オンコール手当など給与水準高め 手術室の看護師の給与と年収 

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

手術室の看護師

病院勤務の中でも、特に手術室勤務は高いスキルや専門知識が求められます。手術室の看護師の業務内容は主に「器械出し」と「外回り」があります。

器械だしとは手術中に医師が使用するメスやペアンなどを渡す業務で、一見簡単そうですが手術によっては数十種類もの器具を使う場合もあり、器具に対する知識は必須です。また、手術で使う器械は手術内容によって異なるため、使用手順などを看護師が把握しておく必要があります。

外回りでは患者の管理や麻酔・直接介助のサポートなどを行います。患者に変わって容態を医師に伝えるのも大事な役割です。その他に手術中の看護記録をとることもあります。手術室の看護師には手術道具を含めた手術に関する知識が必要で、スムーズにオペが進みミスのない安全な手術を行うためにも、手術室の看護師の役割は非常に重要です。

手術室勤務の看護師の給与

オペ室の看護師の給料は、ほかの配属先と同じくらいかやや高めの水準に設定されているようです。

オペ室勤務の看護師には高いスキルや知識が求められ、待機が必要なオンコール勤務がある為、オンコール手当なども支給される事もあり総合的に給与が他部署の看護師より高くなるところも多いようです。

給料の水準は手術件数や勤務体制によってばらつきがあるようです。手術件数が多い場合やオンコールが多い病院では、当然給与はそれなりにアップしますが、手術室の看護師の給料は22万円から35万円が相場とも言われています。

病院によっては看護師不足からオンコールの回数が多かったり、夜勤があったりと、給与などの待遇よりも勤務体制に不満をもつ方も少なくないようです。

手術室勤務の看護師の年収

看護師の平均年収は475万円といわれているなか手術室の看護師の年収は、400万円から500万円が相場となっています。オンコール手当や待機手当、手術手当などの諸手当やボーナス、勤務体制、経験年数によって年収にかなりの幅が生じています。

給与体系は病院によって異なっていますが、勤続年数や手術件数などによって評価してもらえるケースも多いようです。

例えば、千葉県の総合病院のケースでは、経験年数で異なり臨床経験3年で500万円以上、臨床経験5年で550万円、臨床経験10年で年収が600万円を超えています。ボーナスは年2回支給され、昇給が年1回あります。

勤務時間は日勤8:30~17:00、夜勤16:30~9:00の交替勤務、オンコール対応あります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧