「柴田郡の人工透析科」看護師求人一覧

「柴田郡の人工透析科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「柴田郡の人工透析科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 庄司クリニックの求人情報・採用情報

庄司クリニック(宮城県柴田郡大河原町)は、泌尿器科と内科の2科目の標榜する診療科を有している診療所で、泌尿器科と人工透析の治療をメインに内科全般の治療にも対応しています。庄司クリニックには、診療の電子化を進めているという特徴があり、クリニッ...

正式病院名庄司クリニック
 施設形態宮城県のクリニック(診療所)
 診療科目 人工透析科|内科|泌尿器科|
 住所 宮城県柴田郡大河原町大谷字戸ノ内前35-1
 最寄り駅大河原駅
  •  車通勤可

詳しく見る

柴田郡ってどんなところ?

柴田郡は宮城県の郡で、1878年に行政区画として発足して以来、郡域は大河原町、村田町、柴田町、川崎町の4町のまま変更されていません。 大河原町は、白石川堤の「一目千本桜」で有名な町。

「一目千本桜」という名称で、日本酒、味噌、醤油なども販売されています。また「和豚もちぶた」という名のブランド豚も特産品となっています。夏は町内中にラベンダーが咲き揃い、冬は白石川に白鳥が飛来する町でもあります。

広域行政機関が所在する仙南行政の中心地ですが、かつての中心街であった駅前や本町・中町の商店街は寂れ、仙台方面を志向する人々へのベッドタウン化が進んでいます。

村田町は、15世紀に村田城が築城され、江戸時代に水運を生かして仙南地方における紅花の集積地となって栄えた町。「なまこ壁」が多く用いられた「店蔵」と呼ばれる土蔵造りの店舗や住居用の建物と彫刻も施された門が並ぶ古い町並みが残っていることから、「みちのく宮城の小京都」と呼ばれています。

柴田町は、宮城県南部の仙南圏に位置する町。JR東北本線・船岡駅の南側の旧城下町周辺地域が旧来からの町の中心部となっていますが、国道4号柴田バイパス沿いに大型ロードサイド店舗が建ち並んでいます。

また第一海軍火薬廠跡地には、船岡駐屯地、仙台大学、工場などがあります。伊達騒動での主要人物である原田宗輔の城下町としても知られています。 川崎町は、2006年4月に国営みちのく杜の湖畔公園北地区のエコキャンプみちのくでARABAKI ROCK FEST.が開催された町。

同フェスタは現在、毎年川崎町での開催となっています。また2012年2月4日には、平成23年度地域づくり総務大臣表彰で「地方自治体表彰」を受賞しています。

掲載サイト一覧