「横浜市磯子区の漢方内科」看護師求人一覧

「横浜市磯子区の漢方内科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「横浜市磯子区の漢方内科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 関東病院の求人情報・採用情報

日本の市町村のなかで最も人口が多い横浜市の東南、根岸湾に面した磯子区沿岸に1951年に開設された関東病院はあります。この病院は、過剰病床でありながら療養病床が不足しているという横浜市南部の地域事情を踏まえ、急性期・救急病院から、質の高いリハ...

正式病院名医療法人 関東病院
 施設形態横浜市のケアミックス
 診療科目 リハビリテーション科|内科|外科|循環器内科|消化器内科|漢方内科|脳神経外科|
 住所 神奈川県横浜市磯子区原町3-20

詳しく見る

横浜市磯子区ってどんなところ?

横浜市磯子区は、横浜市の南東部に位置する南北に長い臨海区で、沿岸部の低地の大半は埋立地になっていて、それを囲むように丘陵地が広がっています。横浜市の中でも最も古い区のひとつで、昭和2年に横浜市の区制施行により誕生。

昭和5年に湘南電気鉄道が開通したことをきっかけに、高級住宅地・別荘地として発展。海水浴場や海苔の養殖などでも知られるようになりました。さらに昭和30年代ごろからは、根岸湾の埋立てによって重化学工業地帯が誕生し、県道が根岸湾に沿って整備されたほか、従業員の住まいを確保するため内陸部に大規模団地開発が進みました。

区内の交通は、JR根岸線や首都高速湾岸線、国道16号、横浜市道環状2号、横浜市道環状3号によって支えられ、都市基盤完成度では横浜市内屈指を誇っています。区内の大部分は宅地化され、開発も進んでいますが、南部の円海山周辺には緑地が残されています。

自然も多く残り、自然と接することができる市民の森、海の見える公園があり、区民の憩いの場となっています。海岸部には海釣り施設やヨットハーバーがあり、多くの人々がレジャーに訪れています。

区の特産品は「梅」 で、明治時代まで特産品だった杉田梅を再び特産品として復活させ、地元の 有志団体などが毎年、区内の公共施設などに植樹するほか、 区内の飲食店が新商品の開発を行っています。

掲載サイト一覧