【体位ドレナージ】

1.体位ドレナージの目的 痰などの気道分泌物が貯留する患者さんに一定の体位をとってもらい、重力を利用して分泌物の貯留した肺区域から中枢気道へ分泌物を誘導・排出すること。 また、体位ドレナージは単独で使用されることは少なく […]

続きを読む »

【創傷処置】

1.目的 創傷の感染を予防し、早期の治癒促進を図る。 そのために、清潔・不潔領域と無菌操作の基本を理解し、創傷の早期治癒を目指す。 2.創傷の治癒過程 損傷を受けた皮膚は、止血機構により障害された部位からの出血が止まる。 […]

続きを読む »

【輸血時の手順と観察のポイント】

1.目的 血液成分の欠乏・機能不全により臨床上問題となる症状が出現したとき、血液を補充することで不足した成分・機能を補う。 2.血液製剤の種類 全血製剤 血液成分をすべて含んだもの 成分製剤 血液を遠心分離して成分ごとに […]

続きを読む »

【血液培養時の手順と介助】

1.血液培養検査とは 採取した血液を培養し、感染を引き起こす微生物(細菌など)が血液中に侵入しているか どうかを調べる検査である。 2.目的 1.感染症の原因菌を調べる 2.検査結果により、効果のある抗菌薬を選択して治療 […]

続きを読む »

廃用症候群予防

廃用症候群とは 廃用症候群とは、寝たきりや運動不足などによって起こる心身の障害の総称です。身体的各種機能低下、意欲低下や自己評価の低下などが生じます。 廃用症候群による障害はそのまま放置すれば時間経過とともに拡大し、リハ […]

続きを読む »

関節可動域訓練

関節可動域訓練とは 関節可動域訓練とは、関節の拘縮を予防し正常な関節可動域に近づけ、維持するために、可動域いっぱいに関節を動かす運動療法のことです。 関節可動域訓練には、他者の力で動かす他動運動、自分の健側肢や他人の力を […]

続きを読む »

異常バイタルサイン報告のコツ

バイタルサインとは バイタルサインとは、生命徴候ともいい、人の生命に関わる情報を発するサインとなります。生きているという証拠でもあり、体温があり、心臓が鼓動し、呼吸を行い、 血圧が測れる状態をいいます。この他にも、意識が […]

続きを読む »

水分出納チェックが重要な理由と水分出納チェックからわかること

人間の体内は、70%が水分と言われています。丁度いい人体の水分量であり、これが大きく狂うと、身体、臓器の活動が上手くいかず、諸症状や疾患の原因となります。 IN‐OUTのチェックとは IN‐OUTのチェックを行うとは水分 […]

続きを読む »

胸部・腹部の聴診からわかること

聴診とは 聴診器を用い、身体の内部を観察することが聴診と言います。 集音部(患者さんにあてる側)は、ベル型と膜型があり、ベル型は低音、膜型は高音の集音に適しています。呼吸音、心音、腹部音の聴取が出来ます。正常な音やリズム […]

続きを読む »

発熱・熱型の見分け方 (考えられる疾患)

発熱とは 発熱とは、体温調節中枢である視床下部の体温調整設定が高く行われているために、体温の上昇を認める状態で、その裏には、感染症や身体の異常、保温のしすぎによるこもり熱などがあります。 通常、腋下にて計測することが多く […]

続きを読む »

脈拍触診でフィジカルアセスメントに活かそう!

脈拍のリズムや回数は、その時々の状況や背景により変動が激しいものです。正確に測定するには安静下という条件が必要です。対象者の状況を把握したうえで測定し、正しい情報からのアセスメントが必要です。不正が生じた際の状況はどうな […]

続きを読む »

酸素吸入療法

目的 動脈血の酸素化を図り、末梢の組織細胞に十分な酸素を配給します。低酸素血症の改善・予防を行います。 換気仕事量・心筋仕事量の軽減に有効です。 適応 動脈血ガス分析で低酸素血症となった場合 心不全・ショック状態により全 […]

続きを読む »

針刺し事故の対処法と予防策

針刺し事故とは 医療従事者が使用後の注射針や縫合針、メス等で損傷することを言います。 臨床の場では、リキャップ中に起こることが多いです。 全体では、手術中に多く発生しています。またその多くがインシュリン注射時という統計が […]

続きを読む »

胃洗浄

胃洗浄の目的 薬物や毒物中毒・誤飲の救急処置 止血 胃の中の不消化物・腐敗物の除去 内視鏡や切開などの検査・手術の前処置 胃洗浄に必要な物品 1.胃洗浄トレイ 胃管9~12号(先端が丸くなっており、45・50・55cmの […]

続きを読む »

意識障害の評価方法 JCSとGCSの違いと特徴

意識障害の評価方法と目的 意識障害の評価には二つの方法があります。 一つは日本国内で一番普及しているジャパン・コーマ・スケールです。 別名3-3-9度方式と呼ばれ、多くの医療現場で利用されています。 もう一つは英国で、頭 […]

続きを読む »

ネブライザの実施

一般にネブライザとは墳霧器または吸入器の事です。 病院内で良く用いられているネブライザにはジェットネブライザと超音波ネブライザがあります。一般的な超音波ネブライザについて述べます。 目的 気道の清浄化 絨毛運動の促進 換 […]

続きを読む »

ガウンテクニック

準備するもの ガウン、マスク、帽子 厚地木綿のものよりも不織布やプラスチックなど空気を通さないものが適しています。 必要時シューズカバー・ゴーグルを用いる場合があります。 目的 患者の血液や体液による汚染から自らを保護す […]

続きを読む »

脱水・食欲不振の観察とアセスメントのポイント

脱水とは 脱水とは体内の水分量が不十分で、細胞内液と細胞外液で構成される体液が減少する状態です。脱水が起こるしくみは水分喪失量が水分摂取量を上回ることであり、その原因としては水分摂取の不足または水分喪失の過剰のどちらかで […]

続きを読む »

褥瘡の予防

褥瘡 褥瘡とは長時間同じ体勢で寝たきりや座位になっていた場合、身体と身体を支える面(ベッドなど)との接触部分の皮膚が血行不全となり、周辺組織に壊死を起こし発生するものです。一般的には床ずれと呼ばれています。 褥瘡が発生し […]

続きを読む »

痰の性状と疾患

喀痰 喀痰とは粘膜から分泌される粘液が異物を巻き込み作られもので、咽頭から排出される塊です。 通常は粘液は自然に排出されますが、何らかの異常により粘液が過剰に分泌されて排出できず、塊となって咽頭より出てくるものです。喀痰 […]

続きを読む »

掲載サイト一覧