手術室看護師としてスキルアップしたい!仕事内容や役割を徹底解説!

手術室看護師
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「手術室看護師はスキルアップできそうだけど、ミスの許されない手術中の仕事は神経を使いそう」 「手術室看護師として手術の手順や機材について知らないといけないから、覚えることが多いのでは?」

手術室の担当業務は、看護師の仕事の中でも責任が大きく、特殊なスキルが求められる仕事です。高い医療知識や協調性が必要になるなど、負担は小さくありません。

でも、そんなハードな仕事ゆえにスキルアップできるというメリットも。同時に大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。ここでは、手術室看護師の具体的な仕事内容ややりがい、年収などについて詳しくご紹介します。

1.手術室看護師の役割と勤務体系

手術室看護師の役割

手術は生死に直結することが多い前線の現場です。そのため、手術室担当の看護師は患者さんや医師のサポート業務を迅速かつ的確に行わなければいけません。

的確なサポートをするために看護師はどのような役割や気配りをはたせばよいのでしょうか。

手術中の看護師の仕事内容

手術室看護師の主な仕事は2つあります。

ひとつめは「器械だし」といって、手術をする外科医や麻酔医などの専門医が必要なときに、器材や機械が手元にあるようサポートする業務です。手術の進行状況を見ながら、必要な機材をタイミング良く手渡すことが求められます。それによって手術のスピードも左右されるため、非常に重要な役割です。

整形外科の手術の場合、通常の外科で使用する器材と違う部分があります。そのため、整形外科専門の手術室に勤務する場合は整形外科の手術専門の知識を身につける必要があります。

ふたつめの「外回り」は、麻酔導入の介助やモニターの装着など、器械だし以外の業務を担当します。術後患者の様態を病棟看護師に伝える「申し送り」も重要な仕事のひとつです。

術前・術後訪問

「外回り」担当の看護師は、手術に対する患者さんの不安を取り除くために「術前訪問」をします。患者さんへ手術の説明をしたり疑問を解消してあげるためです。

事前にコミュニケーションを通して不安を取り除くことができれば、患者さんは安心して手術室に向かうことができます。 また、患者さんについての情報を知り、神経障害や関節可動域についてもあらかじめ把握しておくことで看護計画を立てやすくするのです。

手術後は、手術中に患者さんや医師に気がかりな点がある場合に経過を見守る「術後訪問」が必要になります。

術後訪問をするときは病棟の担当看護師との協力が必要であり、患者さんに不安を与えないようにしながら、患者さんをフォローします。

手術室看護師の雇用形態

手術室看護師の勤務形態

手術室看護師の求人は圧倒的に正職員雇用が多いです。

手術は必ずしも時間通りに終わるものばかりではありません。時には予定していた手術時間を大幅に越えることもあり得るため、アルバイトのような時給制では雇いづらいという背景があります。

また、専門知識や器材や機械の使い方を熟知している必要があるので、正職員として腰を据えて働いてもらいたいという考えが強いです。 その専門性の高さゆえに、手術室看護師でアルバイトの雇用形態をとっているところはほとんどありません。

派遣の中には手術室応援ナースという働き方もあります。これは全国的に不足している手術室の人材を補足するために期間を決めて雇用するシステムです。

手術室看護師の4つの勤務体制

手術室看護師の勤務体制は、病棟看護師とは異なります

夜勤とは違い緊急手術が入ったときに仕事をする当直や、病院近くや自宅で待機して手術の電話がかかってきたら出勤する待機当番があります。 また、救急外来の夜勤で働きながら緊急オペのときに手術室に入る勤務体制もあります。

  • 予定されている手術のみ請け負う「日勤」
  • 緊急手術が入った時に出勤する「オンコール出勤」
  • 病院内で待機しており緊急手術のときに働く「当直制」
  • 夜の緊急手術に備える「夜勤」

2.手術室看護師のお給料は高い?

業務的には非常にハードな手術室看護師ですが、その大変さはお給料にも反映されており、手術室看護師の年収はとても高い傾向にあります。具体的に見ていきましょう。

手術室看護師の年収

手術室看護師のお給料を病棟看護師や外来看護師と比べると、夜勤手当を除く平均年収だけでも50万円以上高い傾向にあります(2015年4月現在)。 手術室看護師の場合はさらに特別手当など様々な手当が多くつくので、結果的に給与が高くなるのです。

さらに、認定看護師になればより高い給与がもらえるようになります。ボーナスは病院によって変わりますが、4カ月分前後ということが多いです。日勤常勤の基本給与が高いので、他の看護師に比べボーナスの額も高くなります。

働き方の種類別 平均年収
夜勤ありの常勤 平均483万円
日勤常勤 平均447万円
病棟看護師の日勤 平均396万円
外来看護師 平均394万円

特別手当の種類

手術室看護師には以下のような手当があります。

  • 「手術手当」
  • 「危険手当」
  • 「当直手当」
  • 「待機手当」

病棟看護師につく手当ては夜勤手当くらいなので、この手当ての分の差も大きいです。この差が手術室看護師の高い年収につながっています。

3.手術室看護師のやりがい&メリットは?

病棟看護師よりも大変で忙しいイメージですが、手術室看護師は得るものが多く、やりがいやスキルアップが目指せる仕事と言われています。

手術室で業務をこなすときは、専門性の高い知識を得ていないと的確なサポートをすることができません。そのため、ハイレベルな専門性を身につける必要があります。

専門的な知識は勉強だけで身につけるのには限界があり、手術に関わっているからこそ得られる知識も多くあります。手術室で働く看護師さんたちは、こうしたハードながらもスキルアップできる環境にやりがいを感じるという方が多いです。

メリット1.他の科目では得られないスキルが身につく

手術室の看護師として働く最大のメリットは、他では得られないスキルが身につくということです。

手術室看護師はさまざまな症例を見られるため、分野を超えた幅広い病気の知識と経験を持つことができます。

また、ひとつの病気にもいく通りもの術式があり、手術室の看護師はそのすべてを理解し、不測の事態に備えながら医師をサポートしなければなりません。そうした経験が看護師としての大きな自信とスキルアップにつながっていくのです。

高度な専門知識や経験を活かして日本看護士協会が定める手術室看護師の認定資格(手術室看護師認定看護師)を取得する看護師さんも多いです。

メリット2.規則正しい生活と高収入

緊急手術をのぞき、手術の予定はきちんと決められており、基本的には夜勤というシフトがありません。そのため、病棟看護師と比べると規則正しい日常生活を送ることができます。

夜勤手当はありませんが、手術室の看護師には特有の手当がいくつもあるため、収入は高くなる傾向があります。また、高い技能を求められる手術室看護師には基本給が高く設定されている病院が多いです。

メリット3.安定した働き方が可能

手術室看護師は専門性の高い仕事を任されたり、専属で医師とオペチームを組んだりする場合も多いので、病棟看護師よりも職場が変わる可能性が低いです。 病院によっては日勤だけなどと決められているところもあり、勤務体制が規則的であることも安心して働ける要因のひとつでしょう。

病棟看護師は異動がある可能性もあるため、同じ職場で働き続けたい場合は手術室看護師の方が良いと言えるでしょう。

4.手術室看護師の大変さとデメリット

手術室を担当する看護師は、周りとのコミュニケーションやサポートを効率よく行い、手術が円滑に進むように立ち回る必要があります。 そのため、患者さんの様態の確認や手術の進行を確認するなどの業務がたくさんあり、慣れるまでは大変なこともあるでしょう。

ここでは、手術室看護師の4つのデメリットを紹介します。

デメリット1.新しい医療知識の獲得が大変

通常看護に必要な知識のほかに、専門的な医療知識を得なければ、手術室で十分なサポートをすることができません。 医療知識を自分で学んだり、病院などが用意する教育制度を受けて新しい知識を勉強したりしていく必要があります

デメリット2.看護師だけではなく複数の医者との関係も重要

病棟でも看護師同士の人間関係や医師とのコミュニケーションが大切ですが、手術室勤務になると麻酔医や外科医、手術を受ける患者さんとも連携をとる必要があるため、より高度なコミュニケーションスキルが必要になります。 様々な関係者と良い関係を構築するのは手術に関わる上では欠かせないことですが、それを負担に感じている看護師さんも多いようです。

3.責任の重さ・ストレスが大きい

手術は患者さんの生死がかかるような重要な施術もあります。そのため、手術室では常に緊迫した空気になり、サポートする看護師にも大きなプレッシャーがかかるのでストレスも大きくなります

4.立ちっぱなし

手術室の看護師は、体力勝負と言われます。重い機材を動かす肉体労働的な業務に加えて、5~10時間に及ぶ手術中は休むことも座ることもできず、立ちっぱなし。水を飲むのも、基本的にはトイレに行くのもNGです。

手術中に看護師自身が倒れたり、気分を悪くしたりするようなことがあっては、周囲への迷惑がかかるため自己管理能力も問われます。

手術室で働く看護師には医師の要求に即座に対応できる瞬発力、状況を読んで臨機応変に動ける自主性とともに、数時間立ち続けられる強靭な体力が求められます。

5.手術室看護師の教育体制はしっかりしているの?

ここまで、高い専門性が求められる手術室看護師の実情を紹介してきました。でも今まで手術室に関わっていない看護師は、どのように知識をつければいいか悩んでしまうかもしれませんね。

そういう経験の浅い看護師のために、手術室看護師向けの教育を行っている病院もあります。

ラダー制度

新人からベテランまでの教育指針にも使われるクリニカルラダー制度は日本看護協会でも定められています。 ラダー制度は、新人教育ではレベル1から行われ、レベルが上がるにつれ専門性の高い教育が行われます

レベルごとの基準は病院によって変わりますが、日本看護協会で定めている基準では以下の通りです。

  • レベル1
  • 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する

  • レベル2
  • 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する

  • レベル3
  • ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する

  • レベル4
  • 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する

  • レベル5
  • より複雑な状況において、ケアの受け手にとって最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

病院で定めているラダー制度も日本看護協会の基準がベースとなっていることが多いので、事前に把握しておけばさまざまな病院で対応することができるでしょう。

看護研究

看護師の質を高めるための研究も、教育制度のひとつです。多くの病院が卒後教育の一環として看護研究を取り入れています。

手術室看護師も看護研究をすることで、より良いQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の提供につなげることができます

研究デザインは、「因子探索研究」「実態調査研究」「関係探索研究」「比較研究」「準実験研究」「実践報告」があります。 これらの研究デザインをもとに、自分の感じた疑問についてその答えを予測して研究します。

こうした看護研究を行うことで、今まで自分が知らなかった疑問が解決するだけでなく、病院全体や看護界のQOLを高めることにつながっています。

セミナー

また、看護師支援セミナーや手術室看護師の研修などを開いている病院や医療センターもあります。

このようなセミナーや研修に参加することで、基本技術や医療機器の取り扱いなどの知識をつけたり実践的に学んだりすることができます。

6.良い条件の手術室看護師求人を探す方法

手術室看護師の求人情報を探すのにおすすめなのが、転職サイトのコンサルタントに相談することです。

希望の転職先の内部事情や実際に採用された人の意見、また働いている人の給料や年収、福利厚生についても知ることができます。

転職サイトに相談すれば、自分で求人を探す手間を省けるほか、サイトにも掲載されていない非公開求人の情報を得ることもできます

看護師転職サイトを上手に利用して、効率よく自分に合った転職先を見つけましょう。

この記事のまとめ
  • 手術室看護師の主な業務は「器械だし」や「外回り」
  • やりがいは手術に関わっているからこそ得られる知識
  • 手術室看護師の求人情報を探す際は、転職サイトのコンサルタントに相談がおすすめ

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧