「川崎市多摩区の眼科」看護師求人一覧

「川崎市多摩区の眼科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「川崎市多摩区の眼科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 川崎市立多摩病院の求人情報・採用情報

東京都と神奈川県の境にあり、川崎市3つ目の市立病院である川崎市立多摩病院は、市民がいつでも安心し満足できる愛ある医療を提供すること理念におく病院です。川崎市立多摩病院では市民向けの公開講座も毎年開催しており、さまざまな診療科の医師の方々が説...

正式病院名川崎市立多摩病院
 施設形態川崎市の一般病院
 診療科目 アレルギー科|泌尿器科|脳神経外科|胃腸科|耳鼻咽喉科|精神科|神経科|神経内科|眼科|皮膚科|産婦人科|消化器科|整形外科|リウマチ科|放射線科|心臓血管外科|循環器科|形成外科|小児科|小児外科|呼吸器科|呼吸器外科|口腔外科|内科|リハビリテーション科|麻酔科|
 住所 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37

詳しく見る

川崎市多摩区ってどんな区?

川崎市多摩区は川崎市を構成する7区のうちのひとつ。川崎市の区ですが、区の北が多摩川を境に東京都と接しているのに加え、細長い川崎市の最北端に位置していること、さらに新宿、渋谷、大手町などへの交通網が発達しているため、東京都との繋がりがあり、川崎中心部との商業的なつながりは薄くなっています。

区の南には多摩丘陵が広がっていて、ここには、鎌倉時代の源頼朝の重臣だった稲毛三郎重成の子、小沢小太郎の居城であった小沢城が建てられていました。小沢城は多摩丘陵の険しい地形を活かして造られた山城で、多摩区のある地域が鎌倉道が通る交通の要衝にあったため、鎌倉時代から戦国時代にかけて合戦の舞台となりました。

現在は緑地公園として、空堀や土塁、物見やぐらなどの跡が残っています。登戸・向ヶ丘遊園・生田・稲田堤周辺は学生街と歓楽街の色彩が強く、多くの飲食店が存在しているB級グルメ激戦区で、雑誌などにもよく取り上げられてます。

多摩区の特産品である「多摩川梨」は、以前は「稲城梨」として東京市場の名産品として人気でしたが、1932年に「稲城梨」から「多摩川梨」に名称を変更しました。1980年代までは区内に、梨もぎとり園も多く存在していたため、梨狩りを目的にした観光客も来ていました。

しかし園の減少とともに梨狩り目的の観光客は減ってきています。現在は「のらぼう菜」という野菜も有名で、以前は自家消費用で栽培されていました。テレビや新聞などで取り上げられたことで、区の新たな名産品となりつつあります。

掲載サイト一覧