看護師の人間関係が辛い

看護師の人間関係はストレスだらけ!よくある4つの辛い悩みと対処法

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

人間関係がストレスで仕事に行きたくない

先輩からいじめられてツライ、もう辞めたい…

どんな組織であっても人が集まる限り人間関係の悩みは尽きないもの。

女性だらけの職場で、日々多くの患者と接する看護師であればなおさらです。

この記事では、人間関係のトラブルの例や対処法、人間関係で悩まないためのコツをお伝えします。

看護師の最悪の人間関係!ストレスを抱える4つの関係性

看護師の人間関係に疲れる

看護師以外にも患者やその家族、医師などさまざまな人と関わりを持つ看護師は、なにかと人間関係の悩みを抱えやすいもの。

ここでは関係性ごとに、看護師の悩みを4つ紹介します。

【看護師の人間関係】新人看護師と先輩

多くの看護師が悩みがちなのが、先輩ナースたちや上司のこと。

初めて社会に出た新人看護師といえど、看護師の仕事上のミスは病院や医者の信用問題のみならず患者の命にも関わります。だからこそ、先輩看護師の指導が厳しくなることもあります。

なかには行き過ぎた指導をする先輩や上司もいます。いわゆる「パワハラ」です。

先輩や上司という立場を利用して理不尽なことで怒る、自分にだけキツくあたる、無視するなど、そのやり口は実にさまざま。

ベテランの先輩や上司相手だと指摘するのも難しいため、精神的に参る看護師もたくさんいます。

【看護師の人間関係】患者とその家族

看護師は毎日多くの患者と接します。ほとんどの患者は問題なく付き合える方ですが、なかには看護師を奴隷のように扱う方もいます。

急に機嫌が悪くなったり、感情を激しくぶつけられたり、嫌がらせのようなとんでもない要望をつきつけられると、看護師といえど言い返したくなる瞬間もあるでしょう。

患者の家族も、場合によっては対応が難しいこともあります。患者本人はおとなしくても、家族が神経質になり、病院の対応や看護師のふるまいを細かく観察し指摘するといったこともあります。

病気やケガについて独自に勉強し、疑問点をひたすら追求してくる家族もいます。

看護師が感情的になって対応してしまうと、トラブルになりかねません。本音を押し殺しながら働く看護師もいるようです。

【看護師の人間関係】異性の同僚

看護師の不安要素は一緒に働く異性スタッフにも存在します。

和気あいあいとした職場もある一方で、男性医師や男性看護師による「セクハラ」が横行している職場もあります。

直接的に触ることがなくても、デリカシーのない言葉を言ったり、嫌な目線を感じることも立派なセクハラです。

職場の男性から頻繁に連絡先を聞かれる、デートに誘われるといった「つきまとい」に悩む看護師もいます。いくら断っても声をかけられ続けると、次第に恐怖を感じるようになります。

「セクハラです」「やめてください」などと声を上げるには大変な勇気がいるため、一人で抱え込む看護師もいるようです。

【看護師の人間関係】看護師以外のスタッフ

看護師以外のケアマネージャーや事務局員(パート)との関係がうまくいかないこともあります。チームプレーを避けられない看護師にとって、悩ましい問題です。

たとえば、事前の連絡がないままほかのスタッフから仕事を振られたことをきっかけに、関係性が悪化することもあります。

看護師からすると「なぜ事前に連絡をくれないのか」「伝達すらできないのか」と怒るのも当然です。

たとえスタッフ側に悪意がなくても、こうした行き違いの積み重ねで関係性がギクシャクしてしまうこともあります。

人間関係に悩まない転職先を見つけるための
看護師転職サイトランキング

順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師の最悪の人間関係!ストレスを抱えた時の対処法

人間関係に悩んでいるときは、すべてを放り出してしまいたくなります。諦める前に、関係性別の対処法を探ってみましょう。

【看護師の人間関係】新人看護師と先輩・・・自分の言動を振り返る

先輩や上司からの厳しい叱責や指導は、愛情の裏返しという可能性もあります。

臨床現場に携わる人間にとって、医療ミスは絶対に許されないものです。勤務年数が長く知識が豊富な先輩ナースだからこそ、基礎的なことから技術が必要なことまで指導できることがあるのです。

リーダー業務などを抱えている先輩の場合、あえて嫌われ役を引き受けてあなたの過ちを正そうとしているのかもしれません。自分を責めすぎない程度に日々の言動を振り返ってみましょう。

もちろんそうでない場合もあるので、完璧主義者の先輩からは離れてみたりすることも大切です。

【看護師の人間関係】患者とその家族・・・相手の気持ちを想像する

患者の言動にストレスを感じたときには、言動のウラにある気持ちを想像してみると、ストレスが和らぐかもしれません。

相手は違う価値観を持ち、不安や焦りなど日々いろいろな感情を抱えて過ごしています。そんな感情をつい身近にいる看護師にぶつけているのかもしれません。

患者の家族が病院や看護師のにケチをつけるのも、それだけ患者のことが心配だから、納得のいく治療をしてほしいというメッセージの表れでもあります。

【看護師の人間関係】異性の同僚・・・上層部に相談する

男性医師や看護師からのセクハラに悩んでいる方は、信頼できる看護師長や上層部に「本気で困っている」と相談してみましょう。

セクハラをする男性は、自分たちの言動で女性がどれだけ傷ついているか理解していません。セクハラとしては認識しておらず、単なる冗談のつもりのひともいます。

なかなか自分からは言い出しづらいことですから、上から注意してもらうのが一番よい方法でしょう。

【看護師の人間関係】看護師以外のスタッフ・・・日々のやり取りを見直す

看護師以外のスタッフに対して悩みを抱えている場合、日々のやり取りを見直してみましょう。

顔を合わせたら元気よく挨拶する、何気ない世間話をしてみるなど、ちょっとした声かけが心の距離を縮めていきます。

コミュニケーションが活発になれば、いざという時の仕事のやり取りもスムーズになるでしょう。

同時に、自分のコミュニケーションも見直してみましょう。人づてのやり取りが多くなっていないか、相手のメモやメールを見逃していないかなど、基本的なコミュニケーションを大切にしましょう。

看護師の人間関係が辛い…良好な人間関係を築く3つのポイント

そもそも女性が多い職場において、どのようなことを心がければ良好な人間関係が保てるのでしょうか?ここからは、職場でうまく立ち振る舞うためのコツを紹介します。

女性から嫌われない振る舞いを意識する

看護師が人間関係に悩みを抱えやすいのは、職場に女性が多いことが大いに影響しています。女性はグループを作りやすく、違うグループには敵対心を抱きやすいのです。

職場で敵を作らないためには、女性に嫌われない振る舞いをすることが大切です。たとえば男性医師や男性看護師、先輩と話す場面でも過度に媚びない、相手によって態度を変えないなどです。

誰に対しても真摯な姿勢を見せることで、職場でも信頼される存在になるでしょう。

うわさ話はほどほどに

女性が多い職場においては、うわさ話に花が咲くこともあるでしょう。

職場で良好な人間関係を築きたいのであれば、誰かの悪口・陰口やうわさ話は厳禁。その気はなくても、会話に参加しただけであなたも同罪に仕立て上げられることもあります。

相手を尊重する

自分の話ばかりするタイプも、職場のスタッフからの評判を落としてしまいます。

スケジュールに沿って適切な処置を施すのが看護師の仕事です。人の話を聞かずに自分の話ばかりする看護師は、仕事面でも不安な存在です。

自己主張はほどほどに、空気を読みながら相手を尊重する姿勢を大切にしましょう。

看護師の人間関係に疲れたときの解決策

看護師の人間関係に疲れた時の対処法

「人間関係に疲れて仕事に行きたくない」

「どうすればよいのかわからない…」

そんな方に向けて、ここからは人間関係に疲れたときの対処法をお伝えします。落ち着いて、あなたの現状と照らし合わせてみてください。

今の職場で努力する

職場の人間関係に疲れ、「明日にでも辞めてやる!」と思う瞬間もあるでしょう。本当に退職する前に、まずは今の職場を改善する余地はないのか冷静に考えてみましょう。

たとえば信頼できる職場の人に相談し、何らかのアクションを起こしてもらうのもひとつの方法です。

実はあなたと同じ想いを抱いている人がいたり、解決に向けて動いてくれる人が現れたりと、現状を打破する突破口が見つかるかもしれません。

異動希望を出す

大規模病院などの場合は、ほかの科に異動希望を出す方法もあります。

ただし希望は必ずしも通るとは限りません。仮に配属が変わったとしても、新しい仕事やメンバーに適応する大変さもあります。ふたたび人間関係で悩まないよう、希望を出す部署は慎重に選びましょう。

転職する

今の勤務先に希望が見いだせないのであれば、転職するのもひとつの解決法です。今の職場で抱えている問題と原因さえ分析しておけば、次の職場で同じことを繰り返す可能性は低くなります。

離職率の高い看護業界において、退職はそれほど珍しいことではありません。

仕事帰りに思い出しイライラしたり、人間関係の悩みを抱えて憂うつな毎日を過ごすよりも、思い切って環境を変えた方があなたの人生にとってプラスになる可能性もあります。

「出勤前に吐き気が止まらない」

「気が付くと涙が出てくる」

「震えがとまらない」

など、ストレスが身体に現れている方は、退職して休息期間をもうけることも大切です。心身ともにリフレッシュしてから、ふたたび活躍できる職場を探しましょう。

看護師が転職前にチェックしておくべきポイント

人間関係が原因で転職する場合、次の職場でふたたび人間関係で悩むことは避けたいもの。実は、入職前に人間関係がよい職場かどうかがわかる見分け方があります。

それは看護師専門の求人サイトのコンサルタントに聞くという方法です。たとえばコンサルタントは、次のような質問に答えてくれます。

  • 職場の雰囲気はどんな感じ?
  • 派閥争いはない?
  • 職場の平均年齢や男女比は?
  • 看護部長や病棟師長の人柄や方針は?
  • 入ってすぐやめる人はいる?

なぜコンサルタントがここまで把握しているかというと、コンサルタントは看護師の転職をサポートするためにあらゆる医療施設に足を運んでいるから。

実際に病院に足を運ぶことで、職場環境や人間関係などを肌で感じているのです。さらに、多くの看護師とやり取りをするなかで、職場の生の声も把握しています。

例えば「あの大学病院は人間関係が理由で辞める人が多い」「あの診療所は転職した看護師の定着率がいい」など、あなたの転職に役立つ情報をたくさん持っています。

これらの情報は、求人サイトに無料登録することで教えてもらえます。人間関係に悩む看護師にとって強力な味方になってくれるはずですよ。

人間関係がいい職場に転職したい看護師にオススメの求人サイト

数多くの看護師専門の求人サイトのなかから、人間関係に悩む方にとくにオススメしたいサイトを紹介します。

関西・関東・東海地方に強い『看護roo!』は、徹底したサポートが受けられると利用者満足度が高いサイトです。

『看護のお仕事』はコンサルタントが求職者の悩みや不安を丁寧にヒアリングし、給料(年収)や夜勤などの条件にあった求人を紹介してくれます。

『マイナビ看護師』は、エリア内のコンサルタントが自ら各病院に出向きヒアリングしているので、いろいろな医療機関の内情に詳しい求人サイトです。

看護師は比較的転職しやすい職業です。人間関係に悩む方も、思い切って求人サイトのコンサルタントに相談してみましょう。

あなたのキャリアアドバイザーとして、あなたがイキイキと働ける職場が見つかるまで支えてくれるはずです。

このページのまとめ
  • 看護師は人間関係の悩みが多い職業。
  • 人間関係で悩んだら転職を考えてみよう
  • 求人サイトなら職場の人間関係を事前に教えてくれる
  • 人間関係で悩んだら、求人サイトのコンサルタントに相談しよう

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

掲載サイト一覧