健診で働く看護師の仕事内容 移動健診から人間ドックまで

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

健診での看護師の仕事内容

健診クリニックの場合、勤務時間は昼のみとなりますので、看護師の資格はあるけれど、子育ての関係で夜勤のある職場でフルタイム勤務は無理という看護師の方でも無理なく勤務することができます。また、午後のあいた時間に研修を受けることも可能です。

健診クリニックの仕事内容としてはまず採血が挙げられます。ですから、採血が苦手だという人にはあまり向いていないかもしれません。この他に各種検査フォローアップや栄養指導、保健指導のサポートなどが主な業務内容となりますが、たまには内視鏡検査の介助なども頼まれることがあります。

さらに健診クリニックの業務には、データ入力などデータ管理に関する業務も多く、パソコンの基礎的なスキルを求められることもあるようです。

健診の項目

健康診断の項目は対象者の年齢や受診歴などによって違ってきますが、一般的なものは「既往歴・業務歴」「自覚症状・他覚症状」「身長・体重・視力・聴力」「胸部エックス線検査・喀痰検査」「血圧測定」「貧血」「肝機能」「血中脂質検査」「血糖検査」「尿検査」「心電図検査」です。

受診者が女性の場合には「乳房検査」「子宮検査」や検査補助としての「クラミジア検査」などがこれに加わります。海外派遣労働者の場合には「腹部画像検査」「血中の尿酸」「B型肝炎ウィルス」「血液型」「糞便塗沫検査」「予防接種」なども合わせて行われることが多いようです。

また、結核健康診断としては別途「エックス線直接撮影・喀痰検査」「聴診・打診」なども行われます。ただし健診は精密検査ではなく簡単・迅速に大まかな健康状態を判定するものだということを忘れてはいけません。

健診ナースが行う業務の詳細と流れ

健診の際に看護師が行う業務としては、まず検診前に受診者の状態を把握する「問診」があります。問診が終わった後は身長や体重、腹囲などを測る「身体測定」、「視力測定」および「肥満度測定」も健診ナースが行います。

これが終わったらいよいよ「検査」に入ります。「心電図」「眼底」「眼圧」「レントゲン」「血圧」「検尿」などの検査は医師が行う他、看護師が医師の指示に従ってサポートを行うことになっています。また、「採血(生化学・血清)」も健診の大切な業務のひとつとなっていますので、採血・注射の得意な看護師が健診ナースには理想的です。

健診では1日で多数の受診者に対応することが多いので、採血・注射スキルを磨きたい人が挑戦するのにも格好の場と言えるかもしれません。

健診ナースがかかわる様々な検査

クリニックによっては「胃カメラ」や「エコー」「大腸ファイバー」などといったやや専門的な検査も健診の一環として組み入れているところがあり、看護師がその介助をしなければならないこともあります。未経験の人でも懇切丁寧に指導をしてくれる医療機関も多いので、面接の際に「できること」と「できないこと」を正直に伝えておいたほうがいいかと思います。

先輩看護師などが微に入り細に入り説明や指導をしてくれるはずですから、前向きな姿勢で仕事に臨みたいものです。逆に言えば、健診アルバイトで今までに経験しなかった業務内容を学び、将来常勤看護師として勤務するときの糧とすることもできるわけです。

看護師の勤務場所や勤務形態・内容は非常に多岐にわたりますが、どんな状況でも対応できるように日頃から訓練しておきたいものです。

XMLと健診データ

現在、特定健診や特定保健指導の電子化されたファイルは「XML」という形式で記述する規格となっていますので、健診クリニックへの転職を考えているのであればこのXMLについて少し勉強しておいた方がいいかもしれません。

XMLとはExtensible Markup Languageの略語で、日本語では「拡張可能なマーク付け言語」などと訳されることもあるようです。XMLデータファイルは国が定めている標準的なデータファイルとしての仕様となっており健診関連データにも利用されているようです。標準的なデータ仕様については厚生労働省のホームページでも紹介されています。

これまでに病院の健診に関わる部署で業務を行ったことがあれば、健診クリニックでの業務内容もすぐに把握できると思います。未経験の場合はなれるまでに少し時間が必要ですが、あまり気にすることはないと思います。臨床経験がない未経験の看護師の場合は採血できないため、即戦力となれず難しいかもしれません。

移動健診や人間ドックの業務

学校の移動健診などといった単発の仕事では、持ち込まれた問診票のデータ収集やその統計・分析を行う作業が任されることもありますので、綿密な作業が得意な人にはおすすめです。健診の仕事は病気の一次予防として大切で、病院勤務と異なるやりがいを感じられる仕事です。

人間ドックを行っているクリニックでは申し込みの受付や検査の流れの説明、レセプト、報告書・レポート作成などの業務スキルを求められることもあります。健診クリニックのなかにはマニュアルを用いた院内研修を行っているところも少なくなく、働きながら健診に関するスキルを高めることができるというメリットがあります。

現在、健診受診率は低い傾向にあり、未受診者も多いという現状ですが、今後は国も健診に力を入れていく体制にありますので、健診スキルに長けた看護師の需要も増えていくはずです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧