医療機関で格差あり 産婦人科の看護師の給料

医療機関で格差あり 産婦人科の看護師の給料
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

産婦人科勤務の看護師

産婦人科では主な仕事として産科と婦人科の診療を行います。産婦人科で働く看護師はバイタルチェックや点滴などの他に妊婦さんのケア、出血や陣痛の確認、分娩時の補助、授乳介助など、これから出産する妊婦さんだけではなく、出産後や新生児のケアまで、様々な業務があります。

初産の方や高齢出産の方など、出産に不安のある方の精神的なケアも重要な役割です。出産だけではなく、婦人科系の病気の治療も行うため、デリケートなケアが必要となります。産婦人科の仕事は非常に専門性が高く、また出産が同時期に集中することも少なくないので、迅速な対応が不可欠です。

婦人病の治療では辛い治療を行う患者さんも少なくありません。患者さんの精神的ケアはもちろん、その家族のケアも重要な仕事です。

産婦人科の看護師の給料

産婦人科の看護師の給料は手取りで平均30万円前後となっているようですが、低いところでは25万円ほど、高いところでは40万円以上と病院によって差があります。給与水準としては一般の看護師と差はありませんが、豪華な入院食など様々なサービスの提供やサポートをしているところでは出産費用を若干高めに設定していて、そこで働く看護師の給料もやや高いという傾向が見受けられます。

不妊治療を専門に行っているクリニックなどでは、自由診療のため比較的待遇が良いと言われていますが、基本給は高くても、残業代や夜勤手当など諸手当が少ないことへ多少不満を感じる方もいるようです。

給与体系は正社員であれば月給制ですが、パートなどは時給制となります。パートの給料は時給1500円から1800円程が相場となっています。

産婦人科の看護師の年収

看護師の平均年収は475万円と言われていますが、この金額は勤務する病院や地域、勤務体系によって大きく異なりますが、産婦人科に勤める看護師も同様です。

例えば東京都新宿区のクリニックの場合、勤務時間が9:00~21:00の時間帯の中で8時間勤務、休日は月9日制で、給料は月40万円以上(資格手当、特別手当、調整手当などを含む)、入職3年モデルだと年収が600万円を超えています。もちろん昇給やボーナス(賞与)もあります。

また、東京都中央区のクリニックの場合勤務時間9:00~21:00、週5日勤務、入職3年モデルの月給が諸手当を含んで40万円以上で賞与が年2回支給(4.5ヵ月)、昇給年1回あります。このクリニックでは年収が630万円に達する例もあります。年収400万円以下年収のところもあれば、夜勤がなくても600万円を超えるクリニックもあります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧