助産院を開業できる助産師 給与や年収も看護師より多い?

助産師の試験は水準が高い

医療関係の資格には「看護師(正看護師・准看護師)」「助産師」「保健師」などといったものがありますが、その中でも基本となるのは看護師です。

看護師の資格がないと助産師の資格を取ることができませんので、将来助産師になりたいという人は、看護師になるための勉強もしなければなりません。

まず看護師の資格を取り、数年間勤務した後で助産師の資格を取る人、 そのほかに看護師と助産師の国家試験を同じ年に受け、資格をまとめて取ってしまう人などもいます。

その辺りは各人のペースに合わせ、あせらずに無理をせずに計画を立てることをおすすめします。

文部科学大臣の指定した学校において1年以上助産に関する学科を修めれば、助産師の国家試験を受けることができます。

この国家試験の水準はかなり高く、高度な専門知識が要求されます。

助産師は助産院を開業できる

いったん助産師の資格を取った場合、将来は看護師としてやっていくか、あるいは助産師に転向するか悩む人も多いと思います。収入の点から見ると、助産師は看護師と比較すると月に5000円~1万円程度給料が高いところが多いようです。

ですから年収に換算すると平均で6万円~12万円程度看護師よりも多い程度ですので、助産師の方が絶対におすすめということでもありません。妊婦や赤ちゃんと接するのが好きな人、出産の喜びに立ち会いたい人にはやはり助産師として働くことが向いていると思います。

ただひとつ、助産師が看護師と大きく違う点は、助産師であれば自分で助産院を開業することができるという点にあります。

医療機関に勤めてある程度の経験を積んだ後は、人に使われるのではなく人を使う立場になりたいという人なら看護師よりも助産師の方が向いています。

待遇のいい求人もいっぱい

具体的な助産師の求人を見てみると、済生会横浜市東部病院の場合、助産師の初任給(新卒者モデル)は諸手当込みで29万円からとなっています。

同病院は平成19年にできたばかりですが、急性期医療と数々の高度専門医療を提供しており、ハード救急を行っている精神科や重症心身障害児施設などの部門も充実しています。

明るい環境で伸び伸びと仕事ができるだけではなく、託児所などの施設も充実していますので、子育てから復帰しようと考えている人にも最適の職場ということができます。

また、大阪府泉佐野市にあるりんくう総合医療センターでも助産師、看護師を募集しています。

給与も相場並みな他、昇給も年1回あり、託児施設はもちろんのこと、寮完備など待遇もしっかりしていますので地方からの応募にも最適です。

その他の助産師求人情報を見るには『看護roo!』『看護のお仕事』への登録をおすすめします。

年収がいいおすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧