転職回数が多い看護師は不利になる? 転職を繰り返すデメリットとは

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「転職回数って何回まで大丈夫?」

「転職回数が多いと書類選考で落ちるって本当?」

「面接で転職回数が多い理由をきかれたらどうしよう?」

このように悩んでいて再び転職に踏み切る勇気が持てない人は多いはずです。

看護師の世界では、転職回数が何回以上であれば「多すぎる」と判断されてしまうのでしょうか?

このページでは転職回数が多い看護師の悩みにお答えします。

1.なぜ看護師は何度も転職してしまうのか

看護師は非常に転職しやすい職種の一つです。その背景には慢性的な看護師不足があります。全国で5万人とも6万人とも言われる看護師不足はとても深刻な状況です。

その為、看護師の有効求人倍率は2.7倍と非常に高い倍率を維持しています。良くなったと言われる一般求人倍率でも0.9倍です。いかに看護師求人の需要が高いか、その差は歴然です。

つまり、一般求人の場合には1人に対して0.9件しか募集がないので、一度離職してしまうとなかなか再就職は厳しいものがあります。

これに対して看護師求人の場合は看護師1人に対して2.7件もの募集があるので、希望条件をそれほどシビアに考えなければ容易に再就職先を見つけることができます。

このように、看護師は転職がしやすいため、転職を繰り返す人が多いのです。

転職回数が多い看護師は、再び職場を変えようと考えたとき、「転職回数がデメリットになってしまうことはないのかな」と不安に感じるはずです。

2.転職回数が多いことがもたらすデメリット

看護師の仕事は人命や健康を預かる仕事です。精神的にも肉体的にも非常にハードな仕事ですので、様々な悩みや事情で退職・転職をしなければならない状況に陥ることはあるでしょう。

理想の職場を求めて転職をすることは悪いことではありませんが、それを繰り返してしますとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

「どうせすぐ辞める」と思われてしまう

当たり前のことですが、転職回数が多いということは、それだけ採用される際に不利な条件となってしまいます。

転職を望んだ理由は人それぞれ色々あるかとは思います。

しかし、雇う側としては転職回数の多い看護師に対しては、忍耐力がない、すぐに辞めてしまうリスクが高いと判断して採用を躊躇することになりかねません。

しかし、それは仕方がないことです。もし家庭の事情や転居など、物理的に転職せざるを得なかった事情がある際は、きちんとそのことを伝えれば問題ないでしょう。

ひとつの部署でスキルがきちんと身に付かない

短期間で転職を繰り返していると、毎回違う部署(病棟やオペ室、外来など)を転々とすることになります。

そうなると結果的にスキルがきちんと身に付かず、中途半端になってしまいます。

好条件の求人で採用されにくくなる

待遇や勤務条件などがいい病院は人気もあり、多くの看護師の方が応募しますので当然競争率も高くなります。

こうした機会において、転職を繰り返している看護師の方は非常に不利な状況に立たされてしまいます。最初にはじかれる可能性も高く、好条件の求人へ採用されるのは転職回数が増えるほど困難になります。

3.内定を勝ち取るための転職回数の限度は?

上で挙げたデメリットは、最終的に「転職がしにくくなる」という最大のデメリットを招きます。

では、年代別でその影響に違いはあるのでしょうか。

「この転職回数だったらなんとか内定をもらえる」というラインをご紹介します。

年齢別の転職限度回数

転職を繰り返すと、最悪の場合、転職する度に雇用条件を妥協せざるを得なくなることも考えられます。

前の職場より待遇がますます悪くなるいわゆるマイナスのスパイラルに陥ってしまうのです。

以前人事担当者で看護師採用を判断していた方の体験談でも、「さすがに10回近く転職を繰り返している看護師を採用する気にはなれなかった」と語られています。

こうした考え方は人事担当者に共通したものだと思っておいて間違いありません。

年齢 転職
限度回数
理由
20代 2回 採用に困っている医療機関であれば内定をもらえる可能性は高いです。まだ「若さ」が買われる年代です。
30代 4回 経験によりますが、療養病院か訪問看護、施設であれば内定をもらえる可能性が高まります。
40代 6回 転職先はかなり限られますが、30代同様に施設か療養病院であれば内定がもらえる可能性が高いです。
50代 8回 30、40代と同じく、転職先は施設か療養病院であれば内定を貰える可能性が高いでしょう。

転職を複数回する場合、この表に記載した回数が限度と言われています。

ただし、短期間での転職を繰り返すのは禁物で、勤続年数が長いほど採用されやすいとされています。

4.転職回数がデメリットになりやすい職場は?

続いて、転職回数が多いと転職しにくい職場を紹介します。転職回数の多さをネガティブ要素としてとらえやすい職場はどのような傾向があるのでしょうか。

  • 急性期病院
  • 理由:転職理由にもよりますが、「入職してからすぐ辞めるんじゃないか」という印象を持ちやすい職場です。

  • クリニック
  • 理由:元々採用枠が少ないので、ほかの志望者で優秀な看護師、もしくは同スペックで転職回数が少ない看護師がいれば当然不利になります。

  • 企業(産業保健師や治験、コールセンター)
  • 理由:企業なので、病院に比べると選考が厳しく経歴重視です。

    転職回数が多いと書類選考で不合格になります。

    5.転職回数が多くても!内定を勝ち取る「必勝法」

    では、転職回数が多ければ転職は不可能なのかというと、決してそんなことはありません。面接での対応、そして転職のプロを味方につけることで内定を勝ち取る可能性はグンと高まります。

    面接では転職回数をこう説明する

    最大のポイントになるのが面接時の対応です。

    転職回数が多いことが負い目になって、自信がなさそうに伏し目がちで話していては内定を勝ち取ることは不可能です。

    退職理由については、なるべく「前向きな内容」を伝えるようにします。

    たとえば「循環器科にチャレンジしたかったので転職した」「新しいスキルを身につけたかったので転職した」などです。

    また、転職回数が多かったことを反省している、貴院に入職したら定年まで長く働きたいと思っているということを伝えましょう。

    逆に転職回数の多さをアピールに使う

    転職回数の多さを逆手に取って自分がマルチプレーヤー「ジェネラリスト」であることをアピールするのも有効な手段です。

    病棟・外来・オペ室・内視鏡・透析室と幅広く経験している看護師であれば、転職回数が多くても「どこの部署に配属されても頑張ります」とアピールができます。

    また、転職回数が多くても、ひとつの職場で長い年数勤められているところがあれば、それをフックにアピールできます

    たとえば、5年勤めた病院があるなら、その病院で学んだことや、成長できた点と、今後にどう生かしたいかを伝えるといいでしょう。

    転職コンサルタントをミカタにつける

    内定を勝ち取るうえでもうひとつ、必須といえるポイントがあります。

    それは看護師専門転職サイトのコンサルタントを味方につけることです。

    コンサルタントは看護師転職のプロ中のプロです。

    転職回数が多くて転職がうまくいかない、という悩みを持つ看護師を数多く経験しています。

    あなたの要望や今後積んでいきたいキャリア、これだけはゆずれないという希望条件などにしっかり耳を傾け、ピッタリの職場を紹介してくれるでしょう。職場別の面接対策もおまかせできます。

    看護師が転職するうえで、今やコンサルタントを活用することは常識です。

    転職回数が多いならなおさらです。まずは看護師専門の転職サイトに登録しましょう。

    →看護師の転職について詳しく知りたい方はこちら

    おすすめの看護師転職サイト

    看護roo!
    看護のお仕事
    マイナビ看護師
    4位 ナース人材バンク
    5位 医療ワーカー

    1月は転職のチャンス!求人数も大幅増加!

    求職者にとって絶好のチャンス!心機一転のために、転職する看護師が増える時期です。

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出やすい時期でもあるのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできます。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    • no image0
    • LINEで送る

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧