【緩和ケア】看護師の役割と仕事内容

緩和ケアの看護師の役割
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

緩和ケアに携わる看護師の役割と仕事内容を、ホスピス病棟とも呼ばれる緩和ケア病棟、がん治療も行う緩和ケア病棟、そして訪問看護ステーションに分けてご紹介いたします。

緩和ケアの看護業務

治療を行う他の診療科とは異なり、緩和ケアでは痛みの軽減とコントロールを目標とした科です。痛みとは身体的なものだけでなく、精神的な痛み、金銭的な痛み、また死を想うことで人智を超えた何かにすがりたいと言う霊的な痛みも含まれます。

一人一人の患者に寄り添い、それぞれが望む形での死を看取るのが、緩和ケアの看護師に求められる業務です。精神的なケアや疼痛コントロール、看護計画の作成も含まれます。

緩和ケア病棟の看護師の役割と仕事内容

緩和ケアは基本的に病棟でのケアの提供です。緩和ケアを受ける患者は施設に入所・入院しますので、外来は通常は存在しません。

患者が最期のときを自分らしく過ごすことができるように、食事の時間や入浴の時間も個人に合わせて決められます。看護師は患者の意思を尊重し、ストレスをかけないように患者が安楽に過ごせるように心を配ります。

患者の体調を管理・把握するために、バイタルチェックや与薬管理・点滴なども行います。

緩和ケア病棟では看護師だけでなく、医師や薬剤師、カウンセラー、作業療法士などがチームとなって働きます。皆が患者の安楽という目標に向かい、力を合わせることが求められているのです。

がん治療も行う緩和ケア病棟の看護師の役割と仕事内容

総合病院や大学病院付属の緩和ケア病棟や、がんセンターの緩和ケア病棟などでは、がん治療を行いながら緩和ケアも行うことも少なくありません。

抗がん剤の治療を行いながら、痛みをできるだけ軽減しますので、快方に向かう患者もいることが特徴です。

訪問看護ステーションの緩和ケア看護師の役割と仕事内容

緩和ケア病棟ががん患者に限定されていることも少なくありません。またがん患者でも自宅での最期を希望することもあります。緩和ケア病棟に入院せずに在宅で緩和ケアを受けたいと言う需要は、ますます高まっていると言えます。

訪問看護ステーションや総合病院の訪問看護部に在籍する緩和ケア看護師は、患者の自宅で疼痛コントロールや日常業務の介助、家族のケアや看護計画作成などを行います。

様々な形態の緩和ケアがありますが、全て患者の安楽を目標とする点で共通しています。メンタルケアや終末医療に興味がある看護師は、是非とも経験すべき診療科と言えるでしょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧