「札幌市豊平区の肛門科」看護師求人一覧

「札幌市豊平区の肛門科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「札幌市豊平区の肛門科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 札幌月寒病院の求人情報・採用情報

医療法人社団 光進会 札幌月寒病院(北海道札幌市豊平区)は、一般病床92床、外科、循環器科、呼吸器科、麻酔科、消化器科、肛門科の6科目の診療科を有する病院で、各種がんに対する治療、内視鏡による治療、糖尿病・高血圧・高脂血症に対する治療、肝炎...

正式病院名医療法人社団 光進会 札幌月寒病院
 施設形態札幌市の一般病院
 診療科目 呼吸器科|外科|循環器科|消化器科|肛門科|
 住所 北海道札幌市豊平区月寒東一条13-4-5
 最寄り駅札幌駅
  •  車通勤可
  •  2交代制

詳しく見る

札幌市豊平区ってどんなまち?

札幌市豊平区は札幌市の東寄りに位置している行政区。1972年に札幌市が政令指定都市に移行したことで豊平区が誕生。その後、1996年に区の人口が30万人を突破するなど人口が増加したため、翌1997年には清田区が豊平区から分区し、現在の区域となりました。豊平川を隔てて中央区に接し、南側では豊平川の東まで張り出した南区と接しています。外形は南北に長いカタチをしていますが、人の利用地はその北半分に限られていて、むしろ東西方向に広がっています。これは豊平区の市街化は1950年代以降に急速に進んだのですが、区の南半分は市街化調整区域に指定されたことで開発が抑制されたため、森林のまま残されてしまったためです。区内には望月寒川・月寒川・吉田川といった河川が多く流れていて、水辺が身近にある区です。北部の豊平地区は主に住宅地として利用されていますが、近代的なホテルが建ち並んでいる一方、明治時代に建てらた寺社が残っていたりするなど、新旧相まったまちとなっています。また区の東部には「札幌ドーム」があり、プロ野球やプロサッカーの試合などが行われています。この札幌ドームは施設は天然芝と人工芝を入れ替えることができる日本でも珍しいドーム施設としても有名です。

掲載サイト一覧