「坂戸市の産科」看護師求人一覧

「坂戸市の産科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「坂戸市の産科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 清水病院の求人情報・採用情報

医療法人社団マウナケア会 清水病院は、東武東上線の坂戸駅の北口から徒歩で1分のところにある病院です。産科、婦人科を中心とする病院ですが、小児科、内科も備えています。病床数は36床です。1957年の開業以来、地元に密着したスタイルで医療を行っ...

正式病院名医療法人社団 マウナケア会 清水病院
 施設形態埼玉県の一般病院
 診療科目 内科|婦人科|小児科|産科|
 住所 埼玉県坂戸市日の出町1-8
 最寄り駅坂戸駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  駅近

詳しく見る

坂戸市ってどんな市?

坂戸市は江戸時代には千人同心街道の坂戸宿として発展、その後、肥沃ひよくな土地を活いかした農業が盛んになったまち。1954年7月に 坂戸町・三芳野村・入西村・大家村・勝呂村の1町4村が合併し坂戸町となり、1976年9月の市制施行で坂戸市となりました。

都心から45キロメートル圏いう利便性の良さや、1916年に東上鉄道(現東武鉄道東上本線)が開通したこともあり、東京や埼玉のベッドタウンとして、大規模な住宅団地などが次々に開発され、人口が増加していきました。1975年から1980年の5年間の人口増加は、全国の市の中で第1位となっています。

坂戸市中小坂の慈眼寺に立つ『慈眼寺のしだれ桜』は市内に植えられている唯一の古桜で、市の天然記念物に指定されています。また、この周辺では珍しく大きな固体であることから、毎年多くの花見客で賑わう、市の名物になっています。

また『坂戸よさこい』は、市制施行25周年の記念として、2001年に始まった市内で毎年8月下旬に開催されている祭りで、演舞場の広さと参加チームの多さは関東で最大と言われています。2005年の第5回開催からはコンテスト形式の審査が導入されたこともあり、市民にもよさこいを踊っている方も多くいて、学校の体育祭でもよさこいが行われることがあります。

掲載サイト一覧