「栃木市の眼科」看護師求人一覧

「栃木市の眼科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「栃木市の眼科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 とちぎメディカルセンターしもつがの求人情報・採用情報

昭和13年に開設された栃木県厚生農業協同組合連合会下都賀総合病院は、栃木県がん治療中核病院・地域医療支援病院・栃木県脳卒中地域拠点医療機関などの役割を担う地域医療の基幹病院として機能しています。この病院は、同じ栃木市内にある下都賀郡市医師会...

正式病院名とちぎメディカルセンターしもつが
 施設形態栃木県の総合病院
 診療科目 リハビリテーション科|泌尿器科|腎臓内科|脳神経外科|耳鼻咽喉科|精神科|神経内科|眼科|皮膚科|消化器外科|消化器内科|整形外科|乳腺外科|救急科|放射線科|循環器内科|形成外科|小児科|婦人科|外科|呼吸器内科|内科|内分泌内科|麻酔科|
 住所 栃木県栃木市大平町川連420-1
 最寄り駅栃木駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  4週8休以上
  •  教育充実
  •  駅近

詳しく見る

栃木市ってどんなまち?

栃木市は栃木県の南部にある人口約16万人の市。また国や県の各種出先機関や裁判所などの行政機関が集まっているため、栃木県南部における行政都市としての性格ももっています。人口は宇都宮市、小山市に次いで、栃木県内で第3位。かつては例幣使街道の宿場町として盛えた商都であり、「小江戸」の別名を持っていました。第二次大戦の戦災を免れた歴史的な寺院のほか、江戸時代から明治時代にかけての蔵や商家などが多く残っていることから「美しいまちなみ大賞」を受賞していて、こうした歴史資産を観光資源化し「蔵の街」として知られ、「関東の倉敷」とも呼ばれています。また市西部にある太平山からの景色は「陸の松島」として観光名所ともなっていますし、市南部の渡良瀬遊水地・谷中湖は小型ヨットやウィンドサーフィンを楽しむことができます。市内にこうした観光名所が多くあることから、年間約200万人の観光客が訪れていて、観光地としての人気も高いまちでもあります。また市南部にはラムサール条約登録湿地に指定されている渡良瀬遊水地を保有しています。ただ、かつては栃木県の県庁所在地であったことから商業分野においても中心的な存在でしたが、宇都宮への県庁移転や、宇都宮〜小山の国土軸ラインから外れていることなどから、商業基盤の中心性は失われています。それでも栃木駅周辺では2000年の東武栃木駅、2003年のJR栃木駅の高架化に伴いシビックコア重点整備地区としての再開発が行われていて、北口には國學院大学栃木学園教育センターや栃木県立学悠館高等学校、高層マンションなどが複数建設されています。

掲載サイト一覧