絶対失敗したくない!転職が不安な看護師がよりよい職場に就く方法

看護師 転職

「自分の考えに沿った看護を提供できる職場に転職したい。でも、転職に失敗するのは怖い」

「もっと条件のいい職場で働きたいけど、転職は初めてでどうしたらいいかわからない」

自分の理想とする看護をしたい、スキルアップしたい、給料を上げたい…。転職理由は人によって様々ですが、今いる状況を変えたいと思っているのであれば、その願いは転職によってかなえられるかもしれません。

でも、安易に転職活動をして失敗してしまっては本末転倒。失敗しない転職のためにはどんな準備をしておけばいいのでしょうか。転職成功への近道はあるのでしょうか。

ここでは、看護師の転職によくある悩みや不安を解消していきます。

看護師転職の驚きの現状…転職する割合はなんと〇〇%!

「ほかの職場で働いてみたい!でも、転職って何をしたらいいの?」と、転職に不安を感じている看護師は数多くいます。

退職を決め、転職という行動を起こすまでにはかなりの勇気と労力が必要です。ましてや初めての転職であればなおさらです。

看護師の転職方法を考えるにあたり、まずは離職率や転職事情を見ていきましょう。転職に悩む看護師はあなただけではないことがわかるはずですよ。

転職する看護師はどれくらい?

日本看護協会の調査によると、2011年度から2015年度までの離職率は、10.9%、11.0%、11.0%、10.8%とほぼ横ばいで推移しています。看護師の離職率が10.9%というと、およそ10人に1人は離職している計算になります。

看護師の離職率を説明

この高い離職率は、同時に高い転職率にもつながっています。看護師は売り手市場とされており、他職種に比べ高い求人倍率を誇っています。常に人が入れ替わっているからこそ、看護師は転職しやすいのです。

せっかく看護師という国家資格を持っているのですから、転職しやすいというメリットをフルに活かし、前向きに「転職」について考えてみましょう。

看護師はどのような理由で転職する人が多いの?

看護師の転職理由はどんなものが多いの?

なぜ看護師の離職率はここまで高いのでしょうか?

看護師の離職率が高い理由は、「勤務時間が不規則」「心身ともに負担が大きい」といったことがよくあげられます。ほかにも、勤務先における人間関係の悩み、仕事内容に関するストレスを始め、自身の健康問題も退職理由になりうるでしょう。

また、結婚や妊娠・出産、引越といったやむを得ぬ家庭の事情もあるかもしれません。

日本医療労働組合連合会がまとめた看護師の主な転職理由としては、次のようなものが見られます。

  • 仕事がきつい
  • 賃金に不満がある
  • 休みが取れない
  • 夜勤がつらい
  • 仕事の達成感がない
  • 人間関係のトラブル
  • 家族への負担
  • 医療事故の不安
  • スキル不足の不安

看護師の慢性的な不足は社会問題となっていますが、それに伴い、現役の看護師には多大な負担がのしかかります。給料が上がらず、休みも満足に取れないとなれば、仕事を変えたいと思うのも無理はありません。

看護師の代名詞のように思われる夜勤も、慣れることができずに慢性的な疲労や体調不良に悩む人は少なくありません。シフト体制の改善が期待できなければ、転職の大きな理由となります。実際職場でも、今の職場が忙しすぎて辞めたいと迷う方は少なくないのではないでしょうか。

次々と業務をこなすなかで、達成感が得られず、仕事へのモチベーションを失っている人もいます。スキルアップができず、業務自体に不安を感じ、自信を失って職場を去る看護師も多いようです。

転職する看護師の悩みや不安、失敗談

転職後初日で後悔...転職したけど結局すぐ辞めることに(Aさん、26歳、病院勤務)

「職場を変えたい!」という強い思いに突き動かされて転職を果たしたけれど、いざ働き出したら後悔の毎日。初日から転職の失敗を思い知らされるということも、十分にあり得ます。

例えば、急性期病棟に疲れ切って介護系の転職したところ、やる気の見られない同僚や介護医療のずさんさに失望したり、大学病院から高収入をうたう美容外科に転職したところノルマのある出来高制という落とし穴があったりという話も少なくありません。

こうした転職の失敗は、事前のリサーチ不足が原因です。病院のパンフレットやサイトにあるのは、あくまでも表向きの看板のようなものであることは注意点です。

また、求人票の情報も、募集している側に都合の良い内容のみと考えて間違いではないでしょう。応募先施設の働く現場としての実情をできる限り調べることが、転職の成功には不可欠です。

しかし、そうした情報を個人で集めるのには限界があります。そこで必要なのが、プロの力です。内情に通じたエージェントや、業界の情報に詳しいコンサルタントが転職をサポートしてくれれば、ひとりで転職活動をするよりもずっと安心感が得られるでしょう

初めての転職で不安が一杯でしたが、看護師としてどんな風になりたいかなど詳しく聞いてくれて、相談に乗ってもらったので今の自分に合う求人というだけでなくこれから先のことも考えた職場に出会うことができました。決めるまでじっくり舞ってくれたのもありがたかったです。

転職したからといって、今の職場の悩みが解消できるとも限りません。転職に関してしっかりと情報収集をしておかないと、Aさんのような事態に陥ってしまい、転職をくり返すことになってしいまいます。。。

次に、看護師が初めての転職で失敗しないために知っておくべき5つのテクニックを紹介します。

看護師転職で絶対失敗しないための5つのテクニック(ベストな転職時期、面接、履歴書など)

1.看護師の転職はどの時期がオススメ?

転職はいつでもできそうなものですが、病院サイドの都合を考えるとベストなタイミングがあります。

病院が看護師の求人を行う時期は、年度始まりの4月、夏冬のボーナス後の7月と1月、半期の区切りとなる9月です。それぞれの時期に合わせて退職する看護師が増えるため、それに従って需要が増えます。

転職は数日で決着がつくものではありません。転職を決めたら少なくとも2か月は、転職活動に充てるつもりで考えます。例えば、4月に転職をするとすれば、転職活動の開始は12月~1月がベストです。

情報収集に時間をかけ、ターゲットとする病院の欲しい人材について十分に調査を行います。入念な準備期間があれば、それだけ理想的な転職ができると考えましょう。

2.看護師の転職フェアやセミナーの上手に活用するには?

看護師の転職フェアは、求人を行っている病院が一同に会して職場紹介を行う説明会のようなイベントです。面接のような堅苦しさがなく、普段着で気軽に参加できるところも多くあります。

複数の病院関係者に質問したり、特徴を聞いたりできるので、通常の転職活動では難しい体験ができます。

参加することで、それぞれの病院の具体的なイメージがつかめ、病院関係者に直接コンタクトが取れます。それまであまり知らなかったような病院施設が、転職候補となる可能性もあります。

イベントの主催者は民間の看護師転職サイト運営会社や、日本看護協会、ハローワークなどの公の機関です。

参加に際しては、それぞれのサイトで条件や申し込み手続きの有無などを確認します。参加が決定したら聞きたいことを事前に準備し、当日はしっかりとメモを取るようにしましょう。

3.履歴書はどのように書けばいいの?

転職の応募にあたって最初の関門となるのは、履歴書(&職務経歴書)です。

また、面接時に面接官が注目するのは、志望動機や自己PR欄です。志望動機は病院に対しての感想文ではありません。自分がその病院で働きたいと感じるポイントと、自分にどんな働きができるのかを具体的に説明します。

例えば、「過去に〇〇の経験があり、貴院が行っている医療体制に感銘を受けました」「将来的には●●に従事するスタッフの一員として、××医療に貢献できると確信しております。」などの書き方があります。単に病院のサイトにある理念を写すのではなく、きちんと内容を把握しなければ、納得させられる志望動機は書けません。

自己PRも同様に「責任感が強い」だけではなく、その根拠となるエピソードや周囲からの評価を取り入れ、最終的には病院への貢献へとつなげます。

4.面接官に好印象を与える面接テクは?

面接官に好印象を与える看護師の面接テクニック

面接時の成功ポイントは、看護師として信頼感を与えられるかどうかです。

「不採用になったら、どうしよう...」という不安や、面接に対する緊張は仕方ありませんが、応答には誠実さが重要です。自分の名前をきちんと伝え、適宜相手の目を見ながら話せるよう、落ち着いた態度で臨みましょう。面接時の行動は社会人としての礼儀を意識すれば、問題ありません。

病院を示すときには「御社」ではなく「御院」を使い、相手の質問を最後まで聞いてからひと呼吸おいて話し始めるようにするとスムーズです。

服装は、白のブラウスに黒か紺のスーツが最適です。どうしても準備できなければジャケットでも構いませんが、華美なものは控えます。スカートは膝丈でナチュラルな色合いのストッキングに、低めヒールの黒いパンプスがおすすめです。ヘアカラーは暗めに抑えます。

手先は意外と目立ちます。職業柄、派手な色でなくてもマニキュアはつけないでおくのが無難です。

5.看護師の転職を失敗しないためのポイント

誰だって転職は失敗したくないですよね。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」「もっとこうしておけばよかった」と後悔しないように、事前に情報を集めることがポイントです。転職活動において情報収集不足は命取りです。

職場情報を収集するためには、まずは無料で利用できる転職サイトに登録しましょう。看護師専門の転職サイトは、看護師に特化しているだけあって求人募集数も多いのが特徴。その多くはハローワークにはない非公開求人であることが多いです。

また転職コンサルタントが給料や職場の雰囲気から通勤時間まで、細かな要望にそった求人を紹介してくれます。他にも転職サイトのサービスを利用するメリットには、このようなものがあります。

  • 看護師専門の転職サイトを利用するメリット
  • 専属コンサルタントがあなたの細かな希望に合うオススメ求人を複数ピックアップしてくれる
  • 給与や手当のこと(残業手当・住宅手当など)、福利厚生のギモンにも答えてくれる。給与交渉も引き受けてくれる
  • お祝い金をもらうことができる。※一部転職サイトに限ります。
  • 自己分析や履歴書の書き方、面接時の志望動機の答え方についてアドバイスをくれる
  • 職場内の人間関係の実態を教えてくれるので、入職後のミスマッチを防げる
  • 看護師が転職してイキイキしている姿

    多くの看護師は転職することでより成長したり、イキイキと働けるようになります。

    「人間関係がいい職場に転職したことで、ストレスが一気に減った」

    「心に余裕がうまれ、患者さんとコミュニケーションを取れるようになった」

    「苦手な採血がスムーズにできるようになった」

    など、嬉しい変化がたくさんあるようです。

    看護師としての成長はもちろん、給料アップや、自分に合うペースでストレスなく働けるようになる点も転職のメリットです。

    転職サイトを利用すれば、転職成功率が大幅にアップします。時期によって新着求人情報が更新されるため、一日でも早く、まずは登録してみることをオススメします。

    ママナース、第二新卒看護師など、状況別失敗しない転職テクニック

    第二新卒の看護師の転職が失敗しないためのコツを教えて!

    一人前の看護師になるには、最低でも3年は必要と言われています。 看護学校卒業後1年目から3年目以内の方、つまり第二新卒で転職を考えている方は、今の時点で転職してよいものかなど自身のキャリアについて深く悩むことでしょう。

    しかし職場に対して不満や不安を抱いたまま働き続けるのは、自分にとっても周囲にとっても好ましいものではありません。不安定な精神状態では、あなたが理想とする看護が提供できないかもしれません。その点、思い切って新しい環境でやり直すのは、決して間違った選択ではないのです。

    第二新卒で転職する多くの方は、自分の看護知識や技術に不安を抱いています。そのため「第二新卒歓迎」とうたっている職場や、研修制度や教育体制が整っている職場を選ぶことをオススメします。

    自分に合う環境を選ぶことで、看護師として今以上に輝けるはずです。

    第二看護師の復職のポイントについて紹介

    第二新卒の看護師の復職のポイント

    新人看護師が短期間で退職するには理由がある

    【看護師の第二新卒】
    新人看護師が短期間で退職する理由とは?

    ブランク看護師も歓迎してくれる転職先はあるの?

    結婚や出産を機に看護師を退職した方の場合、復帰にあたって心配なのは「ふたたび看護師として働けるだろうか」という点でしょう。

    そこでオススメしたいのは、ブランク看護師向けのイベントを活用しながら、復帰をサポートしてくれる職場を探すことです。

    近年、全国の「ナースバンク」ではブランク看護師の復帰を応援しており、事前に採血や点滴など、基礎的な看護技術を無料で教えてくれるイベントを多く開催しています。また、地域の総合病院でもブランク看護師向けのイベントが開催されているので、一度調べてみるとよいでしょう。

    このようなイベントを上手に利用して、少しずつブランクを克服しましょう。 転職に際してはブランク看護師向けの教育・研修体制が充実している職場を選ぶとよいでしょう。

    ブランクありでも復職!
    ブランク看護師の求人選びのポイント

    ママナースにおすすめの転職先の探し方って?

    ママナースは両立できるか不安

    ママナースの最大の悩みは「子育てと仕事を両立できるか」という点ですよね。

    その点、最近はママナースを支援する職場が増えています。なかには院内保育園や院内託児所、院内保育室などを完備している病院もあります。職員は優先的に入園できるため、認可保育園への待機児童について悩むことなく、スムーズに復帰することができます。 特に病児保育も併設しているなど保育施設が整っている職場は、よりママが働きやすい環境でしょう。

    子どものイベントや急病などで休みが欲しい、ある程度大きくなるまで夜勤体制があわないといった理由がある場合には、あえて常勤ではなく非常勤を選ぶのも手です。

    転職活動の際には、なるべく負担なく子育てと仕事を両立できそうな職場や働き方を選びましょう。

    シングルマザー看護師の両立のコツ

    シングルマザー看護師
    仕事と子育てを両立させるヒント

    子育て中の看護師におすすめの転職サイトを紹介

    子育て中におすすめの看護師転職サイトはココ!

    パート・アルバイト看護師のメリット・デメリットを紹介

    看護師の働き方と年収
    パート・アルバイトで働くメリット・デメリット

    男性看護師も活躍できる転職先はどこ?

    女性の割合が圧倒的に高い看護師業界。そのため、男性というだけで不当な扱いを受けることもあるようです。

    男性看護師が転職にあたり特に注目したいのが「職場における男性看護師の人数」です。

    男性看護師の悩みは、男性の上司や先輩、同僚に相談することが一番です。先輩が多く働いていると職場を選ぶことで、男性同士のつながりもうまれ、働きやすくなります。

    精神科単科の病院は男性比率が高いため、あえて診療科をしぼって転職活動をおこなうのも一つの方法です。

    男性看護師が活躍できる職場紹介

    女性社会に負けない!
    男性看護師が活躍できる職場は?

    男性看護師の悩みを紹介

    男性看護師には悩みがいっぱい!男ならではの悩みにお応えします!

    看護師の転職に年齢の壁は存在する?40代・50代の転職事情

    看護師の転職に年齢の壁は存在する?

    40代の転職事情

    40代は仕事を継続していれば、十分なキャリアやスキルがあり統括的な仕事もできる年代です。

    一方で転職先では、職場が限られてくる可能性があります。学ぶことの多い先進医療をメインとする現場や、体力が必要となる手術室の場合には応募先に不安を持たれます。

    例えば慢性期医療から急性期への転職は、かなり可能性が低いと考えなければなりません。また、ブランクがあり、再就職を目指している看護師も多い年代です。

    家庭生活を優先するのであれば、クリニックや夜勤が少なめの介護施設などが適しています。

    やりがいのある職場を求めていながらもスキル不足に不安があるのならば、再就職支援を行う研修制度がある病院がおすすめです。

    50代の転職事情

    50代はキャリアの仕上げと退職後を見据えて、職場選びをする人が多くなります。定年まで働けることや、一定以上の年収が転職条件として挙げられます。

    求人の内容としては、年齢的な長所を生かしたマネジメント的な仕事や、指導者的立場が想定されます。同年代が多く働く介護施設や療養施設、訪問看護ステーションなどでは、緊急対応の頻度が低く、落ち着いた職場環境が期待できます。

    こうした施設では年齢による制限が少ないため、より自分の条件に合わせた転職先を選ぶことができるでしょう。再度の転職の可能性が低い年代だけに、退職年齢や仕事内容をよく調べて決定することをおすすめします。

    看護師が他の職種に転職をする場合、どのような職種に転職するの?

    看護師から他職種に転職すると減給

    なぜ他の職種に転職する?

    看護師から他の職種に転職したい大きな理由としては、不規則な時間勤務があります。

    一般的にも不規則な仕事はありますが、看護師の場合、仕事を続けている限りは日勤・夜勤や早出・遅出はつきものです。人の命を預かり、また重労働にも関わらず、給料が割に合わないと考える看護師も多いようです。生死が身近な職場だけに、精神的な重圧に耐えられないという声も聴かれます。

    希望に燃えて看護師を志したものの、代わり映えのしない毎日にやりがいを見出せず、転職を考えるというケースもあります。

    どのような職に転職することが多いの?

    看護師から他の職種に転職するケースとしては、大きく分けて医療関係とまったく関連性のない仕事の2つがあります。

    一般的な事務職などのOLとなった場合では、服装や髪型を楽しめる、勤務時間が短いなどの利点がある一方で、給料が激減する可能性があります。

    医療関連では、新たに資格を取得して保健師などになるケースがあります。

    看護師の資格を活かすのであれば、治験コーディネーターや医療コールセンター、製薬会社や医療機器メーカーのフィールドナースなど病院以外の職場が挙げられます。また、保育所や幼稚園、一般企業の医務室なども看護師資格で有利な転職が可能です。

    他職種に転職をした場合、どのようなことに困るの?

    看護師から他の職種に転職をした場合、収入が少なくなるのは避けられません。特に医療関連ではない一般職として就職した場合には、年収の少なさにがくぜんとする可能性があります。

    看護師の平均年収は約478万円です。それに対して、女性の平均年収はサービス業では200万円台、400万円を超えるのは一部の技術系などだけです。看護師の資格があっても、他の職種ではまったく素人です。医療関連への転職であっても、いきなり現職の看護師ほどの給料と同じ水準は期待できません。

    治験コーディネーターなどであれば、看護師以上の収入も可能性としては考えられますが、よほどの適正がなければ難しいと思われます。看護師以外への転職は、あまりおすすめできる選択とは言えません。

    看護師の転職の悩みを解消!~勤務形態別で探すメリットとは?~

    いざ転職先を探すとなると、いろいろな探し方があります。まず大きな指標となるのは、勤務形態です。看護師の転職にとって夜勤体制は絶対にチェックするべき項目と言えます。

    「プライベートよりも仕事を優先したい」「給与や年金、社会保険も大事」という方は、常勤を選ぶことがほとんどでしょう。職場によっては子育て支援として、時短勤務制度を推奨しているところもあります。

    とはいえ家庭との両立に悩む方や、子どもを持つ方は常勤勤務はなかなか難しいのが現実です。

    そのような方は、勤務形態別に仕事を探してみましょう。子育て中の方であれば、パート勤務などの非常勤、より給与を増やしたい方には夜勤専従といった雇用形態もあります。

    勤務形態別に仕事を探すことで、より自分のライフスタイルに合う職場が見つかります。

    常勤以外がおすすめなのはこんな人

    常勤以外がおすすめな看護師を紹介

    子育てや家事、介護などを優先し、シフト制ではなく働く日時をあらかじめ決めたい場合は、非常勤やパートという働き方がオススメです。

    年金や保険については一定の基準を満たさなければ自己負担となりますが、常勤よりもスケジュールの融通が利きやすいというメリットがあります。

    ほかにも派遣会社に登録し、派遣看護師として単発・短期・長期派遣として働く方法もあります。また、勤務時間を指定できる夜勤専従や日勤専従といった働き方もあります。

    自分の都合に合わせ、いろいろな勤務形態を検討してみましょう。

    看護師の転職の悩みを解消!~あなたにおすすめの施設は?~

    看護師の仕事は、医療機関の枠を越えてどんどん広がっています。ここからは転職を考える看護師にオススメしたい職場を、施設形態別にご紹介します。

    クリニック

    クリニックはママさんナースに人気

    一般病院などとは異なり、クリニックは基本的にはカレンダー通りの休めることが多いのが特徴です。そのため子どもがいる看護師には人気の職場です。

    一方で看護師の人数が少ないため、子どもの急な体調不良などで休みを取りづらいというデメリットもあります。

    仕事のやりがいとしては、病気の早期発見の手助けができることがあげられます。地域医療として重要な役割を担うクリニックで働くことは、大学病院などの大規模病院とは違うやりがいを得られるでしょう。

    介護老人保健施設や老人ホーム

    介護施設や老人ホームはブランク明けの看護師に人気

    介護施設や老人ホームは、日勤のみを選択できるところも多くあります。また、医療機関に比べると医療介入も少ないため、ブランク明けの方にも人気です。給与も高めに設定されているところが多いです。

    一方で、医療資格を持つ職員が少ないため、急変時などは一人で対応しなくてはならないという場面もあります。

    介護施設や老人ホームは目的やサービス内容によって種類が分かれています。詳しくは「介護施設における看護師の役割」

    訪問看護

    訪問看護は、在宅で介護を受けながら療養している人の生活サポートをする仕事です。対象となるのは高齢者に限らず、身体的に不自由のある在宅療養者です。

    病院では病気の回復に向けての治療サポートを行いますが、訪問看護は生活の質を落とさないように現状を維持し、暮らしを継続していけるように本人とその家族を支えます。

    看護師が行うのは、主治医の指示に従った自宅でも可能な範囲での処置です。バイタルチェック、カテーテル、痰(たん)の吸引、酸素・人工呼吸器などの機器の管理、床ずれや創傷の処置、家族に対しての日常的な健康や服薬管理指導がメインとなります。

    訪問看護では利用者とじっくり向き合い、その状態をしっかりと観察することが重要です。

    単純に見えますが、病院勤務以上に多岐にわたる知識が必要とされます。また、不安に陥りがちな利用者や家族と向き合い、相手の気持ちに寄り添えるタイプでなければ務まりません。

    看護師の転職の悩みを解消!~科目ごとの特徴は?~

    勤務形態、勤務地、施設形態などと同様に悩ましいのが診療科目です。今回は転職を考えるうえで知っておきたい、特徴のある診療科目について解説していきます。

    整形外科

    ほかの診療科と比べると、患者の年齢層が幅広いのが整形外科です。 重篤な患者の割合は低く、患者の入れ替わりが激しいという特徴があります。

    多くの患者は運動器の疾患によって入院しているため、身体介助が多く、看護師も体力が必要です。そのため、腰を痛めやすい診療科とも言われています。

    整形外科はこんな人におすすめ
    • 体力には自信がある
    • 患者が回復していく過程を見守りたい

    【整形外科】
    働く看護師の業務内容と転職成功のコツ

    整形外科看護師の残業の実態!必要なスキル・働くメリット・デメリットや適性まで徹底調査

    精神科

    患者さんの言動や行動に流されず、患っている疾患から冷静にアセスメントし、寛解へ導き、援助していくのが精神科です。

    経過が長い患者も多く、看護師として患者一人ひとりと向き合う時間が長くなります。 精神科は患者の心に寄り添う看護が求められるため、スタッフ間の関係も良好なのが特徴です。

    外科病棟、閉鎖病棟や開放病棟といった病棟の違いでも、業務内容は変わります。

    精神科はこんな人におすすめ
    • 患者さん一人ひとりとじっくり向き合いたい方
    • 患者さんの感情に流されず、常に冷静に看護師として患者さんと向き合える方

    精神科看護師は大変?
    スキル、メリットデメリットを徹底調査

    精神科看護師の求人の特徴

    精神科病院の看護師求人
    精神科勤務の経験がなくても可

    精神科看護師の求人はしっかり比較が必要

    精神科 看護師求人はしっかり比較!

    精神科が抱える悩みを紹介

    精神科で働く看護師が抱える悩みとは?
    やりがいはあるの?

     精神科看護師の求人と仕事内容を紹介

    【精神科】
    看護師の求人と仕事内容

    小児科

    看護師さんに小児科を紹介する画像

    おもに0歳から15歳までの患児を対象にしているのが小児科です。

    他の診療科と比べ、小児全般を取り扱うため、さまざまな分野の疾患に対する知識が要求されます。また、小児医療センターなど専門病院では特殊な症例に携わることもできスキルアップもできます。

    そして、患児だけではなく、患児を支える家族に対するフォローも求められる診療科です。

    小児科はこんな人におすすめ
    • 子供が好きな方
    • 忙しい中でも常に患児や家族の状態を観察し、フォローできる視野の広い方
    小児科看護師の転職を成功させる秘訣

    小児科看護師のオススメ求人
    転職を成功させるカギ

    小児科で働く看護師の仕事内容を紹介

    小児科で働く看護師の仕事内容

    小児科看護師の給与事情の実態

    小児科の看護師の給与の実態と手当

    緩和ケア

    疾患による苦痛を緩和し、患者のQOLを上げるのが緩和ケアです。

    終末期を迎える患者さんやそのご家族に対する看護を提供したり、疾患による苦痛が強い場合は、体位の調整を行うなど苦痛を軽減させ、QOLを向上させます。

    緩和ケアはこんな人におすすめ
    • 患者さんとそのご家族が安楽に過ごせるよう、言動や行動について細かく気を配れる方
    • 自分の考えではなく常に相手の立場にたって物事を考えることができる方
    緩和ケアの看護師求人の見分け方

    緩和ケアの看護師求人の見分けるポイント

    緩和ケア看護師のメリットとデメリット

    緩和ケアの看護師
    働くメリットとデメリット

    緩和ケア看護師の役割と仕事内容を紹介

    【緩和ケア】
    看護師の役割と仕事内容

    救急外来

    救急外来看護師はスキルアップしたい看護師におすすめ

    緊急で搬送される患者さんに対応する救急外来。

    疾患名が確定されていないことも多いため、看護師としてのより幅広い知識と技術が要求されます。スキルアップしたい看護師にはオススメの職場です。

    救急外来では、さまざまな疾患の急性期に触れることができます。

    救急外来はこんな人におすすめ
    • 看護師としてより成長したい方
    • 疾患を勉強したい方
    • たくさんの患者さんと接していきたい方
    救急外来看護師の求人情報の選び方

    救急外来(ER)看護師の求人情報の選び方
    転職で失敗しない方法

    産婦人科

    産婦人科の特徴を紹介

    妊娠から産褥期の方や、婦人科疾患を持つ方、新生児の看護をおこなうのが産婦人科です。幅広い世代の方が対象であるのが特徴です。

    産科はほかの診療科と違い、異常を早期に発見し対応することが必要です。 婦人科は、婦人科疾患を患っている患者に寄り添いケアをしていきます。

    産科はおもに助産師が働き、看護師は補助的な役割を果たしているケースが多いようです。そのため看護師として働く職場は、婦人科がメインとも言えるでしょう。

    産婦人科は女性としての気づかいが特に求められます。患者一人ひとりのニーズを感じ取り、それぞれに適した看護を提供できる方が向いています。

    産婦人科はこんな人におすすめ
    • 看護師としてより成長したい方
    • 疾患を勉強したい方
    • たくさんの患者さんと接していきたい方
    産婦人科看護師の転職と業務内容を紹介

    産婦人科看護師への転職と業務内容

    産婦人科看護師と助産師の違い

    産婦人科看護師はどんな仕事をするの?他科との違い、助産師との違いは?

    美容外科

    美容外科では、基本的に病気ではない健康体の患者の対応を行います。

    美しさやアンチエイジングの効果を求めて訪れる人を相手にするため、病院よりもサービス業に近い接客スキルが求められます。健康や美容、肌の手入れ法など、施術前後のアドバイスに役立つ知識を身に着ける意欲が大切です。

    夜勤なしなので勤務時間が一定で、仕事内容も女性として興味の持てる分野だけに、人気があります。一般的なクリニックと比較して、給与が高めなのも魅力です。

    ただし、特殊な分野だけに、技術を習得する場が限られているというデメリットもあります。

    皮膚科や外科の経験や知識があると、就職には有利です。

    応援ナース

    看護師が活躍できる職場はほかにもあります。

    「応援ナース」とは、離島や首都圏などの極度に人手不足の医療機関に期限つきで派遣され働く看護師のことです。医療機関によってはオペ室(手術室)に配属されることもあります。

    住居や光熱費なども支給され、給与も高めに設定されているので「短期間でがっつり給与を増やしたい!」という方には向いています。

    ただし、ある程度の経験者で、看護知識や技術がないと働くことはできません。 詳しくは「応援ナースの求人や給料について」をご覧ください。

    「保育園ナース」とは、基本的に医療行為をおこなわず、園児のケガの応急処置などをおこなう仕事です。保育園によってはクラスを担当することもあるなど、日常保育にも携わることができます。

    給与は保育士の給与基準に合わせられることが多いようですが、保育士よりは高い傾向にあります。詳しくは「保育園看護師の転職について」をご覧ください。

    応援ナースの働き方を紹介

    【短期・高給与・寮あり】
    気になる応援ナースの働き方とは?

    離島の看護師の求人と仕事

    【おすすめ!】
    離島・僻地の看護師の求人と仕事

    口コミで評価の高いおすすめ看護師転職サイト比較!

    転職エージェントの心強いサポートと豊富な求人が揃っている

    看護師の転職サイトのデメリットとして『コンサルタントの連絡がしつこすぎる』という声が挙げられますが、関東・関西・東海に強い『看護roo!』は利用者満足度が高く、対応している地域は限られますがその分徹底したサポートが受けられます。

    『看護のお仕事』は、全国対応でコンサルタントが担当者となり待遇の条件交渉を行うなど悩みや不安に丁寧な対応が評判で、『マイナビ看護師』はエリア内のコンサルタント自らが各病院に出向きヒアリングを行っているので人間関係や病院事情に詳しい転職サイトです。

    転職は自分の未来を決める大きな決断です。後悔しない転職のためにも、まずは一歩を踏み出してみましょう。

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 医療ワーカー

    10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

    しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

    10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    掲載サイト一覧