを意味しています。

そのため、ひと月あたりの希望の休みの数を事前に決められているなど、休みそのものがとりにくくなっています。

対策として表向きはある程度希望の休みをとってもいいといわれているのに、実際は先輩から順に休み希望を取ることになっていたり、子育て中の人が休みを優先されていることもあります。

また、せっかくのお休みが病棟会や勉強会、委員会や看護研究のレポート作成などでサービス残業となってしまうことも。

そのため、「休みが少ないし、取りにくい」という悩みがよく聞かれます。

休みの取りやすさについては主に勤務表を作成する師長さんの意向が強くなっています。

良くも悪くも「平等」に接してくれる師長さんの元では、比較的休みも平等に取得できるため、休みがとりにくいという悩みを持つ看護師さんは少ないようです。

4位やりがいがない・ほしい

看護師のやりがいの悩みの解決法
  • 興味のある分野をさがす
  • その分野について理解を深める

夢や希望をもって入った看護師の世界。

でも実際に働いてみるとルーティン作業だなと感じてしまったり、決まった看護しかできていないと、仕事に対してやりがいを感じられないと悩んでしまいます。

「やりがいをもって働いています!」という方も、以前はやりがいについて悩んでいたけれど、自分に興味のある分野を見つけ出し、積極的にその分野についての勉強や経験を積むことで徐々にやりがいを持てるようになった、というお話もよく聞きます。

傾向として、院内だけではなく、院外の研修に対して積極的に支援している職場だと、自分の興味のある分野に対する勉強がしやすいため、やりがいも見つけやすいようです。

3位:残業が多い

残業の悩みの解決法
  • 業務の分担
  • 勤務体制をみなおし
  • 夜勤のない職場への転職

なぜ、看護師という職業はよく「多忙だ」と言われるのでしょうか?

その理由の一つとして「残業が多い」ということがあげられます。定時に帰るなんて夢のまた夢。

中には定時を大幅に超えて深夜近くになってようやく仕事が終わるなんてことも。

最近では「ワークライフバランス」が提唱されるようになってきて、少しでも残業を減らすべく様々な対策が取られるようになってきました。

例えば、午後から夕方にかけて緊急入院が入った場合、日勤がそのまま対応していると残業となってしまうことから、遅番制度を作って、遅番の人が入院対応をすることで日勤の人が時間内に業務が終わるようにする。

フリー業務の人を一人以上作るようにして、点滴や検査出しなど、担当者以外が行っても差し支えない業務を一手に担うことで作業を分担させ、業務がスムーズに進むようにするといった対策が取られるようになってきました。

このように職場側が対策を取ることで、残業そのものをなくすとまではいかないものの、残業時間の軽減ができたというケースも多くなっています。

2位:人間関係がつらい

人間関係の悩みの解決法
  • 我慢せずに相談する
  • 割り切って接する

看護師は、一人では働くことができない職業です。

チームとして働く同僚のナースはもちろんのこと、患者さんや医師、コメディカルなど、様々な職種の人と一緒に仕事をします。

その中で、どうしても出てくるのが「人間関係の悩み」です。

女性同士だと、些細なことで雰囲気が悪くなってしまったり、性格が合わないために一方的に嫌がらせを受けるといったこともあります。

また、パワハラやマタハラなど、様々なハラスメントにさらされてしまうことも。

人間関係について、全員がとても仲良しでそういったことが全くない職場、というのはありません。

学校などと違い、職場はあくまで仕事のみの付き合いであるとある程度割り切って接することで、人間関係に伴う悩みも多少は軽減されるようです。

1位:転職しようかどうか

転職の悩みの解決法
  • 自身の働きたい条件について考えておく
  • 条件に合う職場を探す

これまで、たくさんの看護師さんの悩みをご紹介してきましたが、一番みなさんが悩んでいる項目として挙げられるのが「転職するかどうか」という悩みです。

今まで上げた悩みについて、それぞれ解決策についても触れてきましたが、「心機一転新しい職場で頑張る」というのも一つの解決策となっています。

看護師は他の職種とは違い、比較的転職しやすい職業だとされています。

転職することで自分の経歴が不利になるということも少なく、むしろステップアップとして積極的に転職している方もいらっしゃるほどです。

職場についていろいろと深刻に悩むことで体調を崩してしまうよりは、新しい職場へ転職することが、結果としてあなた自身にとって大きなプラスとなるかもしれません。

新人看護師のお悩み・・・どんな悩みが多い?

新人看護師さんの場合は、先輩の指導方法が合わない、ということがあります。

特に特定の先輩が専属でついて指導を行う「プリセプター制度」が採用されている場合、自分のプリセプターとなった先輩と性格が合わないと、質問があってもしづらかったり、先輩とうまくコミュニケーションが取れないことにより孤立してしまう、ということがあります。

そのため、「看護師に向いていないのかも。辞めたい」と悩んでしまう新人さんは毎年多くいらっしゃいます。

逆にプリセプターとなった看護師さんには、「どうプリセプティに対して指導していいかわからない」と悩む方が多くいらっしゃいます。

プリセプターになるにあたり、院内全体での研修を実施している職場もありますが、プリセプティを指導する側として、さまざまな悩みに直面します。

悩みについて先輩や同僚に相談をしたくても、結果としてプリセプティと先輩の板挟みになってしまい、誰に相談していかわからなくなってしまうこともあります。

このように、新人と新人教育については指導する側、される側双方にさまざまな悩みを持ちやすい項目となっています。

男性看護師の悩みを解決するにはどうする?

少しずつ増えているとはいえ、看護師の職場において男性の割合は非常に低く、全体の1割ほどとなっています。

患者さんの中にも、男性=医師や他のコメディカルという印象が根強く、なかなか一人の看護師として認めてもらえないといったこともあります。

そのため、職場でどうしても肩身の狭い思いをしてしまったり、将来家庭を持った際、他の職種についた友達に比べ、お給料の額がなかなか上がらないために苦労してしまう、ということもあります。

そこでお勧めなのが、「男性看護師が多い職場を事前にリサーチしておく」ということです。

男性の悩みは同じ男性に相談することで、解決することが多くなっています。

中には「男性看護師が多く所属しています!」ということを全面に押し出している職場もあります。

「男性が少なくて、いろいろと悩みが…」という方は、男性看護師が多く所属している病院へ転職する、というのも手です。

看護師の悩みは施設によってどう違う?

看護師として働ける職場は、病院以外にもたくさんあります。

また、同じ病院でも規模によって違います。

そこで、それぞれの施設別の看護師さんの悩みについて、まとめてみました。

総合病院や大学病院

総合病院や大学病院は、病院の規模そのものが大きい為、日々患者さんの出入りも激しく、急性期病院のため、看護師が行うべき仕事量も多くなっています。

そのため、必然的に看護師一人当たりにかかる業務量も多くなっています。

所属している看護師さんの数も多くなっていますが、業務量も多いために残業も多く、家庭との両立に悩んでしまったり、ハラスメントに悩んでいる看護師さんも多いという特徴があります。

また、独身の方も「家庭もちが優先されていて、私たちがその分負担が増している」という不満を持つことが多くあります。

忙しさを少しでも解消するために病院側も随時求人をかけていますが、辞めていく人もまた多いため、慢性的な人手不足となってしまっているのが現状です。

クリニック

クリニックは、24時間シフト制勤務の病院とは違い、基本的に「日曜祝日、盆正月はお休み」であることが多いことから、家庭を持っている看護師さんに人気の職場です。

一方で、病院に比べて採用されている看護師さんの人数が少ない為、子供が突然熱を出した時や学校での行事の時も仕事を休みにくいという悩みがあります。

また、クリニックは院長である医師や昔から勤務している看護師にどれだけ気に入られるかどうかで働きやすさが全く異なる、といったこともあります。

気に入られなかった場合、不当な扱いを受けてそのまま辞めさせられてしまう、ということもあります。

保育園

待機児童問題が深刻化している昨今、増えているのが「保育園での看護業務」です。

看護師としての経験が長くても、小児科の経験がないと園児の様々な症状に対応できず、長期で勤めることが難しくなっています。

保育園内の園児たちの健康を守るのが主な仕事となりますが、保育園では主に働いているのが保育士であるため、資格の違いから保育士と看護師がぶつかってしまう、ということもあります。

また、園児の保護者から何かを聞かれても、保育士を必ず通さなくてはいけないという決まりを作っているところもあり、保護者と保育士の間に板挟みとなってしまうケースもあります。

介護施設

病院とともによく見るのが介護施設の求人です。

介護施設は老人保健施設では24時間のシフト制、特別養護老人ホームでは夜間オンコールの日勤対応であることが多くなっています。

疾患を抱えている病院の看護とは違い、介護施設では「いかに安楽に、安全に毎日を過ごしていただくか」といった視点となるため、視点の違いに戸惑ってしまったり、日常的に介護を行っている介護士と意見が衝突してしまうといったことが多くみられています。

介護士の方の中には資格を持たずに働いている方もいるため、看護師から見るとありえないと思えるような行動をよかれと思ってしてしまっていることもあり、どのように穏便に指導するか、といったことに悩んでしまうというケースもあります。

地域包括支援センター

包括支援センターでは、主に地域に居住している高齢者に向けた介護予防のための教室を開催したり、虐待や安否確認などを行っています。

報告書などの事務作業も多い一方、虐待や安否確認が必要な際は24時間365日で対応しなくてはいけないことも多く、安易に「病院に比べて楽そうだから」といった理由だけで就職してしまうと、後で「こんなはずじゃなかった」と悩んでしまいます。

また、包括支援センターで働いている人数そのものが少なく、看護師は一人、というところも少なくないため、他の職員に相談したくてもできない、または看護師は私だけという責任感から辛くなってしまう、ということもあります。

デイサービス

デイサービスでの看護師は、デイサービスを受けている間看護師として薬の管理や利用者の健康管理が主な仕事となります。

特に自宅での管理が難しいためにデイサービスにて薬の管理を行っているというケースもあるため、看護師としてある程度の緊張が常にあります。

また、介護士の方と協力して看護以外の業務も積極的に行わないと仕事が回らないこともあるため、「看護師の資格を持っているのに、なんでこんな仕事までしているんだろう?」と感じ、悩んでしまう看護師さんもいます。

パート・派遣看護師の悩み、実際のところは?

常勤以外にも、パートや派遣など、様々な勤務経験が選べる看護師。

常勤の人から見ると「いいな、この勤務形態の人は」と感じるところが多いかもしれませんが、実際に働いてみると様々な悩みもでてきます。

パート

病院では、常勤とともに募集がかかっているのが「パート」勤務です。

パート勤務では常勤に比べて比較的勤務日、時間が選択できるため、特に家庭がある方は働きやすい勤務形態であるといえます。

一方で、常勤とほぼ同じ業務量でありながら、保険や年金などに大きな差がついてしまったり、夫の扶養内で働きたいのに時間ぎりぎりとなってしまうといった悩みもあります。

派遣

派遣には、毎日職場が変わる単発の仕事から、一か月以上同じ職場に固定して働く短期、長期の働き方があります。

直接職場と雇用されておらず、派遣会社から派遣されているため、全体的に一時間あたりのお給料は高めとなっています。

一方で、技術的に高いものを求められたり、万が一医療事故が起きてしまった時に職場から守ってもらえないなどのデメリットもあります。

また、いつも希望している仕事があるとは限らないため、収入としても不安定であることが、悩みとなります。

看護師お悩み専用ネット掲示板で解決できる?

看護師として働く中で出てきた悩み。誰かに相談したいけれど、友達に看護師はいないし、同期には話しづらい。そんな時、お勧めの解決方法を二つご紹介します!

相談室や掲示板

ネットの普及に伴い、看護師さん向けの相談室や掲示板も複数登場しています。

中には登録者数が一万人を超えているサイトもあり、匿名で気軽に同じ看護師として働く方々の悩みを見たり、相談したりすることができるので、周囲の誰にもいえない悩みを相談するにはとても良い環境であるといえます。

第三者の人に聞いてもらうことで、意外な解決策が見つかることもあります。

あくまで個人情報が出ないように注意しながら、悩み解決のためにこういったサイトを使ってみるのもよいでしょう。

看護師の悩み、一番の解決法は?

ネット上の掲示板に書き込むのはちょっと怖い。もし周囲の人も同じネット掲示板を見ていたら、どうしよう。そう考えてしまうナースの方もいらっしゃるかもしれません。

悩みを抱えたまま仕事を続けるというのも手ですが、悩みを持ち続けて仕事をするというのはとても大変なことです。

そんな方にお勧めしたいのが、環境を変える、つまり転職する、ということです。転職することで、あなたが悩んでいた悩みが一気に解決してしまうかもしれません。

一人では…とか、また同じことで悩んでしまったら…という方には、ぜひ転職サイトを使っての転職をお勧めします。

あなたの希望にあった転職先を無料で探し出し、転職までサポートしてくれます。悩みを解決するための転職をぜひ検討してみてくださいね。

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

1月は転職のチャンス!求人数も大幅増加!

求職者にとって絶好のチャンス!心機一転のために、転職する看護師が増える時期です。

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出やすい時期でもあるのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできます。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

<関連記事>

看護師の悩み

性格悪い看護師どうにかして!代表的な4タイプと被害に遭わない方法

上司には腰が低いくせに、部下に対してはやたら上から目線。 お気に入りの子に対しては笑顔で挨拶するのに、気に入ら... 続きを読む

看護師を辞めたい6つの理由…激務や人間関係の悩みを解決するには?

看護師を辞めたい6つの理由…激務や人間関係の悩みを解決するには?

「看護師同士のいじめがつらくて辞めたい…。」 「ミスが多くて怒られてばかり…。自分は看護師に向いていない気がする。... 続きを読む

職場が合わない看護師は転職しかないの?自分に合う職場環境の探し方

職場が合わない看護師は転職しかないの?自分に合う職場環境の探し方

看護師の職場の悩みって? 看護師として働いていると様々な悩みが出てくるようです。 仕事内容や人間関係、将来のこと... 続きを読む

看護師が理解すべき、インシデントレポートの書き方とその意義について

看護師が理解すべき、インシデントレポートの書き方とその意義について

「インシデントレポートって何?」「そもそも、書く目的って?」「書き方が分からない!」などの悩みを解決します。 ... 続きを読む

看護師の悩み

社会人経験がある看護師が辞めたいと思ったとき、転職のチャンスはある?

看護師以外の仕事を経験したのちに、看護師資格を取得し、看護師として活躍する方がいます。強い気持ちを持って看護師に転職... 続きを読む

看護師の悩み

患者のセクハラに対する看護師の悩み

患者さんの気持ちに寄り添う看護を提供したいと、多くの看護師は考えています。ですが、体を不必要に触ってきたり、セクハラ発言... 続きを読む

看護師の悩み

すぐに泣く新人への対応に戸惑う看護師の悩み

看護師としての経験を3年ほど積むと、新人教育を任されるようになります。楽しく指導して行きたいのですが、相性が合わないこと... 続きを読む

看護師の悩み

急変対応が怖いと感じる看護師の悩み

急変対応にどうしても慣れることができない看護師もいます。また、なぜか急変のときに居合わさないので、ある程度年数が経っても... 続きを読む

看護師の悩み

残業が多い部署に異動した看護師の悩み

異動を命じられた先が、残業が多く非常に激務という場合もあります。しかもサービス残業がほとんどだったり、休日出勤も当たり前... 続きを読む

看護師の悩み

異動先が激務で技術力もおいつかず、辞めたいと考える看護師の悩み

大学病院や総合病院では、病院内の異動は比較的頻繁にあります。ですが、全く初めての診療科に配属される場合や、全く興味を持て... 続きを読む

看護師の悩み

新人看護師の指導するポイントに悩む看護師

看護師として3年~4年の経験を積むと、新人看護師の指導を任されることがあります。指導担当に任命された時は、どんな点に気を... 続きを読む

看護師の悩み

時間外の看護研究に悩む看護師

より良い看護を患者さんに提供するためには、看護研究が非常に重要です。また、専門看護師や認定看護師を目指しているナースにと... 続きを読む

看護師の悩み

時間外研修の多さに悩む看護師

研修や勉強会が多く開催されることは、看護師としてのスキルアップにもつながりますので、非常に喜ばしいことでもあります。です... 続きを読む

看護師の悩み

新人指導を負担に感じる看護師の悩み

ナースとして「中堅」と呼ばれるようになってくると、新人ナースの教育担当に任命される機会も増えてきます。中堅ナースとしての... 続きを読む

看護師の悩み

プリセプターとの人間関係に悩む看護師

マンツーマンで指導を受けられることが魅力の「プリセプター制度」。早く看護スキルを上達させたくて、プリセプター制度を導入し... 続きを読む

看護師の悩み

注射や点滴が下手な看護師の悩み

看護師の業務の基本中の基本である「注射」や「点滴」。毎日幾度となく繰り返す看護業務の一つでもあります。ですが、この「注射... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み「中途採用で就職したけれど、なかなかなじめない」

中途採用で就職をしたけれど、職場の雰囲気も報告書の書き方も、何もかもが違いすぎてなじめないと感じる場合、どう対処する... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み「失敗やミスが多く、看護師に向いていないのではないかと落ち込んでいる」

何度も同じ失敗やミスをしてしまい、知識も技術力もなかなか身に付かないと感じる看護師は非常に多いです。 「看護師に向... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み「苦情やクレーム、暴言が多い患者にどう対応すれば良いか分からない」

患者の苦情やクレームで悩まされている看護師も少なくありません。正当な苦情を言っている患者もいますが、明らかにクレーマ... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み「仕事の責任が重すぎて、耐えられない」

看護師は人命にかかわる職業です。ただでさえプレッシャーがかかる仕事ですが、最近では医療過誤や医療事故で看護師も法的責任を... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み「付き合いづらい医師に、どのように対応できますか?」

医師の中には威圧的な人や、怒りっぽい人、態度がころころ変わる人等、付き合いづらい人も少なくありません。 毎日顔を合... 続きを読む

看護師の悩み

看護師の悩み 希望でない部署に異動が決まった場合の対処法

総合病院や大学病院で勤務していると、何年かおきに異動命令が出されます。 看護師として3年目。希望ではない部署への異... 続きを読む

看護師の悩み

看護師が抱える新人教育の悩みについて

看護師歴が3年目くらいになると、新人の教育担当に指名されることがあります。先輩看護師としてうまく指導ができるのか、コミュ... 続きを読む

看護師の悩み

看護師が関わる医療事故とその対策

医療に携わるスタッフとして、看護師も重大な医療事故を起こすことがあります。医療ミスにより担当医師だけでなく看護師も責任が... 続きを読む

看護師の悩み

訪問看護におけるインシデントとその対策

訪問看護の現場においては、訪問看護師が一人で全てを対応する必要があります。 入浴サービスを併せて行う場合は他の介護スタ... 続きを読む

掲載サイト一覧