緩和ケアの看護師求人の見分けるポイント

緩和ケア看護師の求人のポイント
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

緩和ケアに転職や就職を希望する場合、どのようなポイントで求人を選ぶことができるでしょうか。また緩和ケア看護師として高収入をめざすなら、どのような求人を選ぶのがよいでしょうか。

緩和ケアの特徴

終末期における痛みや精神的苦痛を緩和する目的で作られたのが「緩和ケア病棟」や「ホスピス」です。

日本では1981年に初めて緩和ケア病棟が設立され、2014年の時点で全ての都道府県に最低でも1施設が設置され、合計321施設に増えました。

現在では終末期患者だけでなく、がん等の治療を行いながら積極的に苦痛を取り除いていくために入院している患者もいます。ですが、治療よりは痛みの緩和に重点が置かれているところが、緩和ケアの特徴と言えるでしょう。

緩和ケアの看護師求人を見極めるポイント

徐々に増えているとはいえ、まだまだ施設も少なく、募集も少ないのが「緩和ケア」の現状です。緩和ケアだけを行っているのか、治療を行いながら緩和ケアを行っているのかを見極める必要があります。

基本的にキリスト教系の施設の場合は緩和ケアのみ、総合病院やがんセンターに付属した施設の場合は治療と緩和ケアを療法行うことが多いようです。

また在宅看護で緩和ケアを実施することも多いです。どのような形態の事業団体か、医療機関として認定を受けた緩和ケア施設なのかも、必ずチェックしておきましょう。

緩和ケアの高収入看護師求人を選ぶポイント

緩和ケアは残業の72時間ルール適用外となります。ですから、夜勤が苦にならず夜勤手当で高収入を目指す方には、最適の職場とも言えます。

ですが、既定の看護師数に足りていない施設などでは、看護師給与自体が低くなることもあります。患者数と看護師数が7:1もしくはそれ以上に看護師数が多いかも確認しておきましょう。

また、緩和ケアは患者と患者の家族が大きく関わってきます。看護計画を立てるときも、家族の意向もしっかり聞いておかなくてはなりません。

家族によっては夜間しか話し合えないことも多く、残業も非常に多くなる傾向があります。それに加えて緩和ケアは、看護師が提出するレポートの多さ、報告書の多さでも他科より多いことで知られています。

残業する機会が非常に多い職場ですので、残業手当の限度額などもチェックしておきましょう。

死生感は一人一人異なります。その異なる死生感を尊重しながら終末を看取る緩和ケアを体験することは、看護師としても人間としても大きな成長につながるでしょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧