看護師の悩み 希望でない部署に異動が決まった場合の対処法

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

総合病院や大学病院で勤務していると、何年かおきに異動命令が出されます。

看護師として3年目。希望ではない部署への異動を命じられた時、どう対応することができるでしょうか。

異動がチャンスになるとき

今の部署に愛着がある場合や他の部署に異動希望を出していた場合に、全く希望していないところへ配属されたら、かなり大きなダメージを受けます。しかし、「パワハラかな」「もしかしてイジメかも」とネガティブに考えるよりも、看護師としてのスキルアップの機会だとポジティブにとらえるほうがいいでしょう。

初めての場所に不安があっても、異動してみたら意外と適性があったり、興味の幅が広がったり、素晴らしい仲間や先輩との出会いがあったりするものです。特に若いうちは何でも吸収できる時期です。若い間に多くの経験ができる機会を、わざわざ逃してしまうのはもったいないのです。

異動がデメリットになるとき

今の診療科で認定看護師や専門看護師などの資格を取得したいと考えている場合、全く関連のない部署に異動するなら資格取得の条件を満たすことができません。そのような場合は、上司を通じて「資格取得のために関連する部署に移動するか、今の診療科で働き続けたい」と伝えることができます。ただ、「嫌だから嫌」「希望が通らないなら辞めたい」などと言うのは、社会人として感心できる態度ではありません。

病棟でスキルを身に付けたいのに外来に配属されたり、救急医療に携わりたいのに希望が通らなかったりなど、明確なビジョンを持っているのに配属されない時は、異動希望を提出するだけでなく希望する部署への準備を行っていることをアピールすることもできます。

どうしても異動が不可能なとき

子どもが小さい等の事情があるにもかかわらず、夜勤や残業の多い部署に配属されることもあります。このようにどうしても異動が不可能だと考えられる部署に配属される場合は、その旨をしっかり伝えましょう。子どもを預ける施設を紹介してくれることや、シフトを融通してくれることもあるかもしれません。

ただやみくもに「辞めたい」「ストレスだ」と感じるのではなく、前向きに受け止め、解決方法を模索して行くことが必要です。どうしても異動が不可能なのに上司に訴えても解決案を提示してくれない場合は、転職支援サイトなどを利用して条件に合う医療機関に転職することもできます。積極的に活用して行きましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧