「さいたま市のアレルギー科」看護師求人一覧

「さいたま市のアレルギー科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「さいたま市のアレルギー科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 さいたま市民医療センターの求人情報・採用情報

医療法人財団さいたま市民医療センターは、埼玉県さいたま市に平成21年にオープンした病院です。平成22年に地域医療支援病院に認定され、認定後も職員一人ひとりがより一層努力し、近隣の医療機関との連携も強化し、地域の皆さんに信頼される病院を目指し...

正式病院名医療法人財団 さいたま市民医療センター
 施設形態埼玉県の一般病院
 診療科目 アレルギー科|リウマチ科|リハビリテーション科|内科|呼吸器科|小児科|循環器科|放射線科|整形外科|消化器科|神経内科|脳神経外科|麻酔科|
 住所 埼玉県さいたま市西区島根299-1
  •  電子カルテ
  •  車通勤可

詳しく見る

 さいたま医療センターの求人情報・採用情報

埼玉県さいたま市大宮区にある自治医科大学附属さいたま医療センターは許可病床数608床を有する、平成元年に開設された病院です。そのうち一般病床は568床、ICU・CCU病床は20床、救急病床20床となっています。外来患者数は一日平均1346人...

正式病院名自治医科大学附属 さいたま医療センター
 施設形態埼玉県の大学病院
 診療科目 アレルギー科|整形外科|脳神経外科|耳鼻咽喉科|神経内科|眼科|皮膚科|産婦人科|消化器科|泌尿器科|放射線科|リウマチ科|心臓血管外科|循環器科|小児科|呼吸器科|呼吸器外科|口腔外科|内科|リハビリテーション科|麻酔科|
 住所 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847

詳しく見る

さいたま市ってどんな市?

さいたま市は平成の大合併の初期の2001年5月1日に、浦和市・大宮市・与野市の3市による新設合併により成立した市。その後、2005年4月1日に岩槻市が編入しました。埼玉県の市ですが埼玉県の南部東寄りに位置していて東京に近いことから、東京大都市圏の郊外住宅都市としての性質が強くなっています。

事実、江戸時代にはほとんどが農地でしたが、1923年の関東大震災や1940年代前半の太平洋戦争などで東京が打撃を受けた際、東京などから大規模な人口の流入があり、宅地化が進んでいったという経緯があります。

ただ宅地化が、まず中心市街地に近い台地上の鉄道駅付近で先行したことから、現在も鉄道駅から離れた場所には農地が多く存在し、住宅地の中にも、小規模な農地が点在しています。また治水対策として広大な河川敷が設けられた荒川周辺や、農地として保全された見沼田圃は開発が厳しく制限されていたことから、現在でも人口のほとんどいない地域が存在しています。

さいたま市はサッカーが盛んな地域であり、1950年代から1970年代にかけて浦和高校・浦和西高校・浦和市立高校・浦和南高校が次々と全国制覇したことで静岡県や広島県と共に「サッカー御三家」と称されています。

2014年にはJリーグ1部に所属する「浦和レッドダイヤモンズ」、2部に所属する「大宮アルディージャ」、なでしこリーグに所属する「浦和レッドダイヤモンズ・レディース」などのプロサッカークラブがさいたま市を本拠地にしています。

掲載サイト一覧