「大田区の小児歯科」看護師求人一覧

「大田区の小児歯科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「大田区の小児歯科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 昭和大学歯科病院の求人情報・採用情報

昭和大学歯科病院は、1977年に昭和大学洗足キャンパスにおいて、近代的な設備を備えて開院しました。患者様一人一人の状態をよく考え、地域の歯科医療の中核的な立場に位置し、貢献しています。病床数は22床で診療科目の主な科目は歯科ですが、総合歯科...

正式病院名昭和大学歯科病院
 施設形態東京都の大学病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|口腔外科|小児歯科|歯科|矯正歯科|臨床検査科|
 住所 東京都大田区北千束2-1-1

詳しく見る

大田区ってどんな場所?

大田区は東京都の南東部に位置する特別区のひとつで、東京23区内では最南部に位置する区。区 東部には羽田空港があり、羽田空港の面積は大田区全体の面積の3分の1になっています。

大森地区が海苔養殖の発祥の地であることから、昭和初期ごろまでは海苔養殖が盛んでしたが、1962年に東京湾汚染、埋立地拡張のため海苔養殖の漁業権を放棄しました。ただ、現在でも海苔問屋が数十社あり海苔流通の中心となっていて、毎年12月に大森海苔会館で行われる大森海苔組合初入札での初値が全国の海苔入札における基準値になっています。

少数ではありますが農家も存在して盆栽植木類、シクラメン、小松菜などの栽培が行われています。区の大部分は平野が占めていて、その平野には市街地が広がり、ビルやマンションなどが立ち並んでいます。

区域の人口は増加傾向にあり、世帯数も急増傾向にありますが、世帯当たりの人員は縮小傾向にあります。これは「夫婦と子供世帯」の大家族世帯が減少し、「単身世帯」や「夫婦のみの2人世帯」が増加しているためです。

区域には源泉が湧き出ているところが多数あり、湧き出でいるのは独特の香りがある「黒湯」と呼ばれる褐色の冷鉱泉でナトリウム化合物、炭酸水素塩が含まれる食塩泉・重曹泉です。そのため区内には黒湯が楽しめる銭湯が数多くあり、東京23区内で最多の温泉施設が存在しています(2012年1月時点)。

掲載サイト一覧