パート勤務の看護師のボーナス支給は期待できない

パート勤務の看護師のボーナス支給は期待できない
  • no image0
  • LINEで送る

看護師がパートやアルバイトで働くメリット

夜勤が伴う常勤で働くことが困難な子育て中の看護師には、パートやアルバイトで働くという選択肢があります。さらに、看護師資格や准看護師資格または看護師勤務経験を持ちながら現場を離れている潜在看護師にとっても、短時間のパート・アルバイトからであれば、復職を実現しやすいという面もあります。

正規雇用に比べて、収入が低くなる恐れはありますが、たとえ短い時間であっても希望する時間帯での勤務が可能であるということは、看護師転職は大きなメリットとなる場合があります。また、勤務先を総合病院やクリニックに絞るのではなく、大学や企業の中の健康管理室、お悩み相談室、有料老人ホームなどに勤務するという選択肢、あるいは保健センターの保健師という選択肢もあります。

一般的なパート募集やアルバイト募集の求人に比べ、看護師求人情報を見てみると高い時給で働くことのできる職業ということがわかります。ライフスタイルの変化にあわせて、プライベートな時間を確保できるパートやアルバイトの勤務形態は、看護師が看護師であり続けるために必要な働き方であるといえます。

稀少といえるボーナス支給

常勤よりも残業の少ない点がメリットでもあるパート・アルバイトなどの非常勤看護師は、福利厚生の手薄さがデメリットとしてあげられます。有給休暇のない職場では、休めばその分収入を下げることになり、非常勤看護師に賞与(ボーナス)を支給しない職場も多く存在します。

非常勤看護師に対する賞与支給には、在籍期間や個人実績が評価対象となるボーナス査定において、勤務時間・勤務日数についての条件が加わります。条件を満たさない限り賞与を手にすることは難しいということになりますが、同じ職場で働く身でありながら、ボーナス時期に、非常勤で働く自分だけ蚊帳の外という状況にも辛いものがあります。

非常勤者を受け入れる職場のなかにも、たとえ支給額はわずかでも、支給日に寸志ともいえるプチボーナスを手渡すところもあります。大半の職場が正職員の1/10以下の支給額となっているようです。パート・アルバイト勤務をする場合、求人内容をよく確認し非常勤者への賞与支給実績があるなど、常勤者との間で対応にあからさまな差をつけない職場を選ぶことが重要といえます。

パート・アルバイト勤務の活用法

転職候補と考えている勤務先に、正職員として入職する前に、まずはパートとして勤務してみるというのも、人間関係などの内部事情を確認するためには有効といえます。常勤で働いていても満足する給与を得られず、アルバイト収入をプラスしたいと考える看護師もいます。パート看護師の時給が平均的な看護師の時給の相場よりも高く、正職員として採用された場合の給与が低い職場もあります。

正規雇用者のアルバイトを禁止する職場が大半ではありますが、日勤常勤の本来の仕事に、夜勤専従の夜勤バイトを加えるなど、勤務時間に工夫をしながら高収入を得ている看護師がいるのも事実です。

パート・アルバイト勤務は、夏冬年2回のボーナスに期待ができない面はありますが、複数のバイトを組み合わせることで、それに見合うだけの収入を得ることも不可能ではありません。

最近は一般病院などでも正看護師比率を上げるために、日勤勤務だけでも正職員採用可能な職場も増えています。特に、長期間パート勤務をしている看護師の場合は、手際よく業務をこなしていける方が多いので、どんな職場でもとても重宝がられます。ずっとパート勤務を続けるのではなく、賞与が満額支給される正職員として勤務することも検討してもいいかもしれません。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧