小児科看護師求人の80%は非公開?!転職を成功させる5つの方法とは?

小児科 看護師
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

子どもが好き!」「病気と闘う子どもの支えになりたい!」というやりがいがある一方で、小児科だからこそ辛い部分もあるようです。

人気が高い小児科の看護師の役割や仕事内容、求人の探し方まで徹底解説します。

小児科看護師は辛い?辞めたいと思う瞬間

希望者が多く、人気の小児科看護師。

やりがいがあり、子供に癒されることも多い小児科看護師ですが、一方でその専門性の高さや小児科独特の仕事の難しさに、辛さを感じ、辞めたいと思ってしまうことも少なくない分野となっています。

どういったことに、小児科看護師は辛いと感じたり、辞めたいと思ってしまうのでしょうか?

小児科看護師が特に辛いと感じる部分や、デメリットについて、ご紹介していきましょう。

小児科看護師の辛い部分

小児科看護師を希望する方は、基本的に子供が大好きな方です。

それ故に、大人でも辛い治療や医療的処置に耐えている子供を見ると、看護師として以前に、見ていて自分も辛くなってしまう、ということがよくあります。

看護師として頑張らないと、と思うのですが、実際に障害を持っている子供やさっきまで元気に遊んでいた子供が急変してしまう状況を見て、「本当に看護師として働けるのだろうか」と看護師としてプレッシャーを感じてしまい、辛くなってしまうのです。

また、小児科の場合は患児以外にもその家族に対しての対応力も重要となっています。

自分の大切な子供が病気やケガで苦しむ姿を見て、家族も動揺し、困惑します。

そのため、看護師として患児以外に家族に対してもフォローが必要となります。

その際、スムーズに対応できる家族ばかりではなく、中には対応が難しい家族もいます。

そうした家族への対応に疲れてしまい、看護師として辛くなってしまう、ということも、小児科では珍しくありません。

小児科看護師を辞めたいと思う時

小児科では基本的に完全看護を行っており、病院側が許可している患児以外の子供は、実母や家族と離れて生活することになります。

そのため、自宅から病院へ生活環境が変わる中、家族とも離れ、看護師が実質母代わりとなって子供のお世話をすることになります。

小児科看護師は、看護の一環として、患児の発達段階に合わせた対応をする必要があります。

しかし、看護師が発達アセスメントした上で行っているお世話の方法が、家族の考えや対応と違ってしまうと、良好な信頼関係が築きにくくなってしまいます。

特に子育て経験がない看護師の場合は、子持ちの看護師に比べて育児経験がない故に、患児の家族とぶつかってしまうことが多く、より対応が難しくなってしまいます。

このように患児への看護以外にこうして患児の家族との対応が難しくなると「小児科看護師を辞めたい」と感じてしまう方が多くなっています。

小児科看護師の役割とそのやりがいについて

小児科で働く看護師は、相手が子どもであり成人の診療とは異なる事情を、良く理解しておく必要があります。

病気で不機嫌になっていたり、病院に恐れを抱いて不安定になっていたりする子どもたちを深く理解できなければ、看護業務が成り立ちません。

感情的になり、病気の子どもやその親に対して威圧的になるようでは、小児科の看護師は務まらないでしょう。

小児科に必要とされる役割やそのやりがいはいつうまれるのでしょうか

小児科看護師の役割

小児科は一般的には0歳児から15歳までという、人間の人生の中でも激変する時代を網羅する診療科です。

大人に近づいている思春期の子どもたちに対しては、寛容性と指導力を発揮するのも小児科看護師の大切な役割といえます。

病気のつらさや痛み、不安から表情を失っていた子どもたちが、笑顔で病院を離れるとき、小児科看護師の大きなやりがいが感じられます。

子ども以上に精神的な重圧に苦しめられていた親から、感謝のことばを受け取ったとき、家族の幸せに貢献する満足感も得られるでしょう。

看護師資格は小児科でも内科でも同じですが、小児科では比較的に多くの病院で医師が注射や点滴、採血といった処置を行っているようです。

本来、看護師が行って良いのは採血で、注射や点滴は医師の指示による場合のみ許可されています。小児の場合、血管が非常に細く、また処置に対しての急変もありえます。

何らかの問題が起こった際の責任を踏まえて、医師が担当する病院が多いと考えられるでしょう。

また処置の際に、子どもが看護師を怖がってしまうと、その後の治療がやりづらくなることも考えられます。

しかしどれほど細く、探しづらい子どもの血管に対しても、的確に処置ができる技能を得ている小児看護師も存在します。

そうした高いスキルを身につけられれば、どの診療科に行っても重宝されることは間違いありません。

繊細な患者を扱う小児科だからこそ、工夫や気遣いが必要になります。

小児科看護師としてのやりがいに加え、他所では得られないスキルを獲得できます。

小児科看護師求人の80%は非公開?情報を得るには

小児科のように募集が少ない人気求人は、非公開求人として扱われるケースがほとんどです。一般に公開されている小児科求人は全体の20~30%とも言われています。

非公開求人の中には、勤務地が徒歩圏内・院内に保育園 や託児所があるなど、好条件の求人が多くあります。

このような人気求人を希望している方は、できるだけ多くの非公開求人を得ようと複数の看護師専門の転職サイトに登録しています。

ですから、求人情報が公開される前に決まっていってしまうのです。表面に出ている小児科求人は全体の20~30%とも言われています。

中には年に1度の4月入職以外は採用しない医療機関もありますので、看護師専門転職サイトに登録して専任のコンサルタントに採用情報を教えてもらいましょう。

小児科看護師は人気求人なうえに離職率が低い

また、小児科への転職の特徴として「離職率の低さ」があります。

小児科を希望する看護師や准看護師は、できればずっと小児科で看護を続けたいと考えている方も多いため、結婚や出産後も続けていくことが多く離職する看護師が少ないのです。

特に、こども医療センターのように専門に特化しているところでは、退職する方も少なく希望者は多いため競争倍率はとても高くなります。

小児科看護師の求人募集がなければ逆指名も

小児科は離職率が低く、さらに小児科そのものが減少傾向にあるので、他科に比べて転職が難しい状況にあります。

とはいえ、待っているだけでは希望の病院に転職することはできません。そこで活用したいのが転職サイトが行っている。「逆指名制度」です。

これは希望する医療法人や医療機関を逆指名できる制度があります。求人募集を行っていない医療機関に、採用の検討を持ちかけたり、求人状況を確認してくれるところもあります。

求人情報を待っているだけではなく、どうしても小児科で働きたいという意欲を逆指名制度で伝えてください。

小児科看護師への転職。プロが教える5つのポイント

コンサルタントからアドバイス!小児科への転職ポイント

コンサルタントの目から見た小児科への転職についてポイントをまとめてみました。

①小児科経験者が優遇される

②他の科と比べ小児科経験がないと採用されにくい傾向

③総合病院の小児科で経験を積むと良い

④小児科未経験でこども病院等に転職するのは難しい

⑤競争率がとても高い

同じ小児科でも医療機関によって処置方法や入院患者さんの病状・疾患は大きく異なります。

前職でのやり方にこだわらず割り切ることも大切ですし、転職前の希望内容とのギャップが生まれやすいので、転職先の病院のことはしっかり情報収集しておく必要があります。

各地域のこども病院やこどもセンターなどは、小児科に特化して専門的な治療や取り組みを行っているため、スタッフは小児科でずっと働きたいというナースばかりです。

そのうえ、雇用条件がよく福利厚生も充実していますから辞める方は少なく、一方で希望者は多いので競争率がとても高くなっています。

ですから競争率が高い小児科への転職を希望される方は、まず総合病院の小児科病棟で経験を積んでおくことをおすすめします。

転職先の小児科医もチェックが必要?!

他の科でもいえることですが小児科は特に、在籍している医師により取り組みや治療方針が左右されます。

転職先を決める場合は、勤務している医師のバックボーン(得意な分野や出身大学病院)を見て判断することが重要ですが、求人内容だけではわからないので情報を集めることが大切です。

一人での情報収集には限界がありますから、人気の転職サイトのランキングなどを利用して求人サイトを選び、コンサルタントに相談し、効率よく情報を収集しましょう。

また転職サイトの中には、転職支援金を支給してくれるところもあるので確認してみましょう。

小児科看護師の仕事内容と勤務

小児科看護師の医療行為

小児科看護師のデメリットとしてよくあげられるのが、「他の診療科に比べ、看護師が行える医療処置が少なく、技術が磨けない」ということです。

採血や点滴、注射など、一般の診療科では看護師がメインで行っている処置です。

しかし、小児科の場合、難易度の高さから医師がメインで行うことが多く、看護師が行う場合にはある程度の経験がある看護師のみとなっていることもあります。

看護師として取得したいこれらの技術経験が不足しているため、将来小児科以外に行きたいと思った時に、それらの技術の習得からしなくてはならず、他の看護師に比べ遅れをとってしまうというデメリットがあります。

子供好き故の医療処置への辛さや患児の家族への対応の難しさ、そして医療技術が遅れてしまうというデメリットから、小児科看護師を敬遠してしまうという方もいらっしゃるのが現実となっています。

小児科看護師の勤務形態

大病院の場合は、小児科も他の病棟とあまり違いはありません。

日勤・夜勤の勤務シフトがあります。

小児科クリニックでは病院設備のないところも多く、夜勤や当直はありません。

小児科クリニックでは、お昼休みを長く取って午後の診療開始時間をあえて遅くする傾向があります。

学校から帰ってから通院することへの配慮の他、子どもの発熱が夕方や夜に多いのがその理由とされます。

そのため、他の診療科よりも夜遅くまで開けていたり、残業が発生したりする可能性があります。

大規模な病院の求人は、ほとんどフルタイムの正社員です。

夜勤に対応できる人材が求められます。夜勤専従の看護師の募集は、比較的多くあります。

総合病院などで日勤でのパート看護師の求人を探すのは、シーズンによる繁忙期以外、少し難しいかもしれません。

逆に小児科クリニックの場合では、パート求人も良く見られます。

家庭と両立したい人や、ブランク後の再就職先を探している人でも、応募先に困ることはなさそうです。

小児科看護師の給料

小児科看護師としての給料は、他の診療科と大差はありません

厚生労働省の調査によると、看護師全体の年収は460万~70万円前後で推移しており、労働者全体の年収に比べると、常に10~20万円ほど高く推移しています。

この金額を見ると、看護師の年収はとても良いように感じてしまいます。

しかし、この額はあくまで看護師全体の金額を比較したものであるため、実際の看護師の給料は病院の規模や地域によって大きく変動します。

特に都心の大学病院や大きい総合病院では給料は高めな一方、地方のクリニックなどでは給料は低めという傾向にあります。

そのため、小児科の経験がない中で給料の良い求人を探す場合は、地方ではなく都心に絞って求人を探すと、希望にあった求人が見つけやすくなります。

中には地方でも給与条件の良い小児専門クリニックといった求人はありますが、そういったところでは小児科の勤務経験がないと採用されないというケースもあるため、注意が必要です。

小児科看護師は求人数そのものが少ないため、少ない求人からさらに給料などの条件が良い職場を探すとなると、求められるスキルや知識、経験なども高くなると考えたほうがよいでしょう。

年次や役職で給料はどう変わる?

一般的に初任給は良いけれど、その後の昇給がしにくいとされている看護師。

それは小児科でも例外ではありません

総合病院などでは、「役職についたことで残業代が付かなくなり、夜勤回数も減ったので、給与額が増えるどころかむしろ若干下がった」という意見もあるほどです。

しかし、小児科看護の場合、年次や役職によって確実に昇給が期待できる職場があります。

それは、公立の「こども病院」です。

公立の病院に就職することができれば、身分は公務員となり、規則に従って昇給を見込めます。

公務員の条件下で昇給額が決まるため、長く勤めれば務めるほど、昇給額はUPしますし、役職に就くことでさらに役職手当ももらうことができます。

公立病院では一定の年齢制限を設けているところがほとんどなので、公立のこども病院への転職を希望している場合は、転職サイトなどを活用し、確実な情報を集められることをお勧めします。

小児科看護師になるなら大学病院や総合病院へ!

急性期病院では、内科や外科のみで小児科を開設していない病院が多いようです。

これは先ほども述べたように、小児科医になる医師が少なくなっていることや、夜間の救急に対応できる体制を整えることが難しいためです。

外来には小児科があっても小児科病棟がない病院も多いのです。ですから小児科病棟で勤務したい場合は、総合病院や大学病院へ転職し、小児科への配属を希望することが1番のようです。

小児科の中でもNICUや小児外科など、より専門的な分野を希望する場合も、それらの部門がある大学病院や総合病院に常勤することが重要です。

転職後すぐに、希望通り小児科に配属されるかどうかはわかりませんので、その点も十分考慮が必要です。

もし小児科以外の科に配属されたとしても、そこでの経験は必ず小児科で働くときに生きてきますからあまりあせらなくてもいいかもしれません。

面接時にしっかり自分の希望や志望動機を伝えましょう。

小児科看護師の持っておくと有利な資格

小児科に特化した資格としては、小児看護専門看護師がありますが、こちらは小児看護が3年以上なければ取得できない難関です。

これから小児科への転職を果たしたいという場合には、業務上のより高次な知識として、関連性のある資格が有利に働きます。

例えば「小児アレルギーエデュケーター」は、小児アレルギーに悩む患者と家族に対して、適切なケアのためのアドバイスを行います。

食べ物、有害物質、化学薬品・繊維などあらゆるものがアレルギーの原因とされる現代で、通常の生活が送るのも困難な子どもが増加しています。

専門的な知識をもった看護師ならば、どこの小児科クリニックでも重宝されるでしょう。

3学会合同呼吸療法認定士は、日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会が認定する資格で、保有者は呼吸器療法のスペシャリストとして認められます。

昨今、呼吸法はウィルスや感染症に深く関わっていることがわかってきています。

子どもたちの健康を管理するうえで、親である大人たちを指導・教育していくことが大切です。

小児科は総合的な診療科です。観察力や異変を察知する能力も、現場では役立ちます。

皮膚の状態から様子の変化を見抜いたり、眼球の色から血液異常を察したりできる看護師もいます。

資格だけではなく、これまでの経験値から得た知見をアピールすることで、小児科への転職を有利にするポイントが生まれます。

コンサルタントの対応満足度NO.1 『看護のお仕事』

看護のお仕事

転職が成功すれば転職支援金最大12万円が支給されます。 希望の求人が見つかるまで徹底して探してくれる サポート力と我慢強い交渉力が好評で『サービス満足度』『コンサルタントの対応満足度』『友達に進めたいランキング』で1位に選ばれています。小児科の求人紹介だけでなく今後の働き方の相談もできるので転職サイトの利用が初めての方も安心して利用できます。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧