家族支援専門看護師の役割とカリキュラム

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

家族支援専門看護師とは

家族支援専門看護師は2008年に認定された分野で専門看護師の中では新しい分野です。認定されてからまだ歴史の浅い分野のため専門看護師の数が少ない分野でもあります。

専門看護師は実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究の6つの役割を担っています。専門看護師の中でも家族支援専門看護師の役割としては、家族看護ができるように支援するとともに、家族のセルフケア能力などを高めるための支援を行うことです。

具体的な仕事としては患者さんの回復を促進するために患者さんの家族を支援し、患者さんを含め家族全体の問題として考え、医師や看護者に対し家族の代弁を行い、身体的、精神的ケアをしていくことです。家族のあり方が多様化している現代社会において、家族支援専門看護師の役割はとても重要になってきています。

家族支援専門看護師を目指すには

教育機関の認定と専門の教育・研修を受けた看護職への資格認定を行なう場所が日本看護協会です。専門看護師の資格を取得するためには保健師や、助産師および看護師のいずれかの免許を持ち、大学院での修士課程を修了し、その上で専門看護師認定審査に合格する必要があります。

家族支援分野の設置された教育機関において教育課程を修了しなければ家族支援専門看護師にはなれませんが、歴史の浅い分野のため、現在では設置されている教育機関の数はまだ少ないのが実情です。

常に家族支援に対する実践的な研究を行うスキルなども必要とされます。また、家族と医師の間に介入し必要に応じて調整を行うなど、コミュニケーション能力も求められます。

専門看護師を目指す前に知っておいてほしいことをまとめました。家族支援専門看護師を目指す方はこちらのページも参考にしてください。

家族支援専門看護師のカリキュラム

家族支援専門看護師の資格を取得するには、日本看護系大学協議会が定める専門看護分野の専門看護師の教育基準カリキュラムにおいて決められた時間数、教科目を履修する必要があります。

家族看護専攻教育課程には、専攻分野共通科目、専攻分野専門科目、実習科目がありますが、専攻分野共通科目では、保健医療福祉制度の中での家族看護の役割と位置づけや、家族の健康と生活、家族への看護実践展開、家族看護援助の方法などを学びます。

教育目標としては、対象である家族の健康のアセスメント能力と技術、家族と看護者の関係を形成し、家族に対して看護過程を展開する能力と技術、そして家族の代弁者としての能力と技術などを修得することがあります。さらに、家族看護の領域で関わる他職種とのコーディネーターの役割を果たせる、家族看護の領域でコンサルテーションを行うことができるなどが挙げられます。

スキルアップできる看護師の資格一覧ページで資格取得のための転職におすすめの看護師転職サイトを紹介しています。家族支援専門看護師の資格取得をめざしている方や、資格取得後に家族支援専門看護師として活躍したい方は参考にしてくださいね。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧