「荒川区の胃腸科」看護師求人一覧

「荒川区の胃腸科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「荒川区の胃腸科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 医療法人社団 杏精会 岡田病院の求人情報・採用情報

地域に密着した医療を提供している医療法人社団 杏精会 岡田病院(東京都荒川区)は、総病床数57床の小規模な病院ではありますが、胃腸科を中心に外科や肛門科、内科、呼吸器内科、整形外科、脳神経外科、婦人科、リハビリテーション科などの内科系から外...

正式病院名医療法人社団 杏精会 岡田病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|呼吸器内科|外科|婦人科|整形外科|肛門科|胃腸科|脳神経外科|
 住所 東京都荒川区荒川5-3-1
  •  2交代制
  •  4週8休以上
  •  駅近

詳しく見る

 南千住病院の求人情報・採用情報

医療法人社団愛和会・南千住病院は、JR常磐線「南千住駅」、東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」ともに徒歩5分と通勤しやすい場所にあります。医療法人社団愛和会の施設として、南千住病院の他に愛和クリニックと熊の前クリニックがあります。南千住病院は、内...

正式病院名医療法人社団 愛和会 南千住病院
 施設形態東京都のケアミックス
 診療科目 内科|外科|放射線科|整形外科|泌尿器科|胃腸科|
 住所 東京都荒川区南千住5-10-1

詳しく見る

荒川区ってどんな区?

荒川区は東京23区の中央からやや北東に位置している区。区の北東部を流れる隅田川は、1964年までは荒川と呼ばれいて、これが区名の由来になっています。江戸時代は農村でしたが、明治時代から荒川の水を使うために多くの工場が建設され、工業化が進んだことで人口も増え、1945年ごろまでは東京市内で最も人口の多い区でした。

現在は下町としての特色を強く残す一方で、工場跡地を活用した大規模な再開発や公園整備が行われています。特に南千住地区の再開発は都内最大級の規模となっていて、大規模なマンションの建設ラッシュが続いています。

それにより若いファミリー層などの流入が増えていて、1990年代まで減少していた人口が増加に転じています。人口は多い区ですが、区内の町丁数は52と東京23区の中でもっとも少ないです。

2009年1月現在で、区内にある東京都指定二次救急医療機関は「東京女子医科大学東医療センター」「岡田病院」「木村病院」「佐藤病院」などがあり、東京女子医科大学東医療センターは東京都災害拠点病院でもあります。

江戸時代まで、この地域では「三河島菜」や「汐入大根」が特産品でしたが、現在は廃れているため、特産としての生産を試みる『復活!あらかわの伝統野菜プロジェクト』が行われています。

西日暮里にある富士見坂は、実際に富士山が見える坂で、坂から見える富士山の山頂に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」は、1月末と11月中旬に見ることができます。

掲載サイト一覧