「仙台市宮城野区の呼吸器内科」看護師求人一覧

「仙台市宮城野区の呼吸器内科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「仙台市宮城野区の呼吸器内科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 仙台オープン病院の求人情報・採用情報

宮城県の仙台市にある公益財団法人仙台市医療センター・仙台オープン病院は、近くに鶴ヶ谷中央公園があり、自然を感じることがでる場所にあります。交通アクセスは、仙台駅からタクシーで約30分ですが、仙台駅からバス(市営バス)が運行されていて、病院の...

正式病院名仙台市医療センター 仙台オープン病院
 施設形態仙台市の一般病院
 診療科目 呼吸器内科|呼吸器外科|外科|循環器内科|心臓血管外科|放射線科|整形外科|歯科|消化器内科|消化器外科|総合診療科|脳神経外科|麻酔科|
 住所 宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷5-22-1

詳しく見る

仙台市宮城野区ってどんな区?

仙台市宮城野区は、仙台市が政令指定都市になった際に、北東部を分割して誕生した区。区名は水田開発以前に、このあたり一帯の原野を「宮城野」と呼んでいたことや、古来よりの歌枕でもある「宮城野」に由来しています。

区内に東北本線と仙石線が通っていて交通の便が他の区より良いことから、小鶴新田駅前や岩切駅前は目覚しく発展してきています。区内に存在する仙台塩釜港仙台港区、宮城野貨物駅、国道4号、国道45号や、隣接する若林区の中央卸売市場などによって物流の条件にも恵まれていることから、扇町一帯は若林区卸町とともに流通業が集積しています。

さらに2005年に宮城野原公園総合運動場内にある宮城球場を本拠地とするプロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」が誕生したことで、近年はプロ野球の興行に関連した経済効果が高まっています。

区内にある樹齢1200年以上とも言われている『苦竹のイチョウ』は、天平時代に聖武天皇の乳母の遺言で植えられたという伝説がある巨木で、国の天然記念物に指定されています。

松島丘陵の宮城野区内の部分にはかつて岩切城があり、周辺も含めて緑地が保存されています。また七北田丘陵より南では市街地化が進んでいます。

掲載サイト一覧