「熊谷市の訪問看護・訪問入浴・訪問リハ・複合型サービス」看護師求人一覧

「熊谷市の訪問看護・訪問入浴・訪問リハ・複合型サービス」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「熊谷市の訪問看護・訪問入浴・訪問リハ・複合型サービス」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 熊谷生協ケアセンターの求人情報・採用情報

医療生協さいたま生活協同組合 熊谷生協ケアセンターJR熊谷駅下車で車で15分程度のところにあり、無料送迎バス、市内循環バスも走っているので通勤は無理なくできます。病院勤務の場合は日勤と夜勤のシフト制となっています。パート勤務も可能となってい...

正式病院名医療生協さいたま生活協同組合 熊谷生協ケアセンター
 施設形態埼玉県の訪問看護・訪問入浴・訪問リハ・複合型サービス
 診療科目
 住所 埼玉県熊谷市原島1066-3

詳しく見る

熊谷市ってどんな場所?

江戸時代には中山道の宿場・熊谷宿が置かれ、宿場町として栄えた熊谷市。現在のでも人口は県内第9位となっていますが、農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位という、埼玉県北部における経済上の一大拠点となる都市であり、特例市・業務核都市・景観行政団体・特定行政庁に指定されています。

最近は、夏の気温の高さが日本一高いまちとして全国的に知られるようになっています。これは2007年8月16日に、熊谷市が岐阜県多治見市とともに当時の日本の観測史上最高気温となる40.9℃を観測したことに加え、熊谷市の地名が東京に近く、歴史的に知られていたことから、猛暑の本場としてメディアに取り上げられる頻度が高くなったことが関係しています。

市では日本一高い気温の対策よりも、この知名度をまちづくりへの利用にチカラを入れていて、「あついぞ!熊谷 熊谷新時代まちづくり事業」という事業を展開しています。また熊谷市の水道水は、他の同規模の都市と比較して味が良いことでも有名で、厚生労働省が厚生省時代に行った調査では、熊谷市の水道水は国内において水道水がおいしい都市32のうちのひとつに数えられています。

市街地や住宅地、一部の丘陵地帯を除いた多くの土地が耕地として利用されていて、地産地消を促進するため、熊谷のブランドの農作物が育てられています。

掲載サイト一覧