妊娠後の看護師の配置換えや部署移動

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

女性看護師と妊娠

2002年3月から「保健婦助産婦看護婦法」という法律の名称が「保健師助産師看護師法」に改正され、男性の看護師もかなり増えてきましたが、それでも現場ではまだまだ女性看護師の方が圧倒的に多いというのが実情です。

女性の多い職場とはいえ、看護師の仕事は夜勤が多いというのが大きな特徴となっており、病棟勤務の看護師の場合、月に4~6回程度は深夜から早朝までの夜勤勤務をこなさなければなりません。仕事と家庭を両立させてがんばっている女性看護師が何といっても困るのは、やはり妊娠期間です。

いったん出産してしまえば長期の育児休暇を取ることのできる職場もありますが、妊娠中、特に妊娠後期は病院側に事情を話して夜勤をゼロにしてもらうなどの工夫が必要となってきます。

異動願いを出してみる

とはいえ、看護師不足も手伝って猫の手も借りたいほど忙しい病棟勤務の場合、自分だけ夜勤をしないのも気がひけるという場合には、日勤のみの外来勤務に異動願いを出して仕事をする部署を変えてもらうという方法もあります。

外来、あるいは透析センターなども基本的に夜勤はありませんので、可能であれば異動願いを出すのがいちばんですが、病院によっては部署移動や配置換えなどの異動希望は、妊娠だけではまったく受け入れてくれないところが多いのが現実です。外来も透析センターもある大病院に勤めているのに、異動できないと上から言われて泣く泣く退職する看護師もかなり多いと聞きます。

ですから、今後結婚して出産しようと考えている看護師であれば、最初に働き場所を探す際に、もし妊娠したら部署異動が可能かどうか、夜勤をいつまでする必要があるかなど、面接の時点ではっきりと聞いておく野も一つの方法です。

妊娠がわかったら早めに上司に伝える

同僚の中にも何人か妊娠のために配置換えをしてもらったという実例のある病院に勤務しているのであれば、妊娠がわかった時点でできるだけ早く上司にその旨を伝えることをおすすめします。

勤務変更といっても他の看護師との兼ね合いがあるため、そうそうすぐに夜勤を減らしたりすることはできませんが、早いタイミングで「妊娠したので夜勤を減らして(あるいはゼロにして)ほしい」という希望を伝えておけば、できるだけの配慮はしてくれるはずです。

これから転職をして、その後に妊娠をと考えているのであれば、実際に働きながらスムーズに妊娠・出産をした経験を持つ看護師が多数働いている医療機関を選ぶのがベストです。面接の際にも、「今後妊娠を希望しています」とはっきり伝えておけば、後々トラブルに見舞われなくて済みます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧