「昭島市の療養病院」看護師求人一覧

「昭島市の療養病院」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「昭島市の療養病院」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 あきしま相互病院の求人情報・採用情報

社会医療法人社団健生会 あきしま相互病院(東京都昭島市)は、内科とリハビリテーション科の2科目の標榜する診療科を扱っている、102床の病床を有する病院で、通所リハビリテーション(介護保険事業所)を併設しています。関連施設には複数の医科診療所...

正式病院名社会医療法人社団健生会 あきしま相互病院
 施設形態東京都の療養病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|
 住所 東京都昭島市中神町1370-3
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  4週8休以上

詳しく見る

昭島市ってどんな市?

昭島市は東京都のほぼ中央に位置している街。北部には玉川上水、南部には多摩川が流れており、地下水に恵まれていることから、都内で唯一、水道水に地下水を利用していて、その水のおいしさには定評があります。

明治時代末ごろに製糸工場がこの地で相次いで操業を開始し、大正時代には市域一帯に桑が植えられるなどしたことで東京府内の生産高の3割近くを占め、全国的に見てもかなりの規模を誇る養蚕村となっていました。

しかし、昭和時代に生糸価格が急激に下落したことで養蚕農家が減少、養蚕業は廃れていきました。その後、1922年に設置された立川飛行場が1933年に陸軍専用になったことで、この地域に航空機製造などの大規模な軍需工場が建設されるなどしました。

それにより大規模な従業員住宅建設が行われ近代化し、戦後は都心への通勤圏であったことから、近郊住宅地が発展し、大型団地建設などで人口がさらに増加。近年は工場誘致条例によって工業団地が造成され、電子機器などのハイテク産業が発展しています。

1961年8月に市内のJR八高線多摩川橋梁近くでクジラの化石が発見され、和名「アキシマクジラ」と命名されたことで、毎年8月にはアキシマクジラの化石が発掘された事に因んだ「くじら祭り」が開催されていますし、市内にはアキシマクジラにちなんだ「くじらロード」があります。

掲載サイト一覧