海外で働く看護師は給与が高め?ボーナスなしでも日本より給与がいい国

  • no image0
  • LINEで送る

海外の看護師は高給

看護師という職業は、学校を出たての新卒でも他の職業と比較するとかなりお給料がいいことで定評があります。ですから、若いうちにバリバリ働いてお金を貯めたいという人にはぴったりの仕事ということができます。

しかし、海外では看護師が日本よりもはるかに高い年収を得ている国が少なからずあります。語学に自信があり、外国で仕事をすることに興味があるというのであれば、国際看護師をめざしてがんばってみるのも悪くはないかと思います。

人生は一度きりなのですから、狭い日本に閉じこもってばかりいずに世界に目を向けて就職活動をするのも一案です。国によっては日本の正看護師免許を持っていれば優先して現地の看護師資格を取れるところもありますので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

アメリカで修士号を取れば年収10万ドル以上も

看護師の収入が日本より高い主な国としては、オーストラリアやイギリス、アメリカ合衆国などが挙げられます。具体的な平均収入を見てみると、オーストラリアは5万ドル、イギリスが4万9000ドル、そしてアメリカ合衆国なら6万2000ドルが相場ですから、日本の平均年収4万7000ドルと比較してもかなりの高収入な国もあります。

これなら、外国で看護師の資格を取るのに時間がかかったとしてもそれなりのメリットがあることがわかると思います。

ただしひとくちに「看護師」といっても、アメリカの場合資格が細分化されており、どの資格かによって給与がかなり違ってくることも事実です。たとえば3年間の大学院の修士課程を卒業して修士号を取得したMSN(看護学修士)は医師の代理として検診・問診もでき、なかには10万ドル以上の年収を得ているMSN看護師もいるようです。

オーストラリアもおすすめ

国際看護師に人気のある国のひとつ、オーストラリアは看護師留学がしやすいことでも知られています。正看護師免許を持っている人であればオーストラリアの看護学3年コースに編入することもできます。

ここで1年間勉強すれば、オーストラリアの看護師免許を取得できますので、資格の点ではほとんど障害がありません。

オーストラリアに留学して勉強するメリットは、留学中でも医療機関に勤務してお給料をもらうことができるという点にあります。たとえば週2日勤務すれば5万~7万円程度の給与が支払われますので、月に換算すると20万~28万円ということになります。海外の看護師職の大きな特徴はボーナスがないということですが、年収で換算すれば日本で勤務するよりも高給だということができます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナースではたらこ
4位 医療ワーカー
5位 マイナビ看護師

4月は予定人員確保の追加募集が増える時期

4月入職予定者の内定辞退や家族の転勤や進学による急な引っ越し、年度末に退職できなかったスタッフの退職などが多くなります。その為、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

日勤のみの常勤希望が増えるため、フル出勤可能で夜勤もできる看護師はとても重宝がられます

4月になればいい求人は残っていない」と考えるのは早計です。新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧