「相模原市南区の耳鼻咽喉科」看護師求人一覧

「相模原市南区の耳鼻咽喉科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「相模原市南区の耳鼻咽喉科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 東芝林間病院の求人情報・採用情報

東芝健康保険組合 東芝林間病院(神奈川県相模原市南区)は、199床の病床と一般内科や神経内科、外科、婦人科、リハビリテーション科などを含む21診療科を有する救急指定病院で、健康管理センターやリハビリセンター、透析センター、内視鏡センター等の...

正式病院名東芝健康保険組合 東芝林間病院
 施設形態相模原市の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|外科|婦人科|循環器科|放射線科|整形外科|歯科口腔外科|泌尿器科|消化器科|皮膚科|眼科|神経内科|神経科|耳鼻咽喉科|麻酔科|
 住所 神奈川県相模原市南区上鶴間7-9-1
 最寄り駅東林間駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上
  •  駅近

詳しく見る

 北里大学東病院の求人情報・採用情報

北里大学東病院(神奈川県相模原市)は、患者中心の医療、患者と共に創りだす医療を目指すことやチーム医療を展開し良質で高度な信頼される医療の提供、関連機関との診療連携の推進・教育・研修活動の展開、人材育成・人類の福祉向上に努めること、国際学術交...

正式病院名北里大学東病院
 施設形態相模原市の大学病院
 診療科目 リウマチ科|歯科|肛門科|耳鼻咽喉科|精神科|神経内科|眼科|皮膚科|消化器科|泌尿器科|整形外科|リハビリテーション科|放射線科|心療内科|循環器科|形成外科|小児科|婦人科|口腔外科|内科|麻酔科|
 住所 神奈川県相模原市南区麻溝台2-1-1

詳しく見る

 東芝林間病院の求人情報・採用情報

東芝林間病院は、神奈川県の小田急電鉄江ノ島線東林間駅から徒歩2分という絶好の立地にあります。東林間は新宿から電車で42分と交通アクセスがよいばかりでなく、その名の通りに林が点在する自然にも恵まれた環境です。そうした中にあって東芝林間病院は広...

正式病院名東芝健康保険組合 東芝林間病院
 施設形態相模原市の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|消化器科|腎臓内科|耳鼻咽喉科|神経科|神経内科|眼科|皮膚科|泌尿器科|内科|歯科|整形外科|放射線科|循環器科|婦人科|外科|口腔外科|麻酔科|
 住所 神奈川県相模原市南区上鶴間7-9-1

詳しく見る

 北里大学病院の求人情報・採用情報

北里大学病院は、神奈川県指定の災害医療拠点や二次被ばく医療機関の指定を受けている、大規模な総合病院のひとつです。看護部における理念は「患者中心の医療・看護」であり、1971年の看護部発足以降、付添婦の廃止や看護補佐の導入といった、常に最新の...

正式病院名北里大学病院
 施設形態相模原市の大学病院
 診療科目 リハビリテーション科|消化器外科|血液内科|腎臓内科|脳神経外科|耳鼻咽喉科|美容外科|精神科|神経科|神経内科|眼科|皮膚科|産科|消化器科|泌尿器科|内分泌内科|歯科|整形外科|放射線科|心臓血管外科|循環器科|形成外科|小児科|婦人科|外科|呼吸器科|呼吸器外科|口腔外科|内科|麻酔科|
 住所 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

詳しく見る

相模原市南区ってどんなところ?

相模原市南区は相模原市が2010年4月1日に政令指定都市へ移行したことに伴い、設置された3つの行政区のうちの一つ。大規模な商業地と公園や緑地など生活環境が充実した地域です。区中央部の麻溝台や新磯野は元の陸軍士官学校の演習地があった場所で、戦後に旧満州などからの引き揚げてきた人々らによって開墾されました。

区の中央部には、木もれびの森や県立相模原公園、相模原麻溝公園などの緑地が広がっています。市街地に隣接する木もれびの森は、コナラ、クヌギなどの雑木林が連なり相模野の面影が残る緑地で、四季折々の自然を満喫できる散策路や芝生広場があります。

また、県立相模原公園にはフランス風庭園、雑木林、芝生広場などがあります。また、相模原麻溝公園には美しいクレマチスやアジサイが広がっています。さらに相模川沿いには田園地帯が広がり、区の北西部を流れる境川の斜面緑地では、貴重な植物が生息する緑の豊富な地域です。

それに対して麻溝台では工業団地が広がっています。 区内にある史跡勝坂遺跡は、縄文時代中期の大集落跡が発見され国指定史跡となっています。1926年には打製石斧が発見され、これは土を掘る道具として考えられていて原始農耕論が提唱されるきっかけになるなど、南区内から見つかっている遺跡は、日本の考古学史上において大きな意味をもった遺跡だと言われています。

また1830年ごろから大凧揚げが行われていて、この「相模の大凧揚げ」は現在も継承されており、毎年大凧まつりが行なわれています。

掲載サイト一覧