看護師の給与明細の項目と基本給

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

地域間格差もある看護師の給与

一般に、看護師は給与がいいことで知られていますが、正看護師と准看護師では給与に差があること、給与がいい分仕事がハードであること、勤務先によっても給与が大きく違ってくることなどを考慮する必要があります。

大概の職場では男女間格差があり、どちらかというと男性優位なところが多い中看護職では女性と男性の間に格差がないという特徴があります。また、職場によっては託児室が併設されているか、あるいは託児所と提携をしているなど福利厚生施設が充実しているので、出産や子育てなどを控えた女性でも安心して仕事に専念できる環境が他の仕事に比べて整っているのも看護職のいいところです。

しかし、勤務する都道府県・地域によって給与にかなりの違いがあります。給与の高い都道府県と低い都道府県とでは年収で100万円以上もの差があるのも事実で、高収入を得たいのであれば都市圏の職場を求めることをおすすめします。

看護師の給与明細

看護師の給与明細を見てみると、基本給の他に調整手当、役職手当、資格手当、住居手当、家族手当、通勤手当、超過勤務手当、夜勤手当、深夜割増手当、休日勤務割増手当、交替勤務手当、拘束手当、呼出手当などの項目があります。

給与明細内の項目は「所定内給与」と「所定外給与」の2つに分けられますが、所定内給与の中でも代表的な基本給は給与の基本部分となります。

他の職業と違い、看護師職では所定外給与がかなりな割合を占めているという特徴があります。そのなかでも給与額に大きく作用するのが夜勤手当で、夜勤手当があるかないかでは受け取れる給与額に大きな影響を与えます。

看護師の基本給の決め方の基準

基本給の決め方に関しては年齢や勤務年数、学歴(中卒、高卒、3年制専門学校卒、4年制大卒)などといった看護師本人の属性を基準にする方法と、勤務形態あるいは役職・資格などといった役割を基準とする方法があります。

国立病院は給与が高いといわれていますが、公立病院や私立病院のなかにも国立病院と遜色のない給与を支給しているところも少なくないようです。より待遇のいい勤務先、希望に沿った職場を見つけるには、求人広告、求人サイトなどをこまめにチェックすることが肝心です。

家庭も大事にしたい、家庭と仕事を両立したい、子育てしやすい看護師求人ならば、給与は少なめでもゆとりのある勤務先がいいというのであれば、夜勤なしや残業が少ない日勤のみの個人クリニックなどもおすすめです。また、企業に会社員として所属して企業看護師として働けば、OLとまったく同様に9時5時の生活ができます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧