看護師の転職希望者が多いCRC  治験の流れと関係者への説明会

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

治験業界の現状

看護師がスキルアップをする手段の一つとして、治験コーディネーターへの転職があります。CRCともよばれるこの職業は、新薬の安全性と有効性が承認されるための重要なプロセスである治験が、適正かつ円滑に実施されることを目的にあらゆる調整を行う専門職として、近年その需要が急速に高まっています。

我が国の製薬業界では、後発医薬品の推奨によるジェネリック医薬品メーカーの台頭、外資系製薬企業の相次ぐ参入などを背景に、新薬開発競争が一段と激しさを増している現状にあります。

製薬メーカーは、治験関連業務を医薬品開発支援企業への外部委託とすることで経営効率の向上を図り、委託された企業は増え続ける受注案件に対応すべく、CRCの役割を果たせる人材の確保が急務となっているのです。

治験の流れとCRC(治験コーディネーター)の役割

治験コーディネーターは、被験者や担当医師への対応と各関連部門への連絡・調整を行うことが主な仕事となります。治験開始前にはまず、製薬メーカー側が開催する勉強会に出席して治験薬や治験実施計画書についての詳しい説明を受けます。

それに基づいてミーティング資料を作成し、治験に直接携わる各部署の関係者に対して説明会を実施します。治験を実施するに相応しい被験者を探すための調査、治験のメリットもデメリットも説明したうえでのインフォームドコンセントやスケジュール管理など、被験者とのコミュニケーションはCRC(治験コーディネーター)の中心業務となります。

最後に、治験のデータ全てを症例報告書にまとめることで業務は終了となりますが、英語による報告書の作成が必要になる場合もあり、CRC(治験コーディネーター)は、果たすべき役割が多いうえ多彩な能力が求められる職業でもあります。

様々なCRC(治験コーディネーター)研修

看護師や薬剤師・臨床検査技師など医療系の資格を保有している人であれば、治験に関して全くの未経験者であってもCRC(治験コーディネーター)として働き始めることは可能です。治験関連企業では、人材育成も視野に入れた積極的な採用を行っており、特に臨床経験のなかで培われた看護師のコミュニケーションスキルには、大きな注目が集まっています。

薬剤師などに比べれば当然薬学に関する知識が不足しているという部分は否定できませんが、CRC(治験コーディネーター)養成セミナーに参加することで必要な知識の習得や学ぶべき課題を知ることができます。

導入研修や基礎研修などの社内研修はもちろん、学会が主催する外部講習会への参加を促すなど、治験に欠かすことのできないCRC(治験コーディネーター)育成のため、各社様々な研修会を実施しています。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧