「下新川郡の眼科」看護師求人一覧

「下新川郡の眼科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「下新川郡の眼科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 あさひ総合病院の求人情報・採用情報

昭和20年11月に病床数100床で開設されたあさひ総合病院は、現在199床の病床を有し、看護職員だけでも130名が勤務する下新川郡地域の中核病院です。看護部は患者の「安全・安心・安楽」を守るために看護倫理に基づき、創造的・科学的・効果的な看...

正式病院名あさひ総合病院
 施設形態富山県の一般病院
 診療科目 内科|整形外科|眼科|耳鼻咽喉科|
 住所 富山県下新川郡朝日町泊477

詳しく見る

下新川郡ってどんなまち?

下新川郡は富山県の郡で、2006年3月31日に宇奈月町が黒部市と合併したことで、入善町と朝日町の2町が郡に属しています。2015年5月1日の時点での推計で、人口37,926人、面積297.55km2、人口密度127人/km2となっています。1896年に行政区画として発足した当時は、現在の郡域である入善町と朝日町のほかに、魚津市・黒部市も郡域に含んでいました。 入善町は富山県の北東部に位置する町。黒部川が形成した黒部川扇状地の中央に展開する地域にあり、新川平野の一部をなしています。町の北は日本海に面しています。町の特産品にチューリップのほか、黒部スイカとも呼ばれている入善ジャンボ西瓜があります。海岸に近い平地では地下水が湧出しており全国名水百選にも認定。その平地にわずかに残る「杉沢の沢スギ」は全国的にも珍しく、国の天然記念物に指定されています。 朝日町は富山県の東端部に位置する町で、北アルプスと日本海に面しています。また日本海側の西日本の東端として、各種経済・文化面のほか、地質学、方言学、電源周波数などの東日本の境界に面しています。古くは北陸街道の宿場町や関所として栄えたまちで、町内には縄文遺跡、史跡、文化財などが残っています。また朝日町はビーチボールバレー発祥の地としても知られています。

掲載サイト一覧