第二新卒の看護師は転職が難しい?求人の探し方と求人事情

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「第二新卒歓迎の職場ってあるの?」 「臨床経験は少ないけれど、看護師として働きたい」

スキルに自信のない第二新卒は、転職が本当にできるのか?不安になることは多くあるかと思います。

この記事では、第二新卒の転職事情や求人探しのコツを紹介します。

第二新卒看護師の求人事情の実際

「第二新卒」とは、新卒で就職後3年以内に退職した人のことを指す言葉です。そんな第二新卒が退職理由として挙げるのは、おもに次のようなものです。

  • 「職場の人間関係が悪かった」
  • 「仕事内容が自分に合っていなかった」
  • 「結婚や妊娠をきっかけに」
  • 「忙しすぎて体調を崩した」

第二新卒の看護師さんが辞める理由としては、いかにもアリそうな理由で納得できますね。

では、どのくらいの看護師さんたちが早い段階で辞職してしまっているのでしょうか?

日本看護協会の調査によると、2015年度の新卒看護職員の離職率は全国平均で7.8%、東京都は9.9%という高い水準が出ています。8~9人に1人は新卒で辞めているということですね。

地域 離職率
全国 7.8%
東京都 9.9%

それでは、第二新卒の求人事情はどうなっているのでしょうか?残念ながら、第二新卒を指定して募集している求人はあまりありません。

ただ、「未経験歓迎」「第二新卒歓迎」「新卒歓迎」などの記載のある求人は多く見つかります。

つまり第二新卒であっても、看護師として活躍できるチャンスは十分あるのです。詳しく見ていきましょう。

第二新卒の看護師が採用されるチャンスはある

第二新卒看護師の面接

まずは転職市場における第二新卒看護師の一般的なポジションを見てみましょう。

第二新卒の看護師は転職市場においては有利なポイントが多くみられます

以下は有利に働きやすいポイントです。

  • 看護師の資格を持っている(一般的な第二新卒に比べて専門知識と資格がある)
  • 新人のように細かく指導しなくても良い
  • 社会人経験がある(社会人としてのマナーや常識がある)
  • 若さや体力、柔軟性という潜在的なポテンシャルは大きい

浅いながらも社会人としての常識や経験があり、将来的に伸びるポテンシャルが高い。つまり第二新卒の看護師は転職にプラスとなる要素が多い面もあるのです。

一方で、まだ即戦力となるほどの十分な経験は積んでいません。それが転職時にマイナスになりやすいポイントです。

つまり、第二新卒看護師は多少のサポートは必要であっても、自ら学ぶ姿勢があれば大きく伸びる可能性を秘めた人材として捉えられることもあるわけです。

転職する本人にその自負があるなら、「第二新卒は新卒よりも中途半端な立場だから転職は難しいのでは…?」と不安になる必要はありません。

ある意味においては、雇用側のニーズに合う人材なのですから、第二新卒の看護師が転職できる機会は沢山あります。

ただし、求人の探し方にはコツがあるんです

次の章で、具体的な仕事の探し方をご紹介していきます。

第二新卒向け看護師求人の探し方

第二新卒看護師に向いている職場

第二新卒が職場を探すには3つのポイントがあります。

まず1つ目は、第二新卒に向いている求人を知ること、2つ目は理想の働き方を自分で考え把握しておくこと、そして3つ目は理想の働き方を実現できる職場探しをサポートしてくれるよい転職コンサルを見つけることです。

1.第二新卒に向いている職場とは?

転職しようかな…と思った時に「看護師 第二新卒」というキーワードで求人を探したことはりませんか?

実は、その探し方で見つかる求人情報はごく一部でしかありません。

また、転職サイトで「第二新卒」の求人を探そうとしても、その条件で絞り込めるサイトはほとんどありません。

なぜなら「第二新卒」という条件で募集している求人はほとんどないからです。

そこで、穴となるキーワードは、次の4つです。

これらのワードなら、近い条件なので、第二新卒がOKである可能性は大きく高まります。

また、これらの条件で募集している求人は数も多いため、「第二新卒」というキーワードで探すよりも選択肢が増えます。

求人情報を探す時には以下の条件で絞り込んでみましょう。

  • 未経験OK
  • 新卒OK
  • 復職
  • ブランクあり
  • 同時に、こうした条件の求人は、未経験者や復職者向けのプリセプター制度や研修が手厚く、学びながら働きやすい環境が整っているところが多いのです。

    特にこれから開業する病院やクリニックであれば採用人数も多いため、幅広い条件の求人が見つかりやすいはずなので、チェックすることをオススメします。

    未経験者や長いブランク明けの看護師に比べれば、第二新卒は経験値という点でも有利です。

    採用される可能性が高いので自信を持って活動に取り組みましょう。

    やみくもに転職先を探すのではなく、採用側の特徴やニーズを見極めて第二新卒に向いている求人条件を知ったうえで応募するというのが転職成功への近道です。

    2.理想の働き方を考えておく

    自分の理想の働き方を知っておくことは極めて重要です。

    何故なら、それは、自分の理想の職場を探す第一歩となるからです。

    では早速、自分の理想とする働き方について考えてみましょう。

  • a.キャリアアップしたい
  • b.規則正しい生活を送りたい
  • c.仕事と子育てを両立したい
  • キャリアアップしたい方

    キャリアアップしたい方は、何よりスキルの習得が大切。

    スキルを身につけたいなら、何よりも臨床で働くことを考えたいところです。

    なかでも実務経験に自信がない方は、教育制度や研修制度が整った医療機関がオススメです。

    また目指したい看護分野が決まっている場合は、希望の分野で働けるかどうかチェックすることも大切です。

    規則正しい生活を送りたい方

    プライベートを充実させたい、なるべく定時で帰りたいという方には地域医療の現場であるクリニック勤務がオススメ

    アットホームな環境で看護を提供できます。

    ただし、クリニックは即戦力の人材が求められることが多いため、第二新卒OKの求人であってもどの程度の経験が必要なのか確認しておく必要があります。

    第二新卒でクリニックに転職するよりもスキル向上ができる教育体制が整った大規模病院で経験を積んでから、クリニックに転身する方法の方が自らの看護師としての実力は磨かれることもしっかり頭に止めておくと良いと思います。

    仕事と子育てを両立したい方

    仕事と育児を両立させたい方は、院内保育所などの子育てサポート制度の有無はチェックポイントのひとつです。

    病院によっては、夜勤に対応した24時間体制の保育所を設置したり、託児所の費用を一部負担するといった制度を設けているところもあります。

    以上の通り、「働き方の理想」によって、応募すべき求人も変わってきます。

    なかにはインターンシップができる施設もあります。

    実際に働いてみて、施設の雰囲気や環境などを確かめてからの入職は、ミスマッチが生じにくい最も安心できる転職方法かもしれませんね。

    3.第二新卒の求人探しをサポートしてくれる転職コンサルを!!

    やはり転職コンサルの力が早いとおもいます。

    そのためには、転職サイトに登録する必要が出てきます。

    ここでは転職コンサルに代わり、いくつかの質問に答えてみましょう。

    第二新卒看護師の転職でよくある疑問を取り上げてみました。

    Q.体調不良で退職したので、またハードな職場で耐えられるかわからない

    A.最初は派遣やパートで始めて様子をみてはどうでしょうか。または、比較的業務量の少ない外来を選ぶというのもありです。

    看護師の仕事は激務であることが多く、前職の退職理由が激務によるものであれば、また忙しい職場に転職しても体調を崩してしまったり、すぐに退職することになりかねません。

    無理せずに、自分のペースで勤められる仕事を探しましょう。

    Q.精神科で働きたいという思いがあるが、第二新卒で経験が少ないと厳しい?

    A.精神科の看護師は、専門性の高い仕事なので、経験の浅い第二新卒では転職が難しい印象がありますが、経験の浅い看護師でも精神科に転職しているケースも多くあります

    ただ、患者さんの特性上、医療行為をする機会は限られていますし、専門性が高いために他の科でも使えるような技術を身に着けるのは難しいです。

    まずは看護師としてのベーシックスキルを身に着けたいと考えるのであれば、最終ゴールを精神科として、そのためのステップとして次の転職先は精神科以外で選んでみてはどうでしょうか。

    また、精神科でも大病院であれば最新の医療技術に触れる機会は多いので、転職先の候補として考えてみるのは良いでしょう。

    このようにいくつか回答しましたが、やはり転職サイトの転職コンサルにサポートをしてもらいながら、職場を見つけるのがベストです。

    第二新卒看護師の転職にピッタリの求人が多い看護師求人サイト

    転職サイトなら第二新卒看護師の転職実績も豊富

    どのような働き方をしたいか考えがまとまったら、実際に求人を探しましょう。

    求人情報誌や病院のWEBサイトなど、求人を探す方法はいくつかありますが、ピンとくる職場が見つからないこともありますよね。

    第二新卒が転職先を探す際は、看護師専門の転職サイトを利用するのがオススメです。

    無料登録を済ませれば、あなた専任の転職コンサルタントから仕事を紹介してもらえたり、転職にまつわる相談に乗ってもらえたりといろいろなサービスを利用できます

    理想の働き方も、今後のキャリアについての相談も、遠慮なくコンサルタントに相談してみましょう。

    多くの第二新卒の看護師を転職させてきた実績をもつ転職サイトであれば、前職で人間関係に悩んだ方には人間関係がよい職場を、激務でつらい思いをした方には適切な業務量の職場を、というように求職者一人ひとりに合わせて職場を紹介してくれます

    上手く利用すれば「次の転職は成功させたい」「スキルに自信はないけれど働きたい」と考える第二新卒にとって、転職サイトは心強い味方です。後悔しない転職のために、ぜひ利用してみてくださいね。

    転職サイトで第二新卒向け求人情報を探してみた

    実際に転職サイトでどのような求人情報が見つかるでしょうか?

    看護roo!で東京都の正看護師をブランク・未経験OKの条件で探したところ、公開求人だけでも200件以上の求人が見つかりましたよ。(2017年12月現在)

    ▼東京都、総合病院 ICUでの看護業務(常勤)の募集例
    勤務時間【2交替制】日勤-8:30~17:00
    夜勤-16:30~09:00
    月給30万円~
    年収460万円~
    昇給・賞与昇給:年1回、賞与:年2回(実績4.6ヶ月)
    福利厚生寮、24時間託児所、職員食堂あり、教育精度充実、認定取得支援あり

    第二新卒看護師におすすめの転職サイトはこちら

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師

    東京・大阪・札幌 各地の第二新卒看護師の転職事情

    第二新卒の転職事情は、地域によっても異なります。

    ここでは東京・大阪・札幌の都市部にスポットを当てて紹介します。

    転職先が東京の場合

    多くの医療機関が集まる東京都は、大規模病院、クリニックともに第二新卒歓迎の求人が多くあります。

    スキルに自信のない方は、研修制度やプリセプター制度がある職場を選ぶのがオススメ

    こういったフォロー体制は、ある程度の規模の病院でないと整っていないため、クリニックは除いて探した方がよいでしょう。

    転職先が大阪の場合

    大阪府にも第二新卒を受け入れている病院は多数あります。

    なかでも目立つのは特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の求人です。

    急性期の臨床に自信がない方でも、介護系施設であれば比較的ゆったり看護業務と向き合えるでしょう。

    地域柄アットホームな施設が多く、患者からの相談も多い傾向にあります。

    そのため、対人スキルも求められるでしょう。

    転職先が札幌の場合

    北海道にも第二新卒の求人が多く見られます。

    札幌には第二新卒の受け入れに前向きで、指導体制が充実している大規模病院が多くあります

    北海道には高齢者が多い土地柄も影響し、ケアミックス系や特養などの介護関連施設、訪問看護ステーションなどの求人が豊富です。

    急性期医療を学びたい方には向きませんが、経験が浅くても転職しやすいのが利点です。

    このように、看護師の転職事情は地域によっても異なります。

    どの地域のどんな医療機関に転職したいのか、自分のなかで理想を決め、転職サイトのコンサルタントに相談するのがよいでしょう。

    この記事のまとめ
    • 第二新卒でも再就職できる
    • 第二新卒向けの求人を探すには、転職サイトの転職コンサルにサポートをしてもらうと良い

    おすすめの看護師転職サイトTOP5

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師
    4位 医療ワーカー
    5位 ナースではたらこ

    11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

    11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

    ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

    条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

    条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

    • no image0
    • LINEで送る

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの希望の職場はどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧