「江戸川区のケアミックス」看護師求人一覧

「江戸川区のケアミックス」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「江戸川区のケアミックス」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

/div>

 一盛病院の求人情報・採用情報

医療法人社団双仁会・一盛(いちもり)病院は、1907年に開設された100年以上の歴史を持つ由緒のある医療機関です。患者が治療に専念できるように長期入院の環境が整っている一盛病院ではきめの細かい看護を行なっています。一盛病院はJR総武線「平井...

正式病院名医療法人社団 双仁会 一盛病院
 施設形態東京都のケアミックス
 診療科目 リハビリテーション科|内科|外科|整形外科|消化器科|
 住所 東京都江戸川区小松川3-10-1

詳しく見る

 江戸川病院の求人情報・採用情報

社会福祉法人仁生社・江戸川病院は「みんなのしあわせとおもいやり」をコンセプトにした医療機関で、1932年江戸川区東小岩にオープンして以来質の高い治療を提供してきたことで知られています。JR小岩駅南口から歩いて15分、72番系統バスで「江戸川...

正式病院名社会福祉法人 仁生社 江戸川病院
 施設形態東京都のケアミックス
 診療科目 乳腺外科|内科|呼吸器内科|放射線治療科|整形外科|消化器内科|
 住所 東京都江戸川区東小岩2-24-18

詳しく見る

江戸川区ってどんなところ?

江戸川区は、東京都の特別区(東京23区)内では最東端の自治体。東に区名の由来となった「江戸川」、西に「荒川」、区内は「新中川」が流れていて、また区内には公園も多くある「水と緑に囲まれた区」です。

2万3000人ほどの日本に住むインド人のうちの3割が東京都に住んでいますが、東京都に住むインド人のほとんどが江戸川区に住んでいます。

1990年ごろまで江戸川区内のインド人は100人にも満たなかったのですが、2000年問題のために多くのインド人が来日した際、多数のインド人が江戸川区に住むようになったため、いっきに増加しました。

小松菜は江戸川区が発祥の地で、現在の江戸川区小松川で将軍の徳川吉宗が鷹狩をした際、名が無かった菜が入った味噌汁を食し、その菜を「小松菜」と命名したと言われています。

そのため小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られていますし、「小松菜アイス」「小松菜そば」などのご当地グルメもあります。また、朝顔の栽培が盛んな土地でもあり、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔です。

2002年4月に、臨海町に日本私立学校振興・共済事業団東京臨海病院が開設されるまで区内には大きな病院がなかったため、救急搬送される際は、都県境を超えて浦安市にある順天堂大学医学部附属浦安病院や、市川市にある東京歯科大学市川総合病院などに搬送されていました。

掲載サイト一覧