消化器外科で働く看護師の業務内容

消化器外科で働く看護師の業務内容
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

消化器外科の看護師

消化器外科は消外とも言われ、食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓などを診療、治療する診療科目です。食道がんや胃がんなど消化器系疾患の手術など外科的な治療を行うため、入院患者さん数が多い診療科です。

自覚症状のない患者さんが多い消化器系の疾病では、病状早期発見のためにCTやレントゲン、内視鏡などの最新機器を使った検査がよく行われるという特徴があります。

消化器外科に勤務する看護師は一般的な看護業務の他に医師の指示に従って手術や検査の準備、経過の観察および医師への報告などを行います。また、抗がん剤による化学療法での治療を受けるなどして色々な副作用の影響で苦しんでいる患者さんの経過観察やケアも看護師の大事な役割の一つです。

消化器外科勤務看護師の仕事内容と役割

消化器外科の看護師の仕事内容は一般の看護師と同じ採血や検温、食事や排泄の介助などの一般業務の他に、ドレーンの管理やバイタルの管理、オペ前の患者さんの状態の把握、オペ後の経過観察などがあります。

患者さんの疾患によって異なりますが、痛みの種類や程度、嘔吐や吐血の有無、食事の摂取状況、排泄状況などを観察し、医師へ報告します。医師の指示に従い適切な処置などを行います。

抗がん剤治療や開腹手術などを受けた患者さんやその家族には辛い治療から精神的に不安定になる場合も多いようです。精神的なケアが必要な場合は、不安を取り除いて安心して医療が受けられるように、精神的な面でのサポートをすることもあります。少しでも早く日常生活に戻れるように、看護していくことも大切な役割です。その他にも入院生活や退院後の生活についての患者さん指導も看護師の役割のひとつです。

消化器外科勤務看護師に求められること

消化器外科の診療には様々な分野の医療スタッフとの情報を共有するなどチーム医療が不可欠で、看護師にも高いチームワークが求められます。

また、検査する際に患者さんにわかりやすく検査内容の説明を行うために、高いコミュニケーション能力も求められます。緊急の場合も多いため、迅速な対応や判断力、経験も必要です。消化器外科で治療を行う病気は多岐にわたるため、様々な疾患に関する幅広い知識が求められます。検査や手術も多く行われるため、専門分野でのスキル・技術、そして精神的、身体的な強さも求められます。

消化器系の手術で入院している場合、食事を摂ることができないことからストレスを感じている患者さんも少なくありませんので、そのストレスを少しでも軽減できるよう配慮することを心がける必要もあります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧