妊娠し看護師を退職 専業主婦に専念しながら復職準備中

看護師の単発バイトをしながら子育てをしていた時期 看護の臨床を離れて3年近くがたち、子どもも2歳になりました。臨床経験が乏しい状況で退職してしまったため出来るだけブランクを空けたくないという焦りがある一方、第二子を希望し […]

続きを読む »

短下肢装具と長下肢装具の違いと装着時の注意点

短下肢装具 短下肢装具には、外傷系と麻痺系の二種類があります。 外傷系 外傷系は下腿(膝から足先にかけて)の症状に対し適応され、外傷による下腿骨骨折に対するPTB免荷装具やアキレス腱断裂に対するアキレス腱ブーツ、足関節の […]

続きを読む »

体圧分散用具の種類と用途・使い分け

体圧分散用具について 高齢者の増加傾向にある現代社会において寝たきりの方も多く、体圧分散用具は必要なものとして病院や福祉施設など様々な機関で使用されています。床ずれを予防するために患者さんの状態にあった体圧分散用具を使用 […]

続きを読む »

栄養管理(栄養剤)注入食の種類と特徴

栄養管理(栄養剤)注入食の目的と適用となる疾患 栄養管理(栄養剤)注入食は口からの栄養摂取が出来なかったり、著しく困難だったりする方が栄養療法の手法として使用されます。また栄養管理を正しくおこなうことで疾患の合併症を低減 […]

続きを読む »

医療現場で使われる皮膚洗浄剤(スキンケア用品)の種類と用途

医療現場で使われるスキンケア用品 医療の現場で使用されるスキンケア用品には洗浄剤や保湿剤、保護剤など多種多様の商品があります。 皮膚洗浄剤 界面活性剤や主な成分によって分類されており、一般的に使われている石鹸はアルカリ性 […]

続きを読む »

医療現場 消毒薬の種類と用法

医療機関で使用する消毒薬の特徴 医療機関で使用する消毒薬は、大きく二種類に分けられます。 低水準消毒薬 結核菌などの抵抗性をもつ菌や消毒薬に耐性をもつ一部の菌以外の微生物を殺滅する 中水準消毒薬 芽胞以外のすべての微生物 […]

続きを読む »

医療器具や手術器具の名前と用途

看護師の役割 看護師の役割は、原則医師の指示のもとに医療・看護業務を行うことですが、その内容は多岐にわたっています。具体的な内容は以下の通りです。 診療の補助 点滴 注射 食事・排せつの補助 バイタルチェック(体温、脈拍 […]

続きを読む »

アルコール綿(消毒綿)の種類と管理・使用期限(パッケージ商品と万能壺で作成の違い)

アルコール綿(消毒綿)とは アルコール綿(消毒綿)は1880年にイギリスの医師が病院で医療用として使用したのが初めてで、日本では脱脂綿が用いられた時期は明らかではありませんが、明治期の日本薬局方には収載されています。また […]

続きを読む »

妊娠・出産を経て元の職場に復職

妊娠が発覚してからの看護師業務 私はリハビリ病棟で勤務していました。看護師歴3年目で結婚し、そしてすぐに妊娠しました。上司への報告は、安定期に入ってからにしようか、妊娠が分かってすぐに言おうか悩みました。 病棟勤務で夜勤 […]

続きを読む »

新卒でICU病棟に配属。なれない業務で苦戦する日々

看護師資格取得後、ICU病棟へ配属 私は看護師資格取得後、新卒でICU病棟へ配属され勤務していました。重症患者さんばかりのため侵襲の多い処置をベッド上で行う事も多く、指示変更やバイタルチェックなども頻繁にある状況でした。 […]

続きを読む »

糖尿病の薬

膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるインスリンは、肝臓や筋肉、脂肪組織などに働き、グリコーゲン合成の促進や糖新生の抑制、糖の細胞内への取り込み促進などを介して血糖値を下げる働きをもちます。 糖尿病は、このインスリン […]

続きを読む »

抗生物質、抗ウイルス薬

細菌、ウイルスおよび真菌などの感染による疾患を感染症といいます。細菌やウイルスが感染すると、生体はこれらの増殖を抑えるため体温を上昇させ、その結果として発熱や炎症などの症状を示します。感染症を治療するためには、まず細菌や […]

続きを読む »

経腸栄養剤と静脈栄養剤の違い

栄養補給法 水分、電解質や栄養素などを補給するものとして、栄養剤があり、経腸栄養剤と静脈栄養剤に分けられます。経腸栄養剤には食品に分類されるものと医薬品に分類されるものがあります。 経腸栄養剤 経腸栄養剤とは、消化管機能 […]

続きを読む »

心電図

心電図、胸部X線、心エコーは、いずれも循環器の診断、治療のみならず、循環器疾患のスクリーニングとしても必須の検査です。これらの検査は非侵襲的で簡便であるため、病院ではもちろん、診療所レベルの小さな施設でも容易に施行できま […]

続きを読む »

筋肉内注射法

筋肉注射とは 筋肉注射は筋肉内に薬剤を注入する方法で、注射部位は三角筋前半部、大腿前外側中央部、中臀筋です。 三角筋絵前半部とは、肩峰先端から3横指下の三角筋の部分です。大腿前外側中央部とは、大腿外側の大転子部と膝骸骨中 […]

続きを読む »

皮下注射法

皮下注射法とは 薬剤を皮内に注入する注射で、注射部位は、上腕外側部と大腿外側部であり、この部分に約30度の角度で針を刺します。上腕外側部とは肘頭と肩峰を結ぶ上腕後面正中線上の肘頭より1/3上の点、もしくは、三角筋部の肩峰 […]

続きを読む »

皮内注射法

皮内注射法とは 皮内注射は表皮と真皮の間に薬液を注入する方法であり、注射部位は皮膚が柔らかく、血管や神経の少ない前腕内側上から1/3付近が選択されることが多いです。皮内注射は抗原抗体反応、薬剤過剰反応の確認、吸収を遅くし […]

続きを読む »

静脈内注射法及び点滴静脈内注射法

静脈内注射法及び点滴静脈内注射法とは 注射部位は、静脈であり、主に肘正中皮静脈、尺側皮静脈、背側中手静脈、前腕正中皮静脈などが使われます。直接注射器(シリンジ)で静脈に入れる方法(ワンショット)とゆっくり持続的に投与する […]

続きを読む »

注射法

注射法の共通事項 適用:注射とは注射器具を用いて、直接薬液を皮内や皮下、筋肉や血管内に薬液を注入する方法です。消化管を経ずに全身に作用するので、薬物の即効性や正確な血中濃度を期待する場合に用います。また、消化管系に問題が […]

続きを読む »

経鼻栄養チューブ(胃管)の挿入

経鼻栄養とは 経鼻栄養とは、鼻腔から胃までチューブを挿入し栄養を送ることで、胃や腸からの吸収によって必要な栄養分を補給するものです。経口摂取が困難な場合の栄養法として広く用いられており、静脈栄養に比べ管理がしやすいのが特 […]

続きを読む »

掲載サイト一覧