「横浜市港南区のアレルギー科」看護師求人一覧

「横浜市港南区のアレルギー科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「横浜市港南区のアレルギー科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 港南台病院の求人情報・採用情報

港南台病院は、地域住民の健康と福祉充実を目指して全職員が力を合わせて医療活動を行っています。きめ細かい気配りで定評のある同病院は、横浜駅から根岸線(大船方面行き)で「港南台駅」下車徒歩5分と通勤にも非常に便利なロケーションにある、病床数84...

正式病院名医療法人 裕徳会 港南台病院
 施設形態横浜市の一般病院
 診療科目 アレルギー科|リハビリテーション科|内科|呼吸器内科|外科|形成外科|放射線科|整形外科|泌尿器科|消化器内科|糖尿病内科|美容外科|肛門外科|
 住所 神奈川県横浜市港南区港南台2-7-41

詳しく見る

横浜市港南区ってどんな場所?

横浜市港南区は1969年10月1日に行政区再編成により南区より分区して誕生した区。江戸時代までは農村地域で、江戸時代後期に横浜開港したのをきっかけに、農産物を出荷して現金を得るという商品経済が浸透、それまでは米・麦・雑穀を中心に生産を行っていましたが、市街地が求める野菜や養蚕の生産に次第に変化していきました。

また、そのころから西洋風の花の栽培も始まっていて、大岡・笹下・日野あたりが花畑として広がる地域になりました。1950年代ごろから、虫食い的に宅地開発が始まり、1970年代には野庭団地や港南台団地などといった巨大団地が形成されたことで、人口が爆発的に増加しました。

戦後から大岡川沿いに捺染工場が林立するようになり、そこでは横浜名産のスカーフの生産が行われていました。現在、商業地となっているのは主に上大岡駅周辺と港南台駅周辺で、区役所や警察署など官公庁は港南中央駅周辺に集中しています。

港南区の花は「ひまわり」で、区では区民のみんなに公園や川沿いなどでひまわりを栽培してもらい、ひまわりを通した地域・世代交流を広めていく取組を行っています。その取組は毎年行われていて、2014年には区内各所で、保育園の子どもたちと地域の方々、小学校や中学校など様々なつながりを生みながら、ひまわりの栽培が行われことました。

このひまわり栽培の様子は区のホームページでも紹介されています。

掲載サイト一覧