【老人看護専門看護師】業務と役割

老人看護専門看護師の役割とカリキュラム
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

老人看護における課題

核家族化や老人が老人の世話をする老老介護など、高齢者を取り巻く環境は厳しく、老人看護のニーズも多様化しています。認知症をはじめ、複雑な健康問題を抱える高齢者に対し、水準の高い看護を提供することを目的に、専門の教育・研修を受け認定試験に合格した看護師を老人看護専門看護師といいます。

高齢者ケアに関する専門家といえる老人看護専門看護師は、現在、全国に41名が登録されており、急性期病院・老人保健施設・訪問看護ステーションなど様々な場所で活躍しています。

体と心の健康維持や、高齢者特有の疾患に対するサポートは勿論、生活者の一人である高齢者の尊厳を守りながら、いずれは迎えることになる最期の時まで、人として豊かな時間を過ごせるよう支援することを最重要課題としています。

専門看護師取得のために必要な費用などについて紹介しています。専門看護師を目指す方はこちらも参考にしてくださいね。

専門看護師を目指す前に必ず確認しておきたい3つのポイント

老人看護専門看護師のカリキュラム内容

老人看護専門看護師は、高齢者とその家族に対する看護援助を行うため、高齢者の健康生活上の機能を判断するため、専門的知識・技術・理論に基づき正しくアセスメントする力を必要とします。老人看護ケアが円滑に行われるよう健康医療福祉に携わる人々の調整を図ることや、看護職者に対する教育・相談業務も重要です。

それらの役割を果たす力を養うために、教育基準カリキュラムでは、多くの教科目が設置されています。基本となるCNS共通科目8単位以上の取得をはじめ、専攻分野共通科目・専門科目からの単位取得を必要とします。

老年健康生活評価・老年と家族の看護・老年サポートシステム・老年保健福祉政策に関する4科目の中から8単位、病院や施設・在宅・認知症の老年看護に関する科目の中から2科目選択して4単位の取得が義務付けられています。更に実習科目6単位を加えた総計26単位が、老人看護専門看護師を目指す全教育課程となっています。

老人看護専門看護師の業務

老人看護は、高齢者の老いと病の辛さを肌で感じることの連続となります。そして、老人看護専門看護師の仕事は、直接的なケアだけに限りません。認知症が進行し看護が難しくなった患者には、医療スタッフの調整役として看護体制の見直しを考え、生活の質の向上のため理学療法士や歯科衛生士とリハビリや口腔ケアについての話し合いも行います。

治療方針を選択するうえで、本人や家族と医師との間で橋渡し的な役割を果たすほか、一般者向けの講義で、高齢者の病気に対し理解を深めてもらう試みも行っています。

愛情をもって、優しく言葉をかけながら高齢者に寄り添うことの大切さを、後輩看護師に引き継ぐ使命も老人看護専門看護師にはあります。

今の自分のスキルや経験が役立つ求人を探して、ぜひ看護師としての自分の理想を実現させてみてはいかがでしょうか?

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧