認定看護師の給与

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護職の給与

看護師職は一般的に給与がいいことで知られており、自立したい女性には最適の職業というイメージがあります。ただ、看護師の初任給はよくてもその後昇給の機会が少ないこともあり、若いときは同年代の人たちと比べると高給でも、長い目で見れば賃金カーブが上がりにくいという特徴があるのも事実です。

看護師の年収相場は勤務する医療機関が公立か私立かにもよりますが、たとえば国立の場合で大学4卒の初任給が21万7000円、短大・専門卒が21万円程度となっています。これに夜勤手当などがプラスされると年収はだいたい400万円前後になります。

卒後5年になると年収は450万円、卒後10年で役職に就いていれば500~600万円ほどになることもありますが、それから後は頭打ちというのが現状です。

認定看護師の給与

看護師で働きながら高給を目指したいのであればやはり認定看護師や専門看護師などといった一クラス上の資格を習得することをおすすめします。認定看護師になるためには実務経験が5年以上(うち3年位上は認定看護分野の経験)必要ですから、卒後5年ぐらい経った時点で認定看護師の資格取得を考えるのがいちばんです。

ただし認定看護師の資格を持っているからといって年収がそれだけ極端に跳ね上がるというわけでもありません。たとえば認定看護師がケアに当たった場合には診療報酬が加算されるようなシステムもできてきていますが、それが即刻認定看護師の給与に反映するというわけでもないのが正直な状態です。場合によっては普通の正看護師と給与に違いが見られないという医療機関もけっこうあるようです。

職場によってもかなりの違いが

ただし大学病院や国立病院など専門性の高い医療を行なっている職場では認定看護師の資格を持っていることによってより高度な知識と技術を発揮することができ、かつ高給が望めるところもありますのでこまめに求人をチェックしてみることです。

それともうひとつ注意したいのは、認定看護師になったばかりに給与が下がってしまったというケースもあるということです。認定看護師の知識を活かせるようにと病棟から外来専任の配属になった結果、夜勤手当や病棟手当が付かなくなり給与が減ってしまうこともあるようです。

医療機関の中には認定看護師の資格取得を推奨しているところもありますが、実際に働いている医療機関での認定看護師の待遇やサポート体制、活躍の度合いなどをしっかりと確認してから資格取得に踏み切る方がよさそうです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧