注目される訪問看護の仕事!看護師の仕事内容から収入や悩みまでを徹底解説

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

少子高齢化が進む中、国民の6割以上が終末期の療養を自宅で行いたいと願っている、という報告がされています。

こうした声を受け、国は在宅医療の推進を図り、訪問看護ステーションが各地に続々と立ち上げられています。

地域医療の担い手となる訪問看護は、看護師の職場としてはどのような状態にあるのでしょうか。訪問看護の仕事内容、そこで働くメリットやデメリット、スキルや年収などの詳細を追っていきます。

訪問看護の看護師の仕事内容

利用者とその家族が安心して過ごすために

訪問看護では、病気や障害を抱えながら自宅で療養する本人とその家族を支えるため、看護師が訪問して医師の指示に基づいた医療行為やアドバイスを行います。

病院とは違い、回復や治癒を目的とせず、現状の維持や安定を意識した処置がメインとなります。

利用者の状態の観察をしながら、食事や運動、休養など日常生活への助言をしていきます。

訪問時に気が付いた点があれば、医師に報告し、改善への指示を仰ぐという立場からプロの観察眼が必要です。

訪問看護師の具体的な業務内容

バイタルサインの測定
脈拍数、血圧、体温などを測定し、利用者の状態を確認します。
医師の指示に沿った医療処置
喀痰吸引、導尿や摘便、褥瘡の処置など、医師の指示に従って医療処置を行います。
低栄養や運動機能の低下などを防ぐアドバイス
自宅でできる、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスを利用者やその家族に行います。
認知症や精神疾患患者への対応
内服の確認、症状の安定などを観察、アセスメントし、必要時は医師へ報告します。
医療機器の確認
人工呼吸器や吸引機など、医療機器が正しく作動しているかを確認し、異常が見られた場合には関連業者に連絡します。
療養上の世話
足浴や全身清拭など、清潔を保ち、快適に過ごせるよう処置します。
他職種との連携
理学療法士、介護ヘルパーなどと連携し、利用者との情報共有を行います。

訪問看護師の一日のスケジュールの例

出勤は訪問看護ステーションによって異なりますが、8時から8時半ごろまでに出勤するところが多いようです。出勤後は全体ミーティングが開かれ、情報交換や共有が行われます。

出発前に当日受け持つ利用者の確認と、訪問ルートを確認しておきます。

訪問看護業務開始は1件目に9時頃到着、その後2~3件を午前中のうちに回るのが一般的です。 午前の業務が終了すれば、一度ステーションに戻り、昼休憩を取ります。

午後の業務は14時頃から開始し、2件ほど回ります。 16時半にはステーションに戻り、業務内容、報告書をまとめます。 17時に業務を終了し、帰宅します。

看護ステーションの規模やエリアにもよりますが、訪問看護師は8時から17時までの勤務時間で、休憩を1時間挟みます。多くの場合は、残業もなく定時に退所できるようです。

訪問看護で働くメリット・デメリット

訪問看護のデメリット

  • 移動の負担がある
  • 現場での責任を負う
  • 臨床のスキルアップは望めない
  • ステーションによってはオンコールがある場合もある
  • プライベートに踏み込む難しさがある

病院看護師とは違い、訪問看護では一か所で仕事をすることはありません。ときにはステーションからかなり離れた場所にも、通わなければなりません。

1日の訪問先は平均して5~6か所程度ですが、移動を苦にしない看護師でなければ務まりません。

訪問は利用者の状態にもよりますが、基本的に1人というケースが多いようです。訪問現場での処置や判断については、自分一人で責任を負う必要があります。

急性期医療や多くの症例を見る病院とは異なり、臨床でのスキルアップは望めません。最新医療の知識など、求めるものがほかにある看護師には物足りなく感じられます。

夜間体制はステーションによって変わりますが、当番制のオンコールとしているのが一般的です。定時で終了する仕事ではありますが、緊急呼び出しへの対応をしなければならないこともあります。

病院の看護師は、患者のプライバシーに深く踏み込むことはありません。しかし訪問看護は、自宅に行き、居室やそのほかのプライベートな場所にまで入り込みます。

家族関係や個人のライフスタイルに関わりを持つ難しさがあります。ささいな点まで気遣いを忘れない配慮が必要です。

訪問看護のメリット

  • 一人一人とじっくり向き合える
  • 長く働くことができる
  • 定時で働くことができる
  • 人間関係の煩わしさがない
  • さまざまな分野と関わりがもてる

多忙極める病院の看護とは違い、利用者の状態をじっくりと観察しながら、本人や家族と向き合うことができます。

病院での看護は患者の早期回復が使命ですが、訪問看護では利用者の快適な暮らしが目的となります。自身の看護力を十分に発揮し、それぞれの利用者に寄り添ったケアが可能です。

訪問看護ステーションには、病院を退職した看護師もたくさん働いています。病院時代のようなシフト制や夜勤体制に組み込まれることもなく、体力に合わせて仕事を続けられます。

毎日定時で働けるので、心身の疲労度が低く、普通の企業と同様に休みが取れます。

情報の共有や報告の場はありますが、実際の業務では単独で行うことが多いため、病院のような人間関係に煩わされることはありません。

その分の責任もありますが、自分の技量に頼るところの大きい仕事といえます。

訪問看護は国が進める地域包括ケアシステムの一環として、大きな役割を担います。

ケアマネージャーや民生委員、医療施設、介護福祉士、理学療法士、作業療法士など、さまざまな分野の人との連携を保ちながら利用者とその家族の生活を支えます。

病院で働く以上に、社会との関わりを広げられます。

訪問看護師の給料事情

訪問看護師の給料と年収

エリアや訪問看護ステーションの規模にもよりますが、訪問看護師の収入の相場としてはおよそ次の通りです。

  • 非常勤:時給1,500円~2,000円
  • 常勤:月給25万円~35万円
  • 常勤年収:400万円~500万円

訪問看護師にはリタイア後に、パートやアルバイトで働く人も多く、その場合の時給もほかの職業と比較するとやや高めです。看護師全体の平均年収は470万円前後です。

訪問看護師がフルタイムで働く場合では、看護師の収入とあまり差がありません。夜勤やシフトがないことを考えると、一般的にみても高水準にあるといえるでしょう。

ここでは月給制を紹介していますが、ステーションによっては訪問件数によって給与を支給する、歩合制を採用しているところもあります。

訪問看護師の仕事は基本的には日勤のみで、通常は週休2日制です。

病院の仕事に限界を感じているけれど、収入をあまり落としたくないと考える看護師にとって、かなり有望な職種であることは間違いありません。

訪問看護師の手当やボーナス

一般的に訪問看護ステーションでは、通常業務は平日の日中のみとなっています。業務時間外の夜間や休日は、交代で看護師が待機することになります。

待機の担当になると、休日手当やオンコール手当が支給され、その分収入に上乗せされます。

オンコール手当は担当した日が平日か休日によって変わります。1日1,000~3,000円程度の手当が付きます。

実際に呼び出しがあれば、時間外手当としてさらに追加があります。 病院の夜勤やシフトほどではないにしても、多少は自分なりに給与額の調節が可能です。

訪問にかかる交通費は、ステーション所有の車を使う場合と、個人所有のバイクや車を使う場合があります。ガソリン代は走行距離から計算し、実費で支給しているところが多いようです。

訪問看護で働く看護師の適性

コミュニケーション能力が高い

訪問看護は1日にいくつもの家庭を回り、集中してケアを行います。利用者の観察と必要な作業をしながら、家族からの相談や報告を聞き取らなければなりません。

短時間のうちに濃密な会話内容とするためには、優れたコミュニケーション能力が必要です。

ときには利用者や家族が直接口に出しかねていることについても、察知できるような気配りが求められます。

高い向上心

訪問看護受けている利用者の状態は、さまざまです。訪問看護師は一人で訪問し、その方にあった看護とは何かを見極めなければなりません。

心身のケアを適切に行うためには、日々の情報収集と学習は欠かせないものです。

常に高い向上心をもち努力できる看護師であれば、一見穏やかに見える訪問看護業務の中でも大きく成長していけます。

サポート力が高い

訪問看護師は利用者とその家族の生活の奥深くまで入り、安心して過ごせるよう援助していきます。利用者とその家族を第一に考え、あらゆる方法でよりよりサポートをしていく意識と姿勢が大切です。

たとえ利用者さんやご家族の考えが自分と違っていても、自分の意見を頑なに通すのではなく、思いに耳を傾け、柔軟に対応することが求められます。

相手が不自由な身の上であっても、人としての尊厳を保てるよう、心遣いあるサポートができなければなりません。

苦手を克服できる精神力

訪問看護ステーションでは、医師との連携が必要不可欠です。医療機関の医師から訪問看護指示書を受けて訪問看護を行っていきます。

病院のように診療科の担当が分かれているわけではないため、訪問看護師は循環器科や精神科、内科、外科などさまざまな症例を扱うことになります。

幅広く知識を吸収しながら、利用者が必要とする処置を行います。自分にとって苦手な疾患であっても、ほかに頼る人はいません。

苦手意識を排除しながら、どんな症例にも対応する前向きな姿勢を持って仕事ができる人は訪問看護師として適応できます。

訪問看護に求められるスキルと役立つ資格

認定看護師

認定看護師は医療や福祉の現場において、熟練した看護技術及び知識をもつ看護師です。

個人や家族、または集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践していきます。

訪問看護ステーションの中では指導的な役割として、看護職に対しコンサルテーションを行います。高い技能と知識が認められた認定看護師は、訪問看護事業の中核として位置付けられます。

資格手当が付けられる場合も多く、収入アップにもつながります。

認定看護師は看護師免許と通算5年以上の実務経験が必要です。 認定看護師教育機関で6か月間の課程を修了したあと、認定審査を経て資格を取得します。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護サービス利用者と福祉・医療・保健機関を仲介する役割をもちます。利用者に対して最適なケアプランを立案し、サービス提供の調整と実施状態の確認を行います。

ケアマネージャーの社会的ニーズは高く、さまざまな医療・介護施設、公的機関で働くことが可能です。受験資格には決められた国家資格と、5年以上の実務経験が必要です。もちろん看護師も、この対象となります。

ケアマネージャー試験の受験申込時に書類による審査が行われ、通過すれば受験できます。看護師として働いてきたのであれば、問題ありません。

試験合格後に各都道府県で実施される実務研修課程を受講し、登録すると介護支援専門員証が交付されます。

訪問看護ステーションでは機能強化のためケアマネージャーの採用が進んでおり、ケアプラン作成やマネジメント業務を行います。

訪問看護師の実情を把握して自分に適した選択を

訪問看護師が辞めたくなる理由

日勤・定時の仕事でありながら、収入面でも決して悪くない訪問看護師は理想的な仕事に思えます。しかし想像と違い、うまく適応できずに辞めてしまう看護師がいることも事実です。

訪問看護師を辞めたくなる理由としては、次のような点が考えられます。

  • 病院と違う環境で看護マニュアル通りの作業ができない
  • 看護師としてのスキル向上が望めない
  • 病院とは違った忙しさがある
  • 訪問看護ステーションの方針と合わない

病院の看護師としての経験があるだけに、「こんなはずではなかった」という思いにとらわれる人も少なくないようです。

整備された環境の病院で、バリバリと働いてきた看護師にとっては、設備の整わない在宅看護ケアは戸惑うことも多くなります。

看護経験の多い看護師であれば柔軟に対応していくことができますが、新人看護師や新卒看護師ではマニュアル通りでないことが苦痛に感じられる場合があります。

訪問看護では利用者に対して、身の回りのケアも含めた処置をしなければなりません。

一方で最新医療の情報に触れる機会はなく、技術の向上という点では期待できません。看護スキルを上げるために、再び病院に戻って働いた方が良いのではないかという迷いを持つケースもあります。

訪問看護は、事業所によって看護業務や忙しさが異なります。夜勤こそないものの、訪問件数の多さに悲鳴を上げたくなることもあります。

ひとりで行う作業が多いだけに、業務の優先順位をつけ、効率的に仕事がこなす必要があります。

病院看護師とは違うやりがいがあることを理解する

単に「夜勤もシフトもなくて楽だから」という気持ちで転職してしまうと、訪問看護師として長く働くことはできません。

訪問看護の仕事の本質を理解し、利用者とその家族を親身になってサポートする気持ちを持つ看護師が訪問看護師として成功します。

訪問看護師と利用者の付き合いは、病院での患者との関係よりも親密で長期にわたります。

利用者と家族の支えとなり、安楽に暮らしてもらえることに喜びを感じられるようであれば、訪問看護師としての仕事のやりがいが得られます。

訪問看護ステーションも大小さまざまな規模があり、事業内容や体制にも違いがあります。

訪問看護師として働くつもりであれば、自分が仕事に誇りとやりがいがもてる職場かどうか、条件や環境を事前に良くチェックして転職に臨んでいきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧