乳がん看護認定看護師の役割とカリキュラム

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

乳がん看護認定看護師の役割

乳がん看護認定看護師とは乳がんの早期発見に貢献し、患者と家族に適切なコンサルテーションを行うと共に乳がん患者の集学的治療および薬剤に対する副作用を専門的ケア・アセスメントしていくことを役割としています。

また乳がんという女性にとっては重大な疾病において、ボディーイメージの変容による心理的・社会的問題をいかに支援していくかも乳がん看護認定看護師の大切な仕事と言うことができます。

日本における新規乳がん患者数は年間6万人を超えるとも言われており、乳房温存率は6割、乳房再建率はたったの1割程度というのが現状です。乳房切除術を受けた患者のセクシャリティーや女性のライフサイクルに対する配慮なども乳がん看護の分野では大切な課題となってきます。

千葉大学大学院の附属センター

乳がん看護認定看護師になるためには指定の養成講座を修了しなければなりませんが、現在この養成講座を開催している教育機関としては千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センターがあります。同センターでは2005年に乳がん看護認定看護師の教育課程を設置して以来、日本で唯一の乳がん看護認定看護師を教育する課程として100名を超える資格取得者を排出しています。

同センターの教育基準カリキュラムは共通科目(120時間)、専門基礎科目(105時間)、専門科目(150時間)、総合演習(30時間)、臨地実習(225時間)の時間数から構成されており、乳がん看護の知識および技術をしっかりと学習することができます。

講座のカリキュラム

教科目にはリンパ浮腫などについての知識も含めての腫瘍学や乳がんサバイバーシップその家族へのマネジメント、ストレスマネジメント、ヘレスプロモーション概念、インフォームド・コンセント、チームアプローチがバランスよく配分されており、効率よく学習をできるような工夫がなされています。臨地実習も千葉県・東京都・神奈川県・埼玉県などの乳がん専門医療施設で5週間にわたって行われますので、実地でみっちり修行をしたいという人にもぴったりです。

同講座を受講するためには保健師・助産師・看護師のいずれかの免許を有しており、しかも実務経験が5年以上あることが必須となっています。

乳がん看護認定看護師の職場としては県立がんセンターや赤十字病院、国立がん研究センターなどが主な場所となっています。女性ゆえの悩みに深く共感し、心のこもった看護をしたいと考えている看護師にはおすすめの資格ということができます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧