「広島市中区の消化器科」看護師求人一覧

「広島市中区の消化器科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「広島市中区の消化器科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 河村内科消化器クリニックの求人情報・採用情報

広島市民球場から程近い場所の広島県広島市中区大手町にある医療法人財団愛人会 河村内科消化器クリニックは、内科の診療を中心に消化器科・胃腸科・呼吸器科・循環器科・放射線科・リハビリテーション科の診療を行っている病床数39床のクリニックです。内...

正式病院名医療法人財団愛人会 河村内科消化器クリニック
 施設形態広島市のクリニック(診療所)
 診療科目 リハビリテーション科|内科|呼吸器科|循環器科|放射線科|消化器科|胃腸科|
 住所 広島県広島市中区大手町1-4-11
  •  2交代制
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

広島市中区ってどんなまち?

広島市中区は1980年4月1日に広島市の政令指定都市移行と同時に設置された、広島市を構成する8つの行政区の一つ。毛利輝元が築城した広島城の城下町として栄え、その後、福島正則の時代に山陽道(西国街道)が城下の南側を通るように移設されたことで商業地である町人町が発達しました。さらに干拓による新開地も増加し、近隣の港である草津や江波が港として発達するなどしました。現在の中区は広島市だけじゃなく、広島県や中国地方全体の行政の中枢部で、広島城周辺の基町・上八丁堀には国の合同庁舎・県庁・県警本部・裁判所などの行政・司法機能が集積しています。また、その南側の紙屋町・八丁堀エリアは中国地方有数の繁華街であり、都市銀行や地方銀行・証券会社などの金融機関、企業の支店も多くありますし、白島地区にはオフィスビルが多数建ち並んでいます。広島城を中心に市民病院、中央公園、県立総合体育館などがあり、ユネスコの世界遺産にも認定された広島市の平和の象徴である原爆ドームがあるのも中区です。区内には天満川、本川、元安川が流れていて、これらの川は、かつて広島城築城の際に自然の堀として利用されました。また国道2号線より南の舟入、江波、吉島、千田町あたりは住宅地として多くの住宅が立ち並んでいますし、江波沖町や南吉島の湾岸地区は工業地区・準工業地区として多くの工場が立地しています。

掲載サイト一覧