「熊谷市の胃腸科」看護師求人一覧

「熊谷市の胃腸科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「熊谷市の胃腸科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 いのクリニックの求人情報・採用情報

医療法人 いのクリニックはJR高崎線の熊谷駅から西箱田のバス停までバスで行くのが便利です。このバスは1時間に6本と比較的本数が多いのでストレスなく利用できます。この医療法人 いのクリニックは小児科の診療に重点を置き有床診療所の特徴を持ってい...

正式病院名医療法人 いのクリニック
 施設形態埼玉県のクリニック(診療所)
 診療科目 アレルギー科|内科|外科|小児科|循環器科|胃腸科|
 住所 埼玉県熊谷市箱田1-12-24
 最寄り駅上熊谷駅・熊谷駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  4週8休以上
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

 ティーエムクリニックの求人情報・採用情報

医療法人クレモナ会 ティーエムクリニックは、秩父鉄道秩父本線「大麻生駅」が最寄り駅でそこから車6分/徒歩21分または、JR高崎線「籠原駅」から車9分/徒歩31分の所にあります。無料の駐車場があるので、車通勤も可能なので通勤しやすいです。医療...

正式病院名医療法人クレモナ会 ティーエムクリニック
 施設形態埼玉県のクリニック(診療所)
 診療科目 内科|呼吸器科|外科|循環器科|消化器科|胃腸科|
 住所 埼玉県熊谷市三ヶ尻48
 最寄り駅大麻生駅・籠原駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可

詳しく見る

 明戸大塚医院の求人情報・採用情報

医療法人麻葉会 明戸大塚医院は2014年に開院した新しい病院です。場所は埼玉県の熊谷市河原明戸で最寄駅はJRの熊谷駅となっています。JR熊谷駅から病院までは車で25分程の距離があるので、同院では送迎バスを走らせて患者の方を迎えています。標榜...

正式病院名医療法人 麻葉会 明戸大塚医院
 施設形態埼玉県のクリニック(診療所)
 診療科目 人工透析科|内科|小児科|胃腸科|
 住所 埼玉県熊谷市川原明戸569
 最寄り駅明戸駅・熊谷駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上

詳しく見る

 熊谷福島病院の求人情報・採用情報

医療法人・熊谷福島(くまがやふくしま)病院は患者さんの病苦を癒し、ご家族の不安を解消する安心と信頼の医療を目指している病院として知られています。最寄り駅のJR高崎線「熊谷駅」南口から歩いて10分と通いやすい場所にあり、マイカーでの通勤も可能...

正式病院名医療法人 熊谷福島病院
 施設形態埼玉県の療養病院
 診療科目 内科|小児科|循環器科|放射線科|胃腸科|
 住所 埼玉県熊谷市宮前町1-135-2
 最寄り駅熊谷駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上

詳しく見る

 熊谷総合病院の求人情報・採用情報

JA埼玉県厚生連・熊谷(くまがや)総合病院は、地域医療関係者と密接な協力のもとに住民の保健・健康・福祉の向上のために尽力している中核病院として知られています。1945年に開設されて以来、常に最先端の医療を実践してきたのはもちろんのこと、最近...

正式病院名埼玉県厚生農業協同組合連合会 熊谷総合病院
 施設形態埼玉県の一般病院
 診療科目 リウマチ科|消化器内科|腎臓内科|脳神経外科|胃腸科|耳鼻咽喉科|糖尿病内科|眼科|皮膚科|産婦人科|泌尿器科|リハビリテーション科|整形外科|放射線科|循環器内科|形成外科|小児科|外科|呼吸器内科|内科|麻酔科|
 住所 埼玉県熊谷市中西4-5-1
 最寄り駅熊谷駅・熊谷駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  3交代制
  •  4週8休以上
  •  教育充実
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

熊谷市ってどんな場所?

江戸時代には中山道の宿場・熊谷宿が置かれ、宿場町として栄えた熊谷市。現在のでも人口は県内第9位となっていますが、農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位という、埼玉県北部における経済上の一大拠点となる都市であり、特例市・業務核都市・景観行政団体・特定行政庁に指定されています。

最近は、夏の気温の高さが日本一高いまちとして全国的に知られるようになっています。これは2007年8月16日に、熊谷市が岐阜県多治見市とともに当時の日本の観測史上最高気温となる40.9℃を観測したことに加え、熊谷市の地名が東京に近く、歴史的に知られていたことから、猛暑の本場としてメディアに取り上げられる頻度が高くなったことが関係しています。

市では日本一高い気温の対策よりも、この知名度をまちづくりへの利用にチカラを入れていて、「あついぞ!熊谷 熊谷新時代まちづくり事業」という事業を展開しています。また熊谷市の水道水は、他の同規模の都市と比較して味が良いことでも有名で、厚生労働省が厚生省時代に行った調査では、熊谷市の水道水は国内において水道水がおいしい都市32のうちのひとつに数えられています。

市街地や住宅地、一部の丘陵地帯を除いた多くの土地が耕地として利用されていて、地産地消を促進するため、熊谷のブランドの農作物が育てられています。

掲載サイト一覧