「大分市の人工透析科」看護師求人一覧

「大分市の人工透析科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「大分市の人工透析科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 大分中村病院の求人情報・採用情報

昭和41年12月に開設された社会医療法人恵愛会 大分中村病院(大分県大分市)は、二次救急・労災・育成・厚生医療などの指定を受けている病院です。大分中村病院には約500名の職員が勤務していて、260床の病床、整形外科や外科、内科、婦人科、眼科...

正式病院名社会医療法人恵愛会 大分中村病院
 施設形態大分県の一般病院
 診療科目 リウマチ科|放射線科|脳神経外科|肛門科|眼科|消化器科|泌尿器科|整形外科|心臓血管外科|リハビリテーション科|循環器科|形成外科|婦人科|外科|呼吸器科|内科|人工透析科|麻酔科|
 住所 大分県大分市大手町3-2-43
 最寄り駅大分駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  教育充実

詳しく見る

大分市ってどんなまち?

大分市は日本の九州地方の東部・大分県の中部に位置している市で、東九州の主要都市のひとつであり、約48万人の人口を擁する中核都市、同県の県庁所在地でもあります。大分市は1960年代に高度経済成長の恩恵を受けるべく、工業振興による発展を図って新産業都市指定を目指し、人口要件を満たすために1963年に鶴崎市や大南町などとの大合併に踏みきりました。その結果、1964年1月に新産業都市の指定を受けることができ、沿岸部に新日鉄などの大工場が進出。そして「新産都の優等生」と呼ばれるほど、鉄鋼業、化学工業などの重化学工業が次々と進出し工業都市として急成長していきました。現在も成長を続けており、近年では電子工業の立地も進んでいます。その一方で市域には高崎山自然動物園のような自然公園も有しています。この高崎山自然公園は、高崎山にある大分市立の自然公園で、高崎山に生息する野生のニホンザルが餌付けされていることで知られています。1952年11月26日に餌付けが開始され、餌付けが軌道に乗った1953年3月15日に正式に開園。その同年のうちに、高崎山が阿蘇国立公園(現阿蘇くじゅう国立公園)に指定されるとともに、「高崎山のサル生息地」が国の天然記念物に指定されています。

掲載サイト一覧