専門看護師になるには?準備が大変な大学院・試験の重要ポイント4選

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「看護師としてスキルアップしたい!」

「働きながら資格の勉強するのは大変かな・・・」

看護師の資格に、看護協会が設立した「専門看護師」というものがあります。専門看護師になるには実務経験が必要です。

ここでは、専門看護師の資格を取得するのに必要なそのほかの条件や、認定試験の内容などをご紹介します。

専門看護師の役割とは?

専門看護師の専門分野

患者数増加と専門化する医療現場

高齢化社会、疾患構造の複雑化など、日本の医療は今、激動の時を迎え、急速な対応を迫られています。

患者数も年々増え、高度化・専門化が加速する医療の現場において、看護師の役割はますます重大なものとなり、より多くの知識と高い技術が求められています。

それぞれの分野に特化した看護ケア

地域看護、老人看護のほかにも、重症患者看護や、がん看護専門看護師、精神看護など、その分野に特化した看護技術が求められています。

専門看護師資格の設立

そこで、看護師の質の向上と専門性を高めることを目的に、日本看護協会が設立した専門看護師という資格制度があります。

専門看護師とは、特定の専門看護分野において、卓越した看護技術を備えていると認められた看護師に与えられる資格です。

専門看護師は、1996年に初めて認定され、現在全国におよそ1,000人の専門看護師が存在しています。

専門看護師は実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究という6つの役割を担った責任ある看護職といえます。

専門看護師になるために大学院へ?

専門看護師とは卓越した技術を備えていると認められた看護師に与えられた資格

専門看護師になるためには、日本看護協会専門看護師認定試験に合格する必要がありますが、この受験資格を得るためにも様々な条件があります。

専門看護師になるための条件

  • 看護師・保健師・助産師いずれかの資格
  • まずは日本国内における看護師・保健師・助産師いずれかの資格を有していることが大前提となります。

  • 看護系大学院修士課程修了者である
  • 次に、看護系大学院修士課程修了者であること、日本看護系大学協議会が定める専門看護師の教育機関において、専門看護分野所定のカリキュラム総計26単位を取得することが義務づけられています。

    専門看護教育を受けることができるのは大学院

    専門看護分野には、がん看護、小児看護、感染症看護などがありますが、2012年5月9日の日本看護協会理事会において、新たに在宅看護が承認され、合計11分野にその数を増やしています。

    全国に88大学・228課程の専門看護師の教育機関の中から、自分が志す専門分野の教育を行う大学院に通い、通常2年間は勉学に専念する日々を送ることになります。

    専門看護師を目指す前に必ず確認しておきたい3つのポイントも参考にしてみてください。

    専門看護師の試験内容は?

    専門看護師になれるチャンス

    看護師の実務経験が5年必要

    専門看護師を目指すうえで欠かすことのできない実務経験は、通算5年以上が必要となります。

    そのうちの3年以上は専門看護分野の経験であり、更にこのうちの1年以上は修士課程修了後の実務経験であることが条件となっています。

    ⇒専門看護師の資格を生かせる職場についてはこちら

    試験内容は筆記試験と面接

    全ての条件を満たしたうえで挑む認定試験には、筆記試験と面接があり、筆記試験では論述式問題・事例問題・総合問題などが出題されます。

    年に一度のチャンスである認定試験に合格すれば、認定証が交付され、晴れて専門看護師として登録される運びとなります。

    専門看護師の資格は、永久性を持つものではなく、5年毎に更新審査を受けなければならない規則があり、資格取得後も、常にレベルアップが求められます。

    専門看護師の給料事情と求人の探し方

    専門看護師の求人ならコンサルタントに相談

    晴れて専門看護師の資格を取得したら、専門看護師としての役割を発揮できる病院の看護師求人を探しましょう。

    今まで働いていた病院に、あなたが取得した専門分野がない場合もあるので、活躍できる看護部がなかったら、専門看護師として技術を発揮できる病院に転職をするのがおすすめです。

    専門看護師を優遇してくれる病院を探す際には、看護師専門の転職サービスを利用することで、自分にぴったりの求人を見つけることができます。

    専門看護師には、がん専門看護師、地域看護、精神看護、老人看護、慢性疾患看護、母性看護専門看護師などの種類がありますが、どれもやや特殊な職種なため、自分で求人を探すのは大変です。

    資格試験の勉強をしながらとなるとさらに厳しくなります。

    そこで、『看護のお仕事』関東・関西・東海に強い『看護roo!』『ナース人材バンク』などの看護師求人紹介サービスに登録すれば、コンサルタントが一人一人に合った看護師求人を紹介してくれます。

    病院探しのポイント

    病院を探す際のポイントとしては、専門看護師として資格を取得後初めて働くことになる病院は、新人看護師、新人看護職員に対して教育体制のしっかりしているところがおすすめです。

    また、資格取得に対して理解のある病院もあるので、そういったところを選ぶのも良いでしょう。スキルアップを目指す看護師向けに奨学金制度のある病院もあります。

    排泄ケア認定看護師や集中ケア認定看護師などの認定看護師よりも、より広範囲に活動することになる専門看護師。

    スキルアップすることで、給与や待遇の変化があることはもちろん、自分や職場、医療を変えるよいきっかけになるはずです。

    おすすめの看護師転職サイト

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師
    4位 ナース人材バンク
    5位 医療ワーカー

    10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

    しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

    10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧