【急性・重症患者看護(クリティカルケア)専門看護師】役割と目的

急性・重症患者看護(クリティカルケア)専門看護師の役割とカリキュラム
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

クリティカルケア看護から急性・重症患者看護へ

クリティカルケア看護とは、生命の危機的状態にある重症患者に対してケアを行うことをいいますが、一般的にはほとんど馴染みのない言葉といえます。専門の教育・研修を受けることでその資格を手にすることができる専門看護師には、11の専門看護分野があり、その中のひとつにクリティカルケア看護があります。

クリティカルケア看護は、平成16年に認定された専門看護分野ですが、平成19年7月13日付で、急性・重症患者看護と名称が改められています。広く一般の人にもわかりやすい名称への変更は、この分野の専門性および重要性が認知されたことの一つの顕れといえます。

急性・重症患者看護専門看護師は、主に集中治療室・救命救急で看護師として活躍していますが、全国にその数85名と、決して充分とはいえない現状となっています。

クリティカルケアに求められるもの

不慮の事故や急病により、突如として命の危険に襲われた患者とその家族は、特殊な環境の中、極度の緊張状態にあります。そういった心身のストレスへの対処をはじめ、急性・重症者看護を行ううえでは、迅速かつ細心の注意を払った対応が求められます。

急性・重症患者看護専門看護師は時に、治療処置の効果について自ら判断を迫られる場合もあり、豊富な知識と経験に裏付けされた優れた行動力を要求されます。言語的コミュニケーションが難しい状態にある患者の苦しみを推測し、適切なケアを提供することで苦痛緩和に導ける能力も身につけなければなりません。

今現在置かれている状況を的確に伝達したうえで、今後の治療計画における患者の選択援助をすることも重要な役割の一つです。

カリキュラム内容とその目的

急性・重症患者看護専門看護師を目指す教育基準カリキュラムは、次のような教科目で構成されています。専攻分野共通科目には、危機的状況下にある人間と治療環境を総合的にとらえ管理する能力を養うため、人間存在・危機理論・フィジカルアセスメント・代謝病態生理学・クリティカルケア治療管理に関する科目があります。

専攻分野専門科目には、実践的な知識を修得することを目的とし、クリティカル看護援助に関する2科目と安楽・緩和ケアに関する科目があります。更に実習科目では、ICUをはじめ救命救急治療室などクリティカル期のケア体験を中心としたうえで、看護継続性を踏まえポスト・クリティカル期のケアを含めて実習を行うことが望ましいとされています。

これらの科目からそれぞれ6単位ずつと、CNS共通科目から8単位以上をあわせ、総計26単位の履修や履修時間数が定められています。

専門看護師を目指している方は専門看護師を目指す前に必ず確認しておきたい3つのポイントの記事も参考にしてください。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧