「横浜市旭区の小児外科」看護師求人一覧

「横浜市旭区の小児外科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「横浜市旭区の小児外科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 横浜市西部病院の求人情報・採用情報

聖マリアンナ医科大学の附属病院である横浜市西部病院は、『「生命の尊厳」を重んじ、常に病める人の声に耳を傾け、癒すこと』を病院理念として、1987年にスタートを切った横浜市の地域中核病院です。ICU10床・HCU20床・NICU9床・CCU4...

正式病院名聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院
 施設形態横浜市の大学病院
 診療科目 内科|泌尿器科|脳神経外科|耳鼻咽喉科|精神科|神経内科|眼科|皮膚科|消化器科|歯科|呼吸器外科|整形外科|放射線科|心臓血管外科|循環器科|形成外科|小児科|小児外科|呼吸器科|麻酔科|
 住所 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1

詳しく見る

横浜市旭区ってどんな場所?

横浜市旭区は横浜市を構成する18区のうちの一つで、1969年に保土ケ谷区から旧都筑郡の領域を分区して発足しました。区内には水と緑も多く、水田を含む山里もあることから「農のある里づくり」を展開し、地産地消を推し進めています。

1950年代から横浜市中心部や京浜工業地帯への通勤者が増え、横浜市のベッドタウンとして宅地化が進んだことで人口が激増しました。一昔前までは農家や、帷子川沿いにスカーフの染色工場が点在していましたが、現在はスカーフ工場は全て姿を消し、区内の大半が住宅地となっています。

大規模小売店舗は団地周辺を除くと郊外型は少なく、駅近辺に集中しています。区の西部などに生産緑地があり、主に野菜や果物の生産が行こなわれています。行っている。三ツ境駅の北側は旭区に入り、瀬谷区との境には聖マリアンナ医科大学横浜西部病院や程ヶ谷カントリー倶楽部があります。

この聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は、横浜市の三次救命救急、神奈川県の周産期センターの一つに指定されています。また1999年4月には「よこはま動物園ズーラシア」が開園。この動物園は「生命の共生・自然との調和」をテーマに、開園当時最新の展示方法である生態展示を行う日本でトップの都市型動物園を目指して建設されています。

掲載サイト一覧