「古河市のリウマチ科」看護師求人一覧

「古河市のリウマチ科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「古河市のリウマチ科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 総和中央病院の求人情報・採用情報

医療法人仁寿会 総和中央病院は、宇都宮線 古河駅から車で約15分のところにあります。病床数が約110床あり、一般・亜急性期・療養と3種類の病棟をもつ、医療と介護の両面に力を入れている、地域医療に根付いた病院です。一般内科の他に、様々な分野の...

正式病院名医療法人仁寿会 総和中央病院
 施設形態茨城県の一般病院
 診療科目 リウマチ科|リハビリテーション科|内科|外科|婦人科|小児科|循環器科|心療内科|整形外科|泌尿器科|皮膚科|神経内科|
 住所 茨城県古河市駒羽根825-1
 最寄り駅古河駅・栗橋駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上
  •  教育充実
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

古河市ってどんなまち?

古河市は関東平野のほぼ中央に位置している市。2005年9月12日に旧古河市と総和町・三和町が新設合併し現在の古河市となりました。全域にわたって平坦な地形が広がっていますが、南部に比べ北部はやや標高が高く、市内を流れる川は利根川を除き北から南へと流れています。明治期に入ってから製糸産業が発達したことで人口が急増、さらに東京のベッドタウンの役割が加わって人口が増大し、合併前の口密度は県内第1位でした。しかし都心回帰の影響で東京のベッドタウンとしての役割は薄れ、現在は人口は減少傾向にあります。また明治期から昭和中期まで発展した製糸業も現在は全て廃業していて、現在は旧総和町の工業団地を中心に工業が発達しています。古河市の工業の特徴は、食品製造業・製菓業が多いことで、トモヱ乳業、山崎製パンの工場があるほか、ジャパンフリトレー、ヤマザキナビスコ、ギンビスの製菓業3社の唯一の工場を有しています。行政上では茨城県に属しているが、国道4号(日光街道)や宇都宮線(東北本線)の沿線であることから、経済や教育の面で栃木県、埼玉県とのつながりが強く、東京都ともつながりがあります。茨城県は全国屈指の医師不足の県で、その中でもとりわけ医療事情のひどい県西の事情にたがわず、古河市も医療事情も厳しい自治体となっています。

掲載サイト一覧